« 野沢菜漬けとハリハリ漬け-2 | トップページ | 野沢菜とリハリ漬け »

パン醗酵機(3/1)

先々週作ったパン生地の醗酵槽の制御回路が上手く働かないので、秋月電子から温度制御チップを120円で購入。御蔭で回路は超簡単にセットできた。それに400円で買った電子温度計をくっつけて、一応完成。しかしながら、段ボール箱は保温力がほとんどなく、20Wのヒーターでは温め切れないことが判明。そこでアルミコートした簡易断熱シートで内張りをした。これで何とか完成。
001_3











更に、パソコンの部品の小型ファンを廃品利用で取り付けた。30℃と37℃が設定できる。大半がジャンク箱からの部品で組み立てたので、今回の出費上記部品のみだが、時間がかなり費やした。
日曜日にこれを利用してバターロールを醗酵させた(30℃)。半分はオーブンの付属の機能(44℃)で醗酵させた。焼き上たあとだ。うまく行っている。後者が軽い焼き上りだったが、30℃で醗酵させた物はしっかりとした粘りがでて歯ごたえのあるパンになった。
002_2

|

« 野沢菜漬けとハリハリ漬け-2 | トップページ | 野沢菜とリハリ漬け »

コメント

おー!なにやら新兵器が完成ですね。
電子制御機能付きパン発酵機、私には電子制御の部分が理解できませんがとにかくハイテクですね。発酵が良ければ良いパンが焼けることの証明ですね。
こちらは、しばらく薪置き場の製作など予定して居て時間が無くパン焼ができません。

投稿: taka | 2008年3月 3日 (月) 20時44分

takaさん。電子力は子供の時代の私に笑われます。かなり能力ダウンしていることを思い知らされました。手間がかかりあげくの果てに、最後はお手軽部品でごまかしました。オーブンの発酵機能の温度制御がいいかげんなことがわかったので、電気アンカに付いていたサーモスタット(要は何もしない)でよかったかもしれません。
この装置の売りは、低温(30℃)も設定できる点で、かみさんご愛用の白神酵母を用いた発酵にも対応しています。
石釜は現在お休み中。ゆとりがなくて。パン焼きはもっぱらオーブンです。そうこうするうちに、かみさんがオーブンの使い方に慣れてきて・・・・釜の必要性が・・?

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2008年3月 3日 (月) 21時52分

【パソコンの廃品利用】

素晴らしい思いつきですね
なるほどファンは回り放しですから耐久力ある部品だと思います、それにしても博識には恐れ入ります
こういうお父さんだと鼻が高くなりますよね

工業高校なの家庭電化まるでダメ、電球も買ってくれば口にあいません、当然バイクも修理屋さんまかせ、バイク屋さんからもたまには掃除しなさい!

それにしても美味しそうな焼加減ですね!

投稿: しいたけ | 2008年3月 4日 (火) 20時07分

しいたけさん。
物作りが好きなんです。が、安直・手抜き+デザイン悪し、で信頼されていません。丁寧に桐で作ったりすると信頼度アップでしょうがね。
電気は物心付いたときには半田ゴテ握ってました。兄がやっていたせいです。私が幼稚園の頃までは、ラジオは部品を買ってきて作るか、近所の電気屋さんに作ってもらって入手する物だったようです。というか私の生家の回りは皆そうでした。
50年経ってますからその腕はすっかり錆びて、切れ味悪かったです。
小型ファンはMacの廃品です。なぜMac?

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2008年3月 4日 (火) 21時21分

【なぜMac?】

それは100円コーヒーだから、安くて早いからでしょう!

見習い2号さまはプロです

インテル&ウィンドウが一番と思ってる人には外の世界が理解できません、そもそも研究心が無いのですね!

投稿: しいたけ | 2008年3月 5日 (水) 00時33分

しいたけさん。不正解です。コーヒー出ないです。
Macの恥部です。4-5年前のMacは非常にファンの音が大きかったのです。Appleは良心に苛まれて送料程度の格安で交換電源ユニットを販売しました、こっそりと。自分で変えろ、ってのはアメリカ的ですが。結局それでも音は大して治まりませんでした。電源交換を一度経験すると気軽に内蔵をかき回せるようになりました。でうるさい電源ファンを取り去って、パソコンショップで静音ファンというのを買ってきてくっつけました。さらにはメインのファンも静音ファンに代えて、合計5個のファンが余ってます。1個は石釜のブロアで活躍中。
Macは古来からのユーザーですがOS-Xの波には乗れず、OS-XにOS9を乗せて使ってます。前のマシンより遅いです。
適合するブラウザーが年々消えていくので、たぶん今年がOS9の寿命でしょう。
私の愛用のソフトが20年間高機能で健在なのです。そのためだけにマシンも残すか迷ってます。そのソフトは当時80万円で購入しましたが。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2008年3月 5日 (水) 01時21分

こんにちは!

「男もすなるという・・・」 パン焼き!
TAKAさんとか みなさん ご熱心!  調理というより 科学の世界 やがて 征服制覇(!)となるのでしょうか?
女の料理は カンと目分量 出来不出来なんて ご愛嬌のうちです。

それにしても このパンの焼き色は まさに出色!

投稿: mari | 2008年3月 8日 (土) 09時05分

mariさん。
パンに関してはチーフはかみさんで、私は下請けです。「ボールを日向に置いて」とか命じられています。お日様が無いときに何とかならないかしら、ということでこうなりました。もっとも「白神酵母+国内産小麦」の場合は精密な温度管理が必要なようです。
それと、石釜の場合も釜が待ってくれないので、醗酵時間を予測する必要があります。ゆったりと時間を気にせずパン焼きを楽しもうと考えていましたが、やりだすと、結構時間に追われます。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2008年3月 9日 (日) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195603/40347507

この記事へのトラックバック一覧です: パン醗酵機(3/1):

« 野沢菜漬けとハリハリ漬け-2 | トップページ | 野沢菜とリハリ漬け »