LMF501を使ったラジオ(2)回路の工夫

ラジオを自作しようと思い立った理由は、電波の微弱な城ケ崎で良好にTBSラジオを受信したかったからだ。
据え置き型の物があるが、IHクッキングヒーターのノイズを拾ったり、音質がいまいち。
以前から自作したラジオを使っていたが、満足できないので、いくつか工夫してみた。

【1】アンテナコイルの高性能化
これは前の書き込みに書いた通り、受信性能の向上に絶大に寄与することが分かった。

【2】音質の向上
Photo
(クリックで拡大します)
★(8/5追記)条件によっては発信が起こるので、デカップリングコンデンサーを増やしました。効果はありませんでした。

基本の回路から大した工夫は無いが、細かいところで工夫をした。

(1)AGC回路のコンデンサーの容量を増やした。
0.01μF→0.1μF
例えばドラムの音のような大入力があると、音量が抑制されて、不愉快な感じになる。
時定数を大きくしてみた。
いい感じです。

(2)カップリングコンデンサーや、デカップリングコンデンサーの容量を増やした。
高音カットのコンデンサーを入れた。
低音が良く出るようになり、バランスが良くなりました。

(3)スピーカーは高効率のものを選びバスレフ箱に入れた。
貧弱な電力しか出力されないので、できるだけ効率良く音にしてみた。

-----------------------
ところで、相模原で聞いていると結構音がひずむ。

前報でアンテナコイルの性能の比較をしたが、その際コイルの出力がとても大きいことがわかった。
それはLMF501にとっては過大らしい。
試しに同調コイル(60回)とは別にコイル(6回)を巻いて、それをLMF501へ繋げてみた。
結果は【とても良い!】です。

上記の結果を見ると、LMF501の至適入力は1~数mVらしい。
AGCは30db(30倍)の能力があるがそれをオーバーすると、歪む。

コイルを小型にすれば良いようなものだが、ノイズの点からは、この方が有利だ。

【総合評価】
LMF501は十分実用的な性能を持っている。
性能は、完全にアンテナコイルの性能に依存する。
それが良ければ分離も良いし、ノイズも少ない。
バリコン一個ですが、関東7局は完全に分離しています。

AF回路やスピーカーも、良いものを選べば、音域も広く、良い音が出る。

簡易な回路だが、実用的に使えています。

| | コメント (0)

LMF501を使ったラジオ(1)アンテナコイルの比較

伊豆(城ケ崎)でラジオ、特にTBSの電波が弱い。
(追記2017/8/5)

以前、縦横70cmほどのループアンテナ(アンテナコイル)を作った。
これで高感度で電波を捉えてラジオを良好に聞くことができている。
残念ながら、外で聞くときには使えない。

かろうじて、NHK第二放送が受信できるので、外で農作業の時はそれを
聞いている。

何とかならないかと考えていた。
で、いくつかトライしてみた。

Dsc_0295
(1)元のコイル。1cm×13cmフェライトにリッツ線を60回巻いた。

Dsc_0288
(2)1cm×20cmフェライトにリッツ線を60回巻いた

Dsc_0322
(3)25cm角の段ボール箱にリッツ線を20回巻いて同調回路を
作ったところ性能が良かったので、直径25~30cmの枠を作って
スパイダー形に巻いてみた。

Dsc_0346
(4)スパイダー形がいまいちだったので、木で枠を作って巻いてみた。
縦21cm横25cm。24回巻き。

Dsc_0344
(5)ついでに、非常用懐中電灯についていた安物ラジオのコイル。

Dsc_0345
(6)古いSonyの携帯MDプレーヤーに付いていたもの。
高級品の風格がある。

これらをポリバリコンに繋げて、(LMF501を使ったラジオでモニターしながら)
NHK第一放送を受信して、コイルの両端の電圧をPCオシロでモニターした。
★作業している自宅の相模原は東京送信所から65kmほど離れている。
--------------------
(1) 12mV
(2) 20mV
(3) (4)と同等だが分離が悪い
(4) 62mV
(5) 7.5mV
(6) 3mV
--------------------
結果は上記の如くで、(4)の圧勝。
原型の段ボール箱の方が優れているが、使用勝手が悪い。

スパイダー型はポリプロピレン製のためか浮遊容量が大きく、同調がうまくいかない、また局間の分離も悪い。
巻いてはみたが、解体してリッツ線を(4)に利用した。

先月(2)を(1)に交換して城ケ崎で使ってみた。
明確に、かなりの性能向上があった。が、まだ不十分。

(4)を使って試してみる予定。
★(8/5)城ケ崎で試してみました。屋外で十分な感度です。
 TBSラジオが(2)では、ほとんど聞こえませんが、(4)だと若干ボリュームを絞って受信し聞くことができます。受信電力は数倍~10倍はある感じです。

今回のテストでは、手持ちのリッツ線(0.1mm線×50本)を(1)と(2)に使った。
局間の分離も実用上問題なく、リッツ線の効果は絶大、と感じた。

ところが・・・
(5)と(6)を試したところ、アンテナコイルの出力は弱いものの、分離は上記と同等で、コイルの性能は十分高いと思われる。
使われているリッツ線は細いものだ。

(4)を巻くときに長さが足りなくなり、オヤイデ電気から追加のリッツ線を購入した。
上記と同じものが無かったので、0.08mm×30本×10m。これを半分に切って2重にして、
60本のリッツ線にして使った。

【結論】
アンテナの性能の差がとても大きいことが分かった。

上記の構造なら、局間のも良好で、アンテナからの出力も大きかった。
問題は、木枠がダサく、大きく、取り扱いに難がある。

★十分な能力があるので、実際はこれより若干小さくても良かったみたいだ。

| | コメント (0)

スズメバチトラップ2

6月の始めにスズメバチトラップを2個仕掛けた。いずれもファンタグレープが主体で酒を入れた。多少内容が違うが。
(1)スズメバチ16匹
(2)スズメバチ9匹 クワガタ3匹

良く捕れています。

液を交換して、再度セットしました。
今度はグレープカルピスを使いました。

| | コメント (0)

スズメバチ・トラップ

自宅のある相模原の「こもれびの森」にスズメバチ注意の看板が出ていたので、試しにスズメバチ・トラップを仕掛けてみた。
----------------
カルピス 180cc
水   120cc
砂糖 20g
清酒 20cc
---------------
を入れてみた。
6月10日に仕掛けて、最初の4日間は蛾だけがかかっていた。
それゆえ、期待せずに放置してあった。
さっき見たらごっそり入っていました。(6月22日)

Photo
何というハチでしょうか?
Photo_2
デカいです。
死んでいる個体を引っ張り出すのも怖かったです。

回収するときは、ペットボトルから発酵臭がしていました。
これが効果があったと思います。

----------------------

追記

ネットで見ると、これはオオスズメバチらしい。

巨大な個体は女王蜂、中ぐらいが雄蜂、小さな個体が働き蜂とのこと。

| | コメント (0)

ビワのドライフルーツ2

(11日目の追記あり(★))
大量に採れたビワの保存方法を模索しています。

収穫してから一週間経ってます。

(0)室温保存(ただの放置)、変質が進んで限界です。
   2~3日はおいしくいただきました。

(1)冷蔵保存は「◎」です。最初の美味を保ってます。
   冷蔵庫のスペースが問題。

(2)果肉を干したドライフルーツ「◎」。甘みが倍加してます。
   手間がかかり、気候に影響されます。
   ★娘の評価:おいしい。干し柿に似ている。 

(3)皮を剥かずそのままの果実を日干しにした。「○」
Dsc_0251

左 :冷蔵保存したもの。--もちろん美味です
中央:5日間干したもの。--そこそこ食べられます。
右 :2週間干したもの。--腐ってません。食べられます。

傷があるものは黴たり変質したりしました。
無傷なものは期待以上に保存できそうです。
5日間干したものは瑞々しさはありませんが、甘みは増しています。

2週間保存のものは、酸っぱそうな実があったので、保存中に熟成が進んで甘くならないかと期待して放置しましたが、味は良くなりません。
腐らずに乾いています。
歯ごたえは良くないです。

★10日目:(途中雨天あり)
 半分ぐらいの果実は、痛みが進んできたので廃棄しました。
    腐っていないので健康な部分は食べられる。
 残りの半分。元々無傷な物だと思うが、痛みは見られず、ゆっくりと萎んでいる。
    味は甘みが濃縮されて悪くない。

結論としては、採れすぎて、保存に手間をかけたくなく、気候が良ければ、これも悪い方法ではないと思います。(★但し目減りが多い)。

| | コメント (0)

ビワのドライフルーツ大成功

今年は網掛けが成功して、ビワの大豊作となった。
6月上旬が晴天続きのお陰か、味もとても良い。

問題は食べきれないビワをどうするか?
ご近所さんや、子供に分けても、処分しきれない量が残った。
冷蔵庫に入れられるだけ入れても、沢山残っている。
せっせと食べてはいますが。

そこで、ドライフルーツを作ってみた。
ネットで調べたところ、書き込み自体が少なく、かつ、あまり好評ではなさそうだ。
とりあえずトライ。皮を剥ぎ、種を捨てて干します。

50個ほどの果肉を日当たりのよい風通しの良い場所に干した。

16日の昼過ぎに開始。

16、17日と好条件の晴天かつ風が強い日が続いた。
Photo
右端に、サイズの比較のために元のビワの実を置きました。
Photo_2
17日の夕方の写真です。いい感じに乾いています。

【試食】 絶品!。 大成功です。

元のビワの実も甘みが十分(たぶん糖度10%以上)でした、
それが写真の如く体積が見た目1/3ぐらいになっていますから、
糖度は何10%でしょうか?とても甘いです。

カミさんに言わせるとビワの風味が薄いとのこと。
ナツメヤシ(デーツ)の甘みに近いとか。

この状態では完全には乾いていません。
汁気は完全に無くなっていますが、柔らかさは残っています。
老人の歯でも楽勝です。

後々黴る可能性もあるので冷蔵庫で保存します。

----------------
丸ごとの果実も干しています、これは乾きが遅いです。
前回の収穫物で試していますが、黴たり腐ったりはしていませんが
味はいまいちです。
----------------
約50個の果実(凡そ1.3kg程度)を、手間暇かけて解体して
乾かすと
500mlのタッパー一杯分のドライフルーツになりました。

試しに、果実一個を解体して、皮と種を取り除いてみると
約2/3が果肉でした。 計算上ですが。
≒700gの果肉が ≒200gのドライフルーツになりました。

現在、まだ沢山の果実が残っていますが、痛んできているので
手間をかけて解体する元気は出ません。天気も悪いし。

次回、豊作で天気が良ければ大量生産にチャレンジしてみます。

| | コメント (0)

今週の家庭菜園(2017/6/14)

ビワの収穫にやってきました。

30kgほど収穫出来て、人の手では運搬できません。
通りがかりの方とご近所さんに合計10kgほどもらっていただきました。

残りの20kgは、コンテナ箱をカートに縛り付けて持って帰りました。
・・・としても食べきれません。

今年は房ごとと、大枝2本に網掛けをしました。
全体の1/3程度をカバーしています。
網のない部分を含めて、鳥やリスの被害が少なく、大量の収穫となりました。

前回と合計すると50kg以上の収穫になりました。

1房に6~8個の実が付きます。
これを2個までに摘果したものは、大きく味の濃い実になりました。

樹形も巨大化しすぎていますので、次回、強剪定をしましょう。

---------------------
レタスも大きく成長していました。
これもご近所さんと、通りがかりの方にもらっていただきました。

自宅用にも収穫してきましたが、冷蔵庫に入りきれません。

先週定植した、ゴマ、エダマメ、トウモロコシは活着成功。
レタスは全部枯れていました。
全滅ということは、肥料のやりすぎと思います。

| | コメント (0)

今週の家庭菜園(2017/6/4)

城ケ崎ではビワが最盛期です。
今年は網掛けが大成功です。
リスや鳥による食害が多少ありますが、たくさん収穫できました。

一個試しに付けた柔らかい網は今年もリスに破られていました。
他にいくらでも網掛けしていない実もあったのですが。

タマネギが大量(約300個)に収穫できました。
太りがいまいちだったので、前回来た時に給水して
おいたのですが効果があったようです。
というか、どうやら水膨れみたいに巨大な玉が多くて
困ります。大きい玉は日持ちしないので、優先的に
消費します。
小型のものは物置に吊るしてきました。

ソラマメは残りの実を収穫して終了。
レタス、キャベツ、ジャガイモ、ダイコンを収穫。

エダマメ、トウモロコシ、レタスを定植。

網掛けしてあるイチジクにカミキリムシが取り付いていました。
枯れ木に寄生する「ルリボシカミキリ」のようなので、放置しました。

| | コメント (0)

«今週のマラソン(2017/5/14)富士裾野高原マラソン