« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

今日の農作業(3/15、16)

土曜、日曜とも、伊豆は初夏の陽気だ。私はTシャツで農作業。今回のメインは野菜の種まきと、通販で購入したイチジクとブラッド・オレンジの定植。巨大な石を掘り出して植穴を作りました。
10











お隣のモクレンも花盛り。
11










我が家のフキも花盛り。ついでに水仙も。
12










水菜も花盛り。右のダイコンも。青クビダイコンは花が咲いていました。昨年最初に植えた品種はまだです。こちらは収穫しました。またハリハリ漬けです。
13
















こちらは野沢菜。前回のリベンジの収穫を狙っていたのですが、春の3週間は長かった。食べられそうな花芽を摘んで野沢菜漬けにしました。一夜漬けですが食べられました。
14









こっちは小松菜。これは伸びすぎ。
15









ソバエリアのヘアリーベッチです。右側はガレ土で肥料無しで、ソバの後。昨年に比べるとかなり貧弱です。肥料をやってないからね。左側は、昨年カボチャを植えたところ。土も良く肥料がたっぷり残っている様です。こんなに違います。
16









これは番外。相模原のアスパラです。結構太いです。あと4・5日で食べられそう。
城ヶ崎の方はまだです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

小田原駅11番ホーム

小田原駅11番ホームが改修の終盤にかかって、供用がはじまっている。え~!、レールは3本では無いの?20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野沢菜とリハリ漬け

野沢菜漬けは、とうとう腐ってしまいました。寒風厳しい季節でないとダメですね。急に温かくなりましたね。

R0010072

かみさんがデパ地下で花切りダイコンという名で60g500円で売っていたと言っていました。我が家の一本のダイコンは80gになりました。これもすぐ食べてしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パン醗酵機(3/1)

先々週作ったパン生地の醗酵槽の制御回路が上手く働かないので、秋月電子から温度制御チップを120円で購入。御蔭で回路は超簡単にセットできた。それに400円で買った電子温度計をくっつけて、一応完成。しかしながら、段ボール箱は保温力がほとんどなく、20Wのヒーターでは温め切れないことが判明。そこでアルミコートした簡易断熱シートで内張りをした。これで何とか完成。
001_3











更に、パソコンの部品の小型ファンを廃品利用で取り付けた。30℃と37℃が設定できる。大半がジャンク箱からの部品で組み立てたので、今回の出費上記部品のみだが、時間がかなり費やした。
日曜日にこれを利用してバターロールを醗酵させた(30℃)。半分はオーブンの付属の機能(44℃)で醗酵させた。焼き上たあとだ。うまく行っている。後者が軽い焼き上りだったが、30℃で醗酵させた物はしっかりとした粘りがでて歯ごたえのあるパンになった。
002_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

野沢菜漬けとハリハリ漬け-2

先週収穫し、漬けこんだ「津ばた」野沢菜の1週間後の状況です。見かけは完成品で、売り物にもなりそうな顔つきです。塩味が少々きつかった。軽い塩抜きで美味しく頂けます。一応成功としましょう。
003












先週収穫したダイコンをスライスにして乾燥した。これはダイコン1本分です。
004









今回も一週間で完璧に乾いていた。早速ハリハリ漬けに漬け込んだ。今回もgoodでした。
005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »