« 今週の農作業(7/19) | トップページ | ゴマの苗 »

トウモロコシ、インゲンの調理方法

城ヶ崎の隣家の畑へ挨拶に来ていた園芸業者と雑談。

トウモロコシは茹でてはいけない。味が漏れてしまう。ラップをかけてチン。もしくは焼きトウモロコシ。とのこと。
両方とも試してみました。とても良いです。

インゲンは天ぷらにしてみました。とてもgoodです。上記のおやじは、「当たり前」とのこと。これも旨味が凝縮される。
つる有りインゲンの方がおいしいと思う。

食材をよりおいしく食べる手法があるのですね。学びました。

|

« 今週の農作業(7/19) | トップページ | ゴマの苗 »

コメント

えっ!
城ヶ崎さんは いんげんのてんぷら 始めて召し上がったのですか? みんな食べてますよねぇ~ よろず博識の方なのに 弱点 みつけました びっくり!
わたしは 大量に採れたときは ななめ切りして油いため 保存食ができます。
採れたての茄子一個 米粒ぐらいにみじん切り、ちょっと水にさらし ぎゅっとしぼる おかかと醤油をかけて あたたかいごはんに。 しょうが みょうが きゅうりなど加えますと 山形のいわゆる「ダシ」になりますが 茄子だけでも 美味しいです。

投稿: mari | 2009年7月22日 (水) 00時11分

mariさん。ありがとうございます。
インゲンの天ぷらははじめてではないです。しょっちゅう食べていました。
自分の作ったインゲンを、その前日茹でてゴマ合えで食べ、翌日天ぷらと食べ比べ、その味の違いに驚きました。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2009年7月22日 (水) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195603/45700819

この記事へのトラックバック一覧です: トウモロコシ、インゲンの調理方法:

« 今週の農作業(7/19) | トップページ | ゴマの苗 »