« 今週の農作業(2/21) | トップページ | 今週の出来事(3/6) »

チリ地震津波

昨日の津波情報は朝から夜まで凄かったですね。実際には大したことが無くて。一安心。午後2時頃到来っていいながら、いつまでも警報が出っ放しでお陰で、海岸線を走る電車や道路は軒並み運休。週末伊豆にいたら帰れなかったですね。(雨のお陰です)。
ところで下記をご覧下さい
http://www.jma.go.jp/jp/choi/graph.html?areaCode=&pointCode=113351&index=0
津波って何だ、大波とどこが違うんだって思ってたが、昨日のテレビの説明とか、上のサイトのグラフとかを見ると大違いが良くわかりました。こういうグラフをテレビで例示してくれると、津波の恐ろしさや、なぜダラダラと警報が出っ放しなのかが良くわかりますね。まだこの時間でも太平洋がザブザブ揺れているのが良くわかります。
 ところで今朝のテレビのアナウンサーが、大げさな警報について「気象庁が謝罪した」と言っていたが。それって正しいのか?「罪」との認識だとすると、次回からは警報は出さない? そっちの方が危ないよね。

------------

【追加】潮位情報は刻々更新されるのですね。久慈港の潮位の2010年2月28日〜3月2日のデーターの画像を切り貼りして残しておきます。3月2日現在2日経ってもまだ揺れていますね。[元データーは上のサイトです]

3

|

« 今週の農作業(2/21) | トップページ | 今週の出来事(3/6) »

コメント

【謝罪する必要はありません】

最初から1m最大3mの予想であったはずで予測とおりでした
到着時刻が送れた位で誤る必要はありません
50年前のチリ地震津波を知っていますからほぼ正しい予測だった思います
あの時はM9.0以上というとてつもない地震で今回規模は1/30だそうです
津波と高潮はまったく違うのですね!

投稿: しいたけ | 2010年3月 2日 (火) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の農作業(2/21) | トップページ | 今週の出来事(3/6) »