« 今週の農作業(2/10) | トップページ | 来宮 »

ダイコン乾し

先週ダイコン1本を薄切りにして乾してみました。寒風に晒すのが本格的なんでしょうが、我が家はサンルームしか場所が無い。結構な高温になったと思いますが、一週間でほぼ完全に乾きました。咬んでみると、甘みやその他の旨みが濃縮されてとても美味しい食材になっていました。そのままセンベイのように食べることも出来ます。早速かみさんがハリハリ漬けにしてくれました。美味しくてほとんど食べてしまいました。乾しダイコンはとても良い加工法ですね。あっと言う間に消えてしまい写真はありません。

|

« 今週の農作業(2/10) | トップページ | 来宮 »

コメント

【僕はあのにおいがダメですね!】

切干大根たまに作ってくれますが
大根おろしのほうが好きですね
今日は「おでん」を仕掛けて行きました
たっぷりの大根煮が待っています

投稿: しいたけ | 2008年2月19日 (火) 12時17分

しいたけさん。私もあの臭いは嫌いです。買った切り干しダイコンもタダの繊維みたいで・・。
今度は違いました。干すのが1週間ということもあったのでしょうけれど、色は純白でほぼ無臭です。
かつての私はダイコンを水脹れと思い、干したものを繊維としか考えていませんでした。中々のものですね。
もちろん、ダイコンはたっぷりありますので、おでんやおろしに大活躍です。
で青首の上の方は茎の組織だって知ってました。およそ下半分が本物の根で、そこにしか辛味はありません。・・今回学びました。おろしは根の部分ですね。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2008年2月19日 (火) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195603/40170725

この記事へのトラックバック一覧です: ダイコン乾し:

« 今週の農作業(2/10) | トップページ | 来宮 »