« 今週の農作業(8/15) | トップページ | タカサゴユリ »

ジャム用の電気コンロ

相模原の庭にはブルーベリーが植えてある。大株で、毎夏20kgを越す実を供給してくれる。大きく太った実は甘みが乗っていて生食に供するが、大半はジャムになる。最盛期には毎日1~2鍋のジャムを作る。他に梅とキンカンが実る。これらもジャムにしている。
春にガスレンジを更新した。各種の安全装置が着いていて、安全で便利そうだったのだが・・。過熱防止や消し忘れ防止で勝手に切れてくれる。よってジャム作りにはすこぶる不向きである。
そこで、電気コンロを使うことにした。600Wの物が1980円。300W+300Wのヒーターが付いている。この2本のヒーターの結線を繋ぎ変えて150Wの電力にしてみた。ボケーとした頼りないコンロになった。
陶器製の鍋をかけて、3時間ほどほっておくと、ちょうど良い具合にジャムが出来る。大成功と言えるでしょう。

消し忘れが心配なので、これにタイマーを繋いだ。合計4500円。
-----------------------
城ヶ崎ではIHヒーターを使っている。城ヶ崎で収穫したブルーベリーをジャムにした。とろ火OK、かつ、消し忘れ安全装置が2時間で働く。SW-onで、苦もなくジャムになった。

卓上型のIHヒーターが5~6千円なので、上の私の努力は?。これはかみさんには言ってません。

陶器製の鍋は使えないけどね。

|

« 今週の農作業(8/15) | トップページ | タカサゴユリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195603/42223661

この記事へのトラックバック一覧です: ジャム用の電気コンロ:

« 今週の農作業(8/15) | トップページ | タカサゴユリ »