« 鳥の目? | トップページ | 今週の家庭菜園(6/27~28) »

伝承農法を活かす家庭菜園の科学

伝承農法を活かす家庭菜園の科学(木嶋利男)
先週この本(講談社・ブルーバックス)を購入した。とても参考になる本で家庭菜園のバイブルともいえるかもしれない。
家庭菜園だと、農薬を散布したくない、とか、有機質肥料を与えることが多い。化学肥料も、悩んでも結局「適当量」とか、入れてしまう。
この本には植物(作物)の性質などが詳細に述べられていて、それらに応じた栽培方法が記されている。
土壌、コンパニオンプランツ、病害についても述べられており、とても参考になる。

インターネットや、雑誌などで、コンパニオンプランツの成功例とか有機肥料などについてその成功例などの結果だけが示されており、私も真似てはみているが、結果のほどはよく分からない。この本を参考に原理を踏まえてやってみようと思う。

|

« 鳥の目? | トップページ | 今週の家庭菜園(6/27~28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195603/45491640

この記事へのトラックバック一覧です: 伝承農法を活かす家庭菜園の科学:

« 鳥の目? | トップページ | 今週の家庭菜園(6/27~28) »