« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

イルカ・ウォッチィング

週末が仕事で、11連働って・・ね。イルカ見てるヒマなんてないよ。
「東京湾にイルカの群れ50頭」って報道がありましたね。大島のこっち側を通ったか、イルカは仁義を切っていったのかしら。

帰るときには挨拶ぐらいして欲しいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モザイクタイルの表札

ゆずあんこさんのご依頼で、我が社作製の表札をお見せします。
D











枠は園芸品店で購入した盆栽用の植木鉢。タイルをボンドで仮止めした後で、目地用の白モルタルで填めて固定しました。それはかみさんの技。
写真のもの既存の水抜き穴を利用して、業者さんがブロック塀に貼り付けてくれました。私の出番は無し。

以前娘の家の表札を作ったときは、アルミの門扉へのネジ止めで、既存の水抜き穴とは位置があわず、コンクリートドリルで新たに穴をあけてネジで止めました。
素焼きですから、穴をあけることは可能です、が、神経を使いました。園芸店でもこのような盆は複数売っていないので、割ると盆さがしからやり直しになります。

最初に作った物は、教科書に従ってベニヤ板を背板にしましたが、数ヶ月で腐ってしまいました。そこで適当な物を物色しました。植木鉢の専門店で見つけました。写真のものは相模原のマルポサで見つけました。

我が家の表札は、横50cmほどの石の板の中央部分にモルタルで平面を作り、四角いアルファベット板を貼り付けて作りました。固定と仕上げは目地モルタルです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハナミズキの種子

昨年末に床屋へ行ったら、ハナミズキの苗が欲しいと言っていた。ハナミズキの果実は2007年、2008年も存在は認識し、味見もしたし。(10月頃)
【2007年10月に書き込んだ物】

★再訂正:これはヤマボウシでした。

いくらでもあるよ、と床屋に言って、ハナミズキの木の所へ行ったら、果実は見当たらない。幸い掃除がされない場所なので、枯れ葉や雑草を除いてみると、土の表面に種子らしきものが転がっている。腐りかけた果実も一部ある。12月はじめにそれらを集めた。ゴミや果実の残りを取り除き、しっかりと洗った。500個ほどの種子(のような物)が得られた。5mmほどの大きさ。
1111










英語の表記はstone。ペンチで挟んでも割れない。ほんとに硬い。発芽を促す方法をインターネットで調べた。米国のサイトにいくつか記述があるが、要約すると、「冷蔵庫に入れて春に播種」、程度の内容の記述しかない。とりあえず冷蔵庫に入れた。
年末に種子を見ると一部にカビが生えていた。そこで再度良く洗った。昨日(15日)また覗いて見ると、なんと芽が出ているではないか。
1114 1115























詳しく見ると種皮が割れかけている物も何個かある。これらを拾い出した。無理して種皮を開くと中身を傷付ける(2個ロスした)。
1116












2本は成長が進んでいて、双葉も後数日で展開するだろう。

ハナミズキの樹の周囲にはそれの子供が見えないので、自然界では発芽が難しいようだ。小鳥が果実を食べて、種子を糞として排出すると発芽が促されるという記述もある。
床屋に自慢して、値引きしてもらおう。

■春までに約500個の種子のうち100個ほどが発芽し双葉を出した。半年後に20cmほどの苗にまで成長したのは10個体ほど。初体験ではまずまずか。(9/3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夜景

昨夜もそして今夜も満月。大島がはっきり見えます。
401







また、満月を映して海面も明るいです。

4021







奇麗ですが、ちょっと寒いです。

| | コメント (4)

ゴミは所定の場所へ。

東の隣家は人の気配が少なく、かつ夏みかんやキンカンが稔っている。くすねているのはどなたでしょうか? 道路に迫り出したサクラの枝の上が安心できる場所らしい。南側の空き地には、どなたかが林の中に餌台を設置している。リス寄せのようだ。餌が無くなればここに住み着いたリスの夫婦は我が家の畑で食事をするんじゃないかと心配しています。201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城ヶ崎遊覧船(1/11)

ここへ来て初めて遊覧船に乗った。朝我が家からかみさんと散歩に出て、富戸漁港から周遊船へ。天気がいまいちなので画像はパリッとは行きませんが、風景をご紹介しましょう。

301






漁港を出発、左手には富戸街が見えます。
302



303






ボラ納屋を見ながらほどなく門脇灯台と吊り橋へ。
304



海洋公園、そして大室山が良く見えます。その右側のピークは何でしょうか?

305








蓮着寺は林の中。奥の院や俎板岩が見えます。

306_2





いがいが根でしょうか、熔岩の絶壁も一段とダイナミックです。この辺りで引き返します。

307



帰りは富戸側へ回り込みますので、定置網が良く見えます。宇根の展望台も良く見えます。
308









遊覧船はこれです。一周約30分。
309






富戸の港の全景です。今日は風があってちょっと寒かったです。波もそこそこありました。船を下りたらかみさんが軽い船酔いでした。

310














漁港では今朝の(昨日?)の値段表が。この季節はこんなに沢山の種類が獲れるのですね。私にはどれをどう料理していいかわかりません、困ります。

今日は富士山を見ようと思って行ったのですが、見えるロケーションは無かったようです。また雲も出ていて、不発でした。景色には感動しました。満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸者さん

1月10日熱海駅で乗り換え。改札口の外で時間待ちしている集団を目撃しました。華やかですね。何か行事でもあるのでしょうか。

101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユズ・ジュース

相模原の自宅にユズが成っている。今年は実の数が少なく裏年のようだ。そのかわり、一つの実が大きい。
柚子湯や正月料理など頑張って使ったがそれでもたくさん残っている。11月にNHKのためしてガッテンでユズの上手な搾り方をやっていたので、それを参考にユズジュース(酢)を搾った。一つの実からのジューズは多くない。結局2時間かけて約10kgの実から2リットルを搾り取った。
う~む。まだ同じくらい残っているし、絞ったらそれを保存する場所も確保せねばならない。それ以上に使い道も考えなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シイタケ栽培

暮にシイタケのホダ木をプレゼントされた。29日にカインズで買い物の際に、シイタケの種駒が目に入ってしまった、舞い上がって一箱買ってしまった。しかも400個入り。(後でもう一度見たら隣に100個入りもあった)。また、駒を差し込む穴を穿つ錐も購入。
411











412










今日は植え付けを行った。使える材は6本。
413









テキストどうり穴を空けて駒を打ち込みました。椎茸は2年後に発生するそうです。415

駒はまだ300個以上残っています。知り合いの園芸業者さんに電話して、適当な材が出たら持ってきてください、と注文しました。(本当に来たら置く場所がありません)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日も伊豆の島々が良く見えます(1月2日)

今日も天気が良くて伊豆の島々が良く見えます。
大島はとても近くに見えます。夜の光はさらにはっきりと見えています。夏の大島の花火はフィールドスコープでも小さくしか見えませんでしたが、今ならはっきりと見えるような気がします。

401

フィールドスコープを南に向けると、6個の島影を確認できます。左から三宅島(薄い)、利島、新島、鵜渡根島(?)、地内島、式根島、神津島でしょうか。
大島から左の東北の方向を見ていくと、房総の山々が見えます。三浦半島の工場の煙突なども奇麗に見えています。
ところで、新島の左の山はたぶん宮塚山(432m)でしょう。その上に巨大なアンテナが見ました。山の高さの半分ほどもありますから200m位か。合計600mの高さのアンテナから電波が出ているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソバ打ち

大晦日の晩、ソバ打をしました。自信がなかったので、以前成功したヤマイモ(Tokyuストアにあった大和芋)でつなぎました。ソバとしては大成功。風味も香りも十分にあり、先日蕎麦屋で食べたものより美味でした。
但し、今回も砂の様な歯触りがあり、総合的に不評でした。残念。
石臼も良品を使っていますので、原因は不明です。めげませんぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レンガ敷き

かみさん発注のレンガ敷の歩道を31日に完成させました。
201










【いらっしゃいませ】手前右がかみさんの花エリア。左がロックガーデン兼ハーブ園です。右奥が私の菜園です。
202_2
 









【どうぞレンガの歩道をお歩きください】
29,30日は畑の下層の土を掘って篩いにかけて砂利と、小砂利を調達しました。代りに落ち葉を敷込みました。31日の午前に歩道の下層を大きめの砂利で埋め、その上に砂利を入れ、一旦重量ブロックで衝き固めて、凡その平面を出しました。その上に細かい砂利を敷き、更に砂を播いて、平面を出しました。その上に、形を整えながら、レンガを並べ、(当て木をして)げんのうで叩いて、安定させ、更にレンガの目地を砂で満たして、最後にシュロ箒で掃いて完成しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出

謹賀新年
111






(画像をクリックすると拡大されます)

初日の出はとても奇麗でした。

本年も皆様にとって良いお年でありますように

from 城ヶ崎

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »