« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

今週の農作業(7/28)

自宅のカボチャは巨大な株に成長した。1個を除きこれから咲く物も含め約40個の花のは全て雄花。やっと雌花が咲いた。ミツバチがせっせと仕事をしていたので実がなるかな。
001









さて城ヶ崎のカボチャは2週間前に小さな実を見つけたが、今週は直径25cmはあろうかという巨大な実に成長していた。2株から、大3個、小数個。我が家は中型が欲しいのに。この品種は実(雌花)が少ない様だ。
002










ゴマの苗は辛うじて3株が大きくなっている。一株はこのところの気候で黴だらけ。とても可憐な花を咲かせていました。
003











我が家の丘陵地の芝を刈るために「草刈機」を購入。「芝刈り機」で相模原の10坪ほどの平地を奇麗にするのに約20分ほど。それに対してこの道具では同じぐらいの面積を1時間半ほど必要とした。刃がナイロン糸なので安全、縁石などの際まで刈れる、芝の中に石があっても問題ない、などのメリットはある。しかし専用機との効率の違いはあまりにも大きい。残りがこれまでの5倍はある。あと数日かかるな。
石に刃がぶつからないような構造をした芝刈り機を見つけたのでそれに乗り換えるか?
004













隣の造成はとんでもないことに。深さ40cmほどに土盛りをしそこへ、腐葉土、堆肥、米ぬかを播き、耕運機で丁寧に耕して混ぜている。お茶や、柑橘類を植えて、一部がおばあちゃんの畑に成るらしい。おばあちゃんの畑か、業者の趣味かわからない。
うちは土壌に関して同様の発注をしたが、ものすごい手抜きをされ、小石混じりの土だし・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ソバの脱穀

城ヶ崎も雨模様なので、今週末は相模原で自重。
夏ソバがコップ一杯半ぐらい収穫でき、乾燥させておいたので、種皮を取り除く籾摺りを試みた。と言っても方法がわからない。隣のおばあさん(元農家)で取材。一升瓶に入れて突く、とか、薬研、缶詰めの缶(ローラー)で押しつぶす、などのアイディアを頂く。ボケて、家族にバカにされているが、伝統技術の情報源としては有用だ。
薬研(隣家の納屋にあるらしい)は製粉道具だし、缶のローラーも粉になってしまう。そこで手元にあったピッチャーと延し棒で籾摺り道具を仕立てて、突くことにする。確かに種皮が剥がれるが非常に時間が掛かる。また力を入れると潰れてしまう。かみさんの第一希望はソバ麦ご飯。潰すわけにはいかない。2時間ほど挑んだが皮が剥がれた完全粒は50粒ほど、粉が30cc、大半は殻付きで残っている。隣のばあさんのコメントは乾燥が足りないとのこと。飽きたし、来週まで放っておくことにした。
204









197

先週収穫したソバの実の多くが穂発芽してしまったと書いたが、それを畑の隅に播いておいた。ら、何と立派な苗に成っているではないか、しかもたぶん活着率100%かも。少し間引かねば。





カボチャがジャックの豆の木みたいに巨大に成ってきた、葉は一枚がA4より大きい。朝、美しい花が咲いていた、が、全部雄花。いつ雌花が咲いてくれるのだろうか。城ヶ崎の株はこれより早く苗を作ったので既に雌花が付いていることは確認したが。元気かな。
193

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユリの花園2

前回の書き込みは大間違え。ササユリではなく、ヤマユリでした。約20株が主人が居なくとも咲き乱れていました。
58










59_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

農作業(7/15)

14日土曜日の午後に雨の中、亀石峠経由で城ヶ崎到着。
雨が強いので、ビールを飲んで早々に就寝。
15日5時、天気がよければ農作業しようかとも思っていたが、雨が強くそんな状態ではない。もう一眠り。このところ経験のない10時間睡眠。朝食後小降りになったので草取りや、収穫を行う。
このところ雨が多く植物にとっては最適な条件だったらしい。前回奇麗にした場所も雑草で覆われていた。カボチャがとてつもなく大きくなっていた。
50







エダマメはやや(1週間)早いが収穫できた。今年はカメムシにやられなかった。苗作りに失敗し、5月中旬の追加播種。約60日の生育で収穫は少ない。でもおいしく頂きました。
ソバの残りを収穫。雨が多かったので半分以上が穂の上で発芽してしまった。カイワレ状態。残りはコップ半分程。前回と合わせれば少しは食べられそう。
52_1

53




















午前中市内放送で、何箇所かの道路と線路が閉鎖中とのこと。陸の孤島状態。
午後どうやら陸の孤島は解除されたらしいので帰宅。熱海では大急ぎで来宮神社の祭りの準備が。真鶴付近ではサーフィンが出来ずに強すぎる波を眺めているサーファーを見る。空は台風の後ろの雲に隙間が見え始めていた。
65
69

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チップ作り

ウッドチップ 今日は庭木の枝を使ってウッドチップを作った。 庭の梅、ビワ、プルーン、ブルーベリー、椿などが一年で結構伸びる。 放っておくと、巨木になって収穫が困難になるし、隣にもはみ出したり。毎年適度に剪定してあげなくてはいけない。その処分を我が家では粉砕機でやっている。メリットはブルーベリーや野菜のマルチに使える。 今年は大袋一杯。多い年は3杯もできる。
185









これで薫製用のチップも作れる。隣の桜の木の枝をもらい、500円玉程度の直径の枝を選んでチップにした。これで今年一年分はある。
188

もっと太い枝は、今年からは釜の薪に使える。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ユリの花園

178自分から羊頭狗肉を白状しますが・・・
うちの庭園で、手入れをサボっているエリアにササユリが沢山出てきました。お隣さんから、以前はユリがいっぱい咲いていました、と言われましたがその名残のようです。残念ながらまだ満開ではない。こんなになると、ここをどうしたら良いのか・・計画が立たない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今週の農作業(6/30)

先週播いたゴマが結構芽を出していた。一部分鳥が砂浴びしたような場所では全く芽が出ていない。鳥除けのテグスを撤去したのがいけなかったのか?今週はまた張り直した。芽が沢山出ていたので、次回は間引きではなく移植してあげよう。
エンツアイとモロヘイヤがまばらに生き残っていた。思い切って、掘り上げて各々等間隔に移植。一応使えそうな本数は確保できた。
エダマメは急遽揃えた苗も開花⇒結実し始めた。今年はカメムシが見当たらない。おっとニームを播きそびれた。

紫サツマイモの鉢植えを購入し大きな鉢で育てていた。つるが伸びてきたので、その先端30cmほどを切り取り苗にした。今回8本収穫できた。城ヶ崎へ定植した。

ゾバの実が熟し始めた。まだ花が咲いているものもあり、かみさんが選びながら収穫した。約1合か。

動物除けの効果があるというタカノツメと、秘密の激辛唐辛子を移植した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »