« 今週の農作業(10/4) | トップページ | 中秋の名月 »

ルバーブの苗

10年ぐらい前だったか、イギリスへいった折りに種子屋でルバーブの種を購入した。それから何株かが育って相模原で育てていた。それを城ヶ崎へ移植。それに加えて相模原のマルポサで見つけた種から作った苗も植えて、城ヶ崎には7株(?)のルバーブの農園が出来た。株は大きくなり、どんどん葉が増えて葉柄の部分をたくさん収穫した。が・・・
一株を残して、その大半が今年の夏を越せなかった。シベリア原産であるので、静岡県では無理があるらしい。夏は寒冷紗などで遮光する必要があったようだ。
2001









生き残ったのは緑の茎のもの。(どうやらそれはイギリス由来のものらしい)。赤い茎からはピンクの綺麗なジャムが出来たので、ネットで探したら写真のものが見つかった。早速購入。イタリア産とあったので、伊豆でも大丈夫かと想像したが、特にそんなことは無く、寒冷紗は必要なようだ。
収穫できるようになるまでに2-3年はかかる。来年は緑の茎から茶色のルバーブジャムしか出来ない。
写真の通りの収穫物なら、とても綺麗なジャムになると想像してます。

|

« 今週の農作業(10/4) | トップページ | 中秋の名月 »

コメント

【ルバーブジャムは美味しかったです!】

珍しいジャムでしたよ、いつも間に消費されていました
見習い様ご一家は何でも手作りなんですね
僕はもっぱら無人販売所巡りです!

投稿: しいたけ | 2009年10月 6日 (火) 19時12分

たいした趣味が無いから、(自分への)土産のつもりで種を買ったりして、後から使い道を考えてます。ルバーブは成長して来てびっくり、半信半疑で調理したら結構いけますね。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2009年10月 7日 (水) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の農作業(10/4) | トップページ | 中秋の名月 »