« 天城登山2009 | トップページ | 今週の農作業(6/6) »

ノートパソコンの改修

畑に出れない時は・・城ヶ崎とは関係ない話題ですが、自分の記録です。

小型モーバイルパソコン(CF-R1)の動きが鈍くなった、のと、ハードディスク(HDD)の音がうるさくなった。これはHDDの寿命が来たサイン。7年物で今からみると低スペックでかつ、メモリーの増強など性能アップも不可能。4年前に一度HDDが崩壊しているし、とっくにお役御免が妥当。一方で、小型・軽量・堅牢で、メールや文章作成といった作業には十分使える。メインマシンは別にあるし。そこで、HDDの交換を考えた。以前のメーカーによるHDD交換は5万円だった。これはパス。自分でやることにした。この機種は難易度が高く、素人には御法度の作業だ。問題点は;
(1)PCの開腹。HDDの交換。(卓上型のノートならワンタッチだが、小型マシンのため難しい)
(2)HDD内容のコピー。(データーなら簡単だが、Windowsシステムが入っているので難しい)
(1)は既に強者がたくさんおられ、丁寧な写真図解もある。これでクリアー。手間はかかったが開腹できた。約5分。プラモデルを作るよりは遥かに簡単。
(2)は色々なテクニックを弄さないといけないらしい。老人には無理。調べるとHDDの内容を丸ごと他のHDDへコピーするプログラムがある。これを使って元のHDDの中身を外付けのHDDへコピー。(約3時間の自動作業)
(3)外付けのHDDを内蔵のHDDと交換。起動を確認して、お腹を閉じておしまい。5分。
【結果】HDDが高速化されたのでその分動きは良くなった。音が静かになった。手間など作業は時間はかかるが問題なく交換できた。だめなら元のHDDに戻して業者に送れば良いと、比較的気楽に作業もできた。
【費用】データーバックアップ用の外付けHDDを大容量化して(9千円)余ったHDDを利用したので、見かけの改修用の出費はゼロ。(新規購入でも5千円)
スリープが不調という問題点が残っているが、これは追々改善しよう。

|

« 天城登山2009 | トップページ | 今週の農作業(6/6) »

コメント

雨模様の天気が続くと畑仕事もままなりませんね。
ノートPCのHDDを交換されるとは凄いです。私は、そのまま婿さんに頼んで処分してもらいました。

でも、古いデジカメは捨てきれず充電して今日も使ってみました。

投稿: taka | 2009年5月30日 (土) 11時43分

takaさん。
図体の大きいノートなら手軽にメモリー増強、HDD交換など種々できます。最近SSDというHDDタイプで高速の記憶装置がでましたので3-4年前の機種なら蘇ると思います。手帳代わりにモバイルノートを持ち歩いていますので、新機種を狙っているところです。CF-R1も捨てがたいので、一念発起して開腹しました。大昔、DOS機をのメモリーやHDDの交換をやってましたので、何とかできるだろうと甘くみていました。ネットへの書き込みも多くあり何とかできるものですね。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2009年5月31日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195603/45157682

この記事へのトラックバック一覧です: ノートパソコンの改修:

« 天城登山2009 | トップページ | 今週の農作業(6/6) »