« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

大島がはっきり見えました

今日は天気が良くて、大島がはっきり見えました。更には房総~三浦半島も良く見えました。
ところで、pine_2006さん(http://plaza.rakuten.co.jp/izukogen/)が12月21日に大島から夕暮れ時に強い光が発せられるのをみたと書かれていました。夕日の反射と推察していましたが、今日フィールドスコープで覗くと、それらしき場所にレストランとおぼしき建物が見えます。窓がこちら(西側)を向いています。そのガラス面が鏡になって夕日を反射させたのだと思います。

デジカメ200mmの写真、トリミングしてあります11











フィールドスコープにデジカメをくっつけて撮った写真。それをトリミングして、画像の色調を修正してあ13 ります












フィールドスコープを目で覗くとこれらの建物ははっきりと形を認識できます。写真の下が大島の海岸沿いの町。上が三原山です。8合目付近の中央がアンテナ塔、その左にレストランの様な建物があり、窓も見えます。御神火茶屋ではないでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今週の農作業(12/29)

ダイコンを収穫した。大型のを2本薄く切って、天日干しをしています。⇒ハリハリ漬けへ。
中国ダイコン(赤色、小型)を収穫。これは浅漬けへ。
小松菜・京菜もちょうどよく成長している。
トウガラシの最後の収穫。いつも採れ過ぎて困ってます。
小径のレンガ敷の下工事の継続。レンガと砂を追加で買ってきた。小砂利が足りないので、懸案の畑の掘り返し。整備不良の場所からはいくらでも小石が出てくる。一畳ほどの面積を30cmほど掘り上げ、枯れ葉、生ゴミ、肥料などを入れ篩をかけた土で覆いをした。大バケツ3杯の小石が取り除かれたので、その分はレンガ舗装の地下部分から掘り出した土で補充をした。
小ダイコンを流しで洗っていると土が流れ落ちた。良く見ると、土ではなく微細な砂ですね。結局の所ここの「土」は火山灰なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆半島の雲

先日は山陰へ出雲大社詣でとカニを食べに行ってきました。その時飛行機からみた伊豆半島です。そこだけ雲がかかっていますね。どうりで雨量が多いはずだ。 このあたりはまだ飛行機が上昇中で、左側の窓へ席を移動したらスチワーデスに怒られました。
R0081367

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の建設の記録

かるがもさん(http://karugamo2008.blogspot.com/)のところでは地鎮祭が執り行われたそうな。私も久々に過去の写真などを取り出してみました。我が家の歴史を記録しておきます。
20048










2004年8月。(南側からの写真) 左側は隣家で、電柱の右側から正面の奥の方角に我が家の土地が広がっています。左側の奥の大きな木も我が家の森の一部です。まだそこが「山」だとは気がつきませんでした。
200411










2004年11月。時々来ては樵のまねをしたりして遊んでました。まだ森の中です。
20056










2005年6月。(北側から写真) いよいよ工事が始まりました。森は姿を消して、右側の山が出現しました。その上に家が立ちます。
20058










2005年8月。整地が一段落して、建設工事が始まりました。パワーシャベルのある一帯が畑になります。
200512










2005年12月に家は完成。まだこんなガラガラの丘です。
20061










2006年1月。ボタ山ではあまりにも寂しいので、造園業者さんに奇麗にしてもらいました。手前の一帯には畑用の土を入れてもらいました。現在は3年を経て良い土に成ってきました。正面の石垣の上はブルーベリーが植わっています。
20063










2006年3月。ベランダ(ウッドデッキ)を作りました。費用節約のため手作りです。家族総出で作業しました。広々として気持ちの良い空間です。2006年5月に完成。これで、なんとか別荘らしくなりました。
その後の展開はブログのバックナンバーに記してあります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソバの粉挽2008

年越しソバ用に、初夏と秋に収穫したソバを粉にした。一年ぶりに石臼を取り出した。
011











そこにソバの実を入れた。2時から挽きだした。最初の2~3回は脱穀に費やされた。
何度も石臼を通したが、中々細かい粉にならない。かれこれ10回ほど石臼で挽いてやっと粉が出来た。夕飯を挟んで、10時に完成。5時間の労働で800gの粉を手に入れることが出来た。
012










挽いて細かい篩で篩って、そのくり返しです。中々細かくなりません。

次はソバ打ちです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月の階段(2)

以前かみさんに「月の階段の写真を撮って」と頼まれた。安請け合いしたものの中々難しそうだ。
満月が昇る時間は? 太陽が西に沈むときに東から出るのが満月と信じていた。が、そうでもなさそうだ。
東京天文台の暦HPで2009年の様子を調べてみたら、複雑だってことがわかった。

月の出が日の入りの時刻より早いと、明るい空に月がのぼってうまくない(表の×)。14夜とか16夜でも条件がよければOKだから多少選択肢は広がるが。
_1

















かつ、大波が打ち寄せていないと、階段が出来ない。
富戸でそんな写真を撮れるのはいつの日やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況(12/15)

15日の朝、相模原は一面の霜+霜柱の景色。自転車のサドルも氷が張っていた。丹沢の7合目あたりから上は真っ白。昨日は雪ではなかったから、たぶんあそこも霜だと思う。

私の膝は(百姓は出来ますが)うまく階段を上れない。2週間前のマラソンで痛めた関節が一向に良く成らない。早くなんとかしたいのだけれど、やはり年相応なんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週の農作業(12/13)

13日は晴れの天気予報なので、頑張って農作業。といってもやることはほとんど収穫のみ。
小松菜はちょうど良い大きさに成長。正月には硬くなってしまう。ダイコンも収穫。
京菜、ハツカダイコンなどもうまい具合の育っている。
落ち葉を90リットル収穫。前回集めた分はだいぶ体積が減っていた。ので、アスパラガスへかけてあげた。その上からサツマイモの蔓やトマトの枝を被せて石を載せた。

レンガ張りの下ごしらえを続行。と言っても畑の土を篩って小石の選び出し。体力を使った割りには収穫が少ない。

晩の流星見物は不発。今回は残念でした。
14日は朝から雨で、早々に退散しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »