« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

今週の城ヶ崎(1/24)

土曜日の風が冷たかった。でも春は来ていますね。
Dsc00618b










電車の窓から撮った網代駅のサクラです。いつもより早いでしょうか。海洋公園の桜祭りは1月9日からだと広告に出ていました。熱海の梅祭りも同じですね。
P1010001b









朝、ゆっくり起きたつもりが日の出に間に合いました。大島の真ん中からもうこんなに移動しています。
今週の農作業は菜っ葉とダイコンの収穫だけ。

| | コメント (4)

カワセミ発見

先週末は相模原滞在。だらりとした2日間。溜めたビデオを見るのと、買い物と、孫の顔見と、以前収穫したソバの風選。ソバの収穫量200gで、播いた種よりも少ない。今年は全国的にソバの収穫が壊滅的で、次回の種子が収穫できただけでも幸いだそうな。
 土曜日の昼過ぎにジョギング。これはまじめにやった。ジョギングは5kmの川沿いを走るので、途中でいろいろな鳥にお目にかかる。出発地点の近くに20坪程度の池(水溜まり?)がある。ここに最近カルガモが居着いて餌を探している。先週末はそこにカワセミがお邪魔していた。たぶん餌は少ないと思うので短時間の滞在だったと思う。3時頃の夕日を浴びて明るいブルーが光っていました。その前の週はその近くで4時過ぎに、高い木の上に猛禽類とおぼしき鳥が休んでいるのを見ました。
 帰りにバードウォチャー氏に出会いましたが、発見できなかったとのこと。こっちはジョギングで、ほかにやることが無く、広い範囲を探索できる。写真を撮れないのが弱点だけれど。

| | コメント (4)

今週の家庭菜園(1/10)

せっかくの3連休で、今週も城ヶ崎滞在。
農作業と言ってもな〜んもしない。ジョギングで疲れて、ちょっと工作だけ。かみさんは草が気になって畑で草取り。
農作業は収穫だけ。11月に植えた小松菜、京菜、ホウレンソウがちょうど良い。瑞々しくて、京菜はダイコンの細切りと一緒にサラダに。
 正月を越えてリスが猛威を振るい始めた。周辺の(住人のいない)別荘の柑橘類は良い餌となっている。昼間でも堂々と食事をなさっている。
お隣さんが、セミノールを沢山下さった。酸っぱくて食べられませんよ、と、おっしゃたが、ジュースにした。たしかに酸っぱいがいけます。11日の朝食のメニューの一品は新鮮生ジュース、伊豆の贅沢ですね。お隣と仲良くしましょう。
 リス回避ということで、かろうじて城ヶ崎の我が家にも生えている柑橘類を収穫。どうやら「こうじミカン」という代物らしい。かつて、食べた柑橘類で美味しくて種が入っていたら、やたらと苗に仕立てて来た。何を植えたかはとうの昔に忘れている。
 昨年は2個成って大して感動しなかったので、そろそろ伐採しようかと考えていた。今年は30個ほどミニ・ミカンという感じの実を付けた。食べても酸っぱく量が少ないのでつまらない。10個ほどまとめて絞って焼酎を割ってみた。イマイチです。残りの20個を絞って生ジュース、これは良いですね◎。
 市販のジュースは甘さが主体。それに対してセミノールジュースは酸味が加わり、こうじミカンジュースはさらに酸味が強くすっきりで、かつ風味が強い。これも伊豆の贅沢でした。問題は1年で夫婦各々1杯のジュースしか生産できないこと。どうやって大量生産しましょうか?。肥料を大量にぶち込んで、100個ぐらい成らせてみましょうかね。






| | コメント (2)

小春日和

今朝はうららかな春の日和でした。大島が霞んでいます。畑には春の温かい日差しが注いでいます。風が凪いで外に出ても寒さを感じません。
P1010003c










午後はジョギング。今日は力を抜いて散歩モードです。しいたけさんの家を覗きましたが、返事がありません。一杯飲んでひっくり返っているのでしょうか。

リスの動きが活発化して柑橘類の皮が道に散らばっています。

| | コメント (0)

年末の観光 - 五島列島

昨年末は土日と年休を合わせて五島列島を周遊して来ました。九州は仕事で何か所かは訪問しているが、長崎県は始めて。
 羽田⇒長崎空港⇒バス⇒ ハウステンボス - ちらりと見て ⇒ 佐世保
高速艇で上五島へ。同時刻に小型の高速艇も出るのだが、揺れるそうで、大きい方の船に乗った。時速60kmほど。揺れは少ない物の波をけちらしバンバンと進む。午後に中通島へ到着。かみさんの運転で島を周遊。事前情報収集をしていないので、レンタカー屋さんに推薦してもらったところを回る。
11








五島列島の島々は小さな入江が多く、各々が小さな漁港になっていて、小さな村がある。その各々に小さな教会がある。地区の集会所の感じでしょうか。
12








カメラが不調で(設定を間違えたのですが)記録が不十分で、いくつ教会を訪問したか覚えていません。15分ほど走ると次の教会があります。
隣の若松島の旅館に一泊。伊勢エビ付きのお造りでしたが、ま、普通でしょうか。
13








2日目は列島の中でも最も大きな福江島へ渡ります。これは福岡から来たフェリーでこの一帯では最も豪華な客船兼フェリー。ゆったりとコーヒーと朝日を楽しみながら、福江へ。
福江島でもレンタカーで教会巡りです。
14








午後に福江の町へ戻り、城下町の散策です。
16








良い雰囲気です。一軒売りに出ていましたが、買っても来れませんね。
福江で2泊目。ホテルでは隣が天皇が泊まられたという部屋の隣の普通の部屋でした。3日目の朝、長崎へ。今度はジェットフォイルという、水中翼の超高速艇です。
17







これは船内で流していたビデオの写真です。シートベルト必着です。ターミナルを出て高速走行になると、船体が浮いて波の影響を受けません。静かに時速80kmで滑走です。
18








こんな小さな翼で浮上しています。長崎着。半日、長崎見物をして羽田へ戻りました。

| | コメント (2)

今週の農作業(1/4)- 剪定

相模原でユズをいくつか収穫してみると、一部の実が凍傷状態。そこで、急遽全部を収穫してジュースへ。その際、刺の攻撃にあい、手は刺し傷and引っ掻き傷だらけとなり始めた。そこで、収穫を一旦お休みして、剪定鋏やノコギリでバッサバッサと剪定をした。昨年もこんなことをしたような記憶がある。いじめているので例年多くの実が成るのだろうか?
 ついでに梅の剪定もした。冬枯れで徒長した枝が良くわかるのでこれの剪定は簡単でした。梅の花芽が赤く膨らんで、もうすぐ咲きそうな雰囲気です。
 相模原と城ヶ崎の両方でモッコウバラをアーチに仕立ててある。これは何度剪定してもどんどん伸びてくる。こっちもバサバサと剪定した。
 城ヶ崎のビワも剪定。樹勢が良いのだが花はさっぱり。

| | コメント (0)

今週の農作業(1/1)

歳越し用に昨年の11月に播種したコマツナ、京菜がちょうど良い具合に育ってくれた。茎も柔らかく美味しく食べられました。但し毎食大量の菜っ葉ですから、ちょっとしごき風です。
10月頭に播いたダイコンはやや細めながら間に合いました。
今回はソバの収穫量が少なかったので、そば打ちは中止。

畑に勝手に生えて来たジャガイモを収穫。小さくて収穫量は多くはありませんが甘く美味しいです。

強風の合間をぬって落ち葉の収集。90リットルのビニール袋にぎっしり押し込んで10袋分をゲット。米ぬかと発酵牛堆肥とまぜて、腐葉土化を図ります。一部はやはり米ぬか+発酵牛堆肥とまぜて畑の中に埋め込みました。
----
相模原に戻って、取り残してあったユズを収穫。絞ってユズ・ジュースに。3リットルとれました。今年は全部で6リットル。使い道に困っています。金柑も収穫。これはママレードへ。


| | コメント (4)

謹賀新年2010

新年の挨拶にはちょと遅いけど、ご挨拶を。本年もよろしく。
年末年始の城ヶ崎は荒れていましたね。穏やかだったのは2日の朝だけ。その日は寝坊で写真を撮れず。

元日は気合いを入れて、富戸の漁港付近まで遠征して日の出を待ちました。初日の出を拝むスポットらしく、車も多く、沢山の方が日の出を待っていました。あいにく日が昇る大島の北側には雲が漂いちょっと残念。周囲が明るくなってから太陽が顔を出しました。
R0082815










初詣はこのところ恒例になっている蓮着寺へ。今年はお客さんが少なかったです。

娘婿がジョギングに誘ってくれたので滞在中4回10kmを走りました。今年は農作業が減ってマラソン三昧の歳になりそうです。

3日の朝に渋滞を避けて孫やその両親たちが撤収。その後別荘内は異常なほどの静寂です。孫は自己主張がはっきりしていて、本人の希望とずれると泣き出します。両親もじいさん婆さんも心得ていて、妥協しません。その結果1日の内の結構な時間大音響が響きます。

静寂が戻って、ほっとして、やっと落ち着いた時間がとれました。改めて、あの喧騒を毎日じゃ絶えられんなと感じました。30ん年前にそれをやっていたとは我ながら信じられません。

| | コメント (2)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »