« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

トンビと唐辛子

24日にアップした松川河口のトンビの群れの一部の証拠写真です。携帯の写真で迫力無いですが。
010










電線に連なっているムクドリの群れみたいなのが、トンビの群れです。周辺の屋根の上にもかなりの数いました。

011










これは我が家の収穫物を友人に上るのでビニール袋に入れた物。電車の中で文章を書きながら、携帯でメモの写真を取りました。大きな唐辛子は強烈です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の農作業(2/23)

秋に播いた野沢菜が大きくなっていました。(ちょっと成長させすぎか)。11月に「津ばた」さんに行ったときにレジの横に置いてあった種子を、もらって播いたものです。これは早速野沢菜漬けに。
002










その他の小松菜などの菜は薹が立っていました。それらを摘んで菜の花のカラシ和えで頂きます。
003



004
















ダイコン、水菜などを収穫。ダイコンはまだいっぱい残ってます。次に来るときには薹が立っているでしょう。
ダイコンの薄切りを天日干しです。乾いたらまたハリハリ漬けです。
005









木の葉を厚く覆ったアスパラ・エリアを掘り返して見ました。もう芽が出ていましたが、うっかり折ってしまいました。

ジャガイモとサトイモの植え付け、小松菜、ダイコン、蕪、ルッコラの種まきをしました。
ソバ、エダマメの種子を注文した。ラッカセイ、ゴマ、バジルの種子購入。これらを4月初めにかけて播種する予定。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フキノトウ2

良く見ると我が家にも100個ぐらいの花芽がありました。
やっぱり春ですね、フキノトウは待ってくれません。さっさと花を咲かせていました。今は花盛りです、残念ながら。

001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんびとカラス

●土曜日の夕方、買い物に伊東駅からアオキへ向いました。黄昏時です。松川の河口付近で、多数の(私の目には40羽)のとんびが乱舞していました。夕方の儀式か、それとも河口に魚などの餌が上ってくるのか。とにかく大変な光景でした。ムクの大群は迷惑千万ですが、これは壮大な眺めです。城ヶ崎方面に移動してもらってリスを餌にしてくれるとありがたいのですが。
●帰りの小田原の駅で、カラスがタコの太い5cmほどの足の切れ端をかじっていました。どこからかっぱらってきたのでしょうかね?。中々切れないので、線路の下の枕木で出来た隙間に隠しました。線路の逆側から覗いてその存在を確かめていました。顔も可愛いですし、彼(彼女)が考えていることが見えるようで面白かったです。物が無いときのために保存したのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来宮

今日は来宮で用事がありました。駅の前には桜が満開一歩手前。散り始めていました。
熱海桜=寒桜だそうです。河津桜の方が良いですね。
001










梅祭りに行く人でしょうか、来宮駅で下車する人や乗車する観光客風の方が結構いらっしゃいました。
002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイコン乾し

先週ダイコン1本を薄切りにして乾してみました。寒風に晒すのが本格的なんでしょうが、我が家はサンルームしか場所が無い。結構な高温になったと思いますが、一週間でほぼ完全に乾きました。咬んでみると、甘みやその他の旨みが濃縮されてとても美味しい食材になっていました。そのままセンベイのように食べることも出来ます。早速かみさんがハリハリ漬けにしてくれました。美味しくてほとんど食べてしまいました。乾しダイコンはとても良い加工法ですね。あっと言う間に消えてしまい写真はありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週の農作業(2/10)

3連休をたっぷりと伊豆で過ごしました。土曜日の午後は雨でしたがそれにもめげず農作業。大室山の山焼きが延期で、散歩もなし。
前回に引続き庭の道路部分の地下から土を掘り出しました。掘り出した土の量が多く埋め戻す小石が足りなくなり始めました。
かみさんは雑草取り。雑草に紛れているフキを抜いていて、フキノトウを発見。炒めて味噌和えに。美味でした。
002





001



小松菜、京菜、ダイコンなどの正月野菜の残りを収穫。昨年は暖かくこの時期でも美味しそうでしたが、今年は寒さで葉の縁が枯れたりして見かけも悪く味も落ちています。








ルッコラに花が咲いていました。

来月上旬には色々な野菜の種子を蒔き始めます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »