« ユリの花園 | トップページ | 農作業(7/15) »

チップ作り

ウッドチップ 今日は庭木の枝を使ってウッドチップを作った。 庭の梅、ビワ、プルーン、ブルーベリー、椿などが一年で結構伸びる。 放っておくと、巨木になって収穫が困難になるし、隣にもはみ出したり。毎年適度に剪定してあげなくてはいけない。その処分を我が家では粉砕機でやっている。メリットはブルーベリーや野菜のマルチに使える。 今年は大袋一杯。多い年は3杯もできる。
185









これで薫製用のチップも作れる。隣の桜の木の枝をもらい、500円玉程度の直径の枝を選んでチップにした。これで今年一年分はある。
188

もっと太い枝は、今年からは釜の薪に使える。

|

« ユリの花園 | トップページ | 農作業(7/15) »

コメント

【先日魚の料理方法は】
生・煮・干・焼とある書きましたが、燻もあるのですね
アウトドア雑誌に作り方など書いてありました
主に川魚でしたが、鯵・鯖でも良いのですね
釣った魚であれば思い出も強いでしょうが、定置網の魚でいつか挑戦してみたい!

投稿: しいたけ | 2007年7月10日 (火) 01時04分

しいたけ さん。恥ずかしながら・・・実は私は料理より、道具の側に興味があって・・。サクラの枝⇒チップ⇒燻製でやっと料理が出てきます。週末にどんな料理が出るか学習しているところです。これまでも同じようなことをやっていて、かみさんはあきれています。学習しないもので。今回の違いは、温度計があることで、今度こそは、と思っています。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2007年7月10日 (火) 07時36分

【野菜のマルチって?】
肥料の事でしょうか?
現在、ブロッコリーの葉が虫に食われて悲惨な状況です
ママは農薬嫌いで牛乳を薄めて噴霧するか手で取るのよ
とおっしゃいます
裏返しても虫はいないのですが、木酢液というのがありますが
あれで効くかしらね?何しろ週末族ですから対応が遅いのです

投稿: しいたけ | 2007年7月13日 (金) 07時54分

しいたけさん。有機農家がどのような裏技を使うか知りません。うちの経験を・・
(1)木酢液は効果があるようです。(2)虫除け成分が含まれたニームの木片(粉末)を施す。(3)虫除けネットを張る。(4)手でつまみ取る。
相模原でテントウムシにやられた時には(今も)手で取りました。効果あり。城ヶ崎のカボチャには木酢液。これも効果あり。(2)は購入のみ。未テスト。(4)は機会を窺っているところ。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2007年7月13日 (金) 13時45分

しいたけさん。追加。
牛乳はアブラムシには効果あり。です。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2007年7月13日 (金) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195603/15683449

この記事へのトラックバック一覧です: チップ作り:

« ユリの花園 | トップページ | 農作業(7/15) »