« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

今週のマラソン(4/18)

 昨日、霞ヶ浦マラソンを走ってきました。肉離れで練習できず、しかも、練習再開も見通しが立たずに不安でした。木曜日にちょっと走ってみて、行けそうだったので、思い切って出場してみました。参加者が、マラソン1万6000人(全部で2万1294人)とあって物凄い混雑。ストレッチを入念に行って、スタート。前半は超スローペースでなんとか乗り切り、後半になって、気合いを入れたつもりが減速していました。何とかせねばと思ったら、今度は脚の張りが激しくなった。無理は出来ません。気温もどんどん上がります。脚を労りつつゴールまでなんとか辿り着きました。
 先月の小田原マラソンが思いのほか良かったので、その調子で42km突っ走ろうと思った焦りが、肉離れなどを呼び込んだようです。練習不足と暑さということで、最近のレースのベスト2は、良しとするか。もっとも、この暑いマラソンは来年からはパスですね。

| | コメント (5)

テングス病

週末に相模原の近所を散歩していて、テングス病に感染している桜の木を見つけた。本名を天狗巣病と言い、桜の枝が箒の様に変形して葉桜の前に緑の葉が繁っている。この季節だけ目立つ。それを天狗の巣に見立てて名前が付いている。相模原公園と横浜市水道局(沈殿池があるのです)へ注意喚起の電話をした。早速返事が来て、罹病枝の枝払いの手配をしたそうだ。感激的に早い対応でした。

| | コメント (4)

アスパラの収穫(4/12)

出勤前の朝に庭からアスパラガスを収穫してきました。初物2本です。
R0082928
早速茹でて朝のサラダに加えます。それぞれ縦割りにしてかみさんと半分こ。もちろん味付けなし。とても甘くて美味です。家庭菜園の贅沢です。ポツポツとですがしばらく楽しめます。
 城ヶ崎にも沢山植えて有りますが、収穫をちゃんとしないと、株が弱るようで、2~3年で枯れてしまいます。

| | コメント (5)

相模原で散歩

日曜日に相模原の自宅の近所で散歩です。2kmほど郊外を歩いて坂を上ると、「モナの丘」と名付けられた親農業施設があります。付近の農家さんと市と北里大学(たぶん薬学)が連携して医食同源と銘打った体験型農場とレストランがある施設です。
R0082916
カメラマンである私の左側にレストランがあります。看板の左側にブルーベリーや薬草が植わった農場が広がっています。レストランはおしゃれで健康的なメニュー。食事をしながら家庭菜園の話などで盛り上がっています。
 そこを出て、北へ1km。ま新しい陸上競技場から応援の声が聞こえてきます。スタンドへ登って休みがてら見物です。走り幅跳び、110mハードル、円盤投げをボケーっと、かつ楽しみながら見ていまし。ここは現在大型のバックスタンドを増設中です。相模原にも近未来にJリーグが誕生するかもしれません。芝生はそれ用に整備されています。
 静岡県袋井のスタジアムはワールドカップの会場としただけのことはあり、陸上競技のコースにスタンドがせり出して、サッカー専用スタジアムに変身できる構造になっていました。相模原は兼用で、サッカー観戦は間延びでしょうね。
 元フィッシングパークの桜のトンネルを見て、約3時間の散歩はおしまいです。



| | コメント (0)

今週の農作業(4/3-4)

 右脚肉離れで、ジョギングとテニスはお休み。百姓ならばなんとかできます。
相模原の自宅のサンルームでミニトマト、料理用イタリアトマト、ズッキーニ、カボチャの苗を仕立てておいた。これらの定植です。(大量に作ったので余った分は両隣にお裾分け)
 トマトはマルチをして植え付け。整地に手間取りました。株が大きくなるので60cm間隔。ちょっとしか植えられません。苗が沢山余ってしまいました。カボチャとズッキーニはもう植える場所がありません。例年春ソバを植えている場所(荒れ地)に、ソバを休んでこれらを植えました。面積はありますが地力がさっぱりです。どうなるかは予測がつきません。
 2週間前に播いたホウレンソウが元気に芽を出していました。エダマメはちょっと動きが見えました。トウモロコシは未だのよう。
 芝生の中にちいさな雑草が沢山。1時間ほど一つづつ摘みましたが取りきれません。逆上して肥料を撒いて来ました。しばらくすると大きく成長しているでしょうから、そのときにザッと除草してあげましょう。
 フキを収穫して、今週の農作業はおしまい。ラッカセイの種の購入を忘れていた。帰宅して種箱をみると昨年収穫したしたものから選び取ってあった種が20個見つかった。これをポットに播種。芽が出てくれたら次回定植。




| | コメント (2)

花見の宴(4/3)

 土曜日は城ヶ崎〜伊豆高原のソメイヨシノは8-9分咲きでしょうか。絶好の花見日和です。気候も暖かく、桜並木も見事なトンネルでした。
 閑話休題。それとは関係なく、その晩は伊豆高原の悪ガキ5人が、花見と称して、たつ野で宴会です。6時頃からチビチビ飲み始め、だんだんボルテージが上がって来ます。何を話したかほとんど忘れました。アルコールに弱い私が、またもや美味しいウイスキーをbottom upしていました。すいません。10時頃お開き。意識がありません。

| | コメント (0)

あちゃ〜肉離れかよ(4/1)

 エイプリール・フールに運動なんかやっちゃいけません。夕方、4kmほどテレテレと走っていると、前方に○○マラソン・クラブというウエアを着たお兄さんを見つける。結構いいペースです。わしもひと頑張りしてやろうか、と追走します。中々手強い。しかし頑張ってついていきます。
 そこから4kmほど行った所でついに脚の筋肉が悲鳴をあげました。バシッ、あちゃ肉離れみたいです。痛くて走れません。右のふくろはぎと太ももの二か所です。
 先々週のテニスでダッシュを繰り返して、右を軸足にしてラケッットを振っていたときに筋肉に障害があったようです。その後わずかな痛みを感じつつ、無視してトレーニングを続けていたのがアダとなったようです。これを年寄りの冷や水というのでしょうか。
 18日はマラソンのレース。それまでに回復できるだろうか?今の痛みよりそっちの方が心配です。


| | コメント (0)

小旅行(3/27-8)

 一週間遅れで、カミさん方のお彼岸のお墓参りに行ってきました。四日市(鈴鹿)⇒養老高田⇒大垣と合計4か所のお墓参りです。(1)最初は彼女の両親、これは普通ですね。次が彼女の母方の祖父母の墓所。(2)は(3)から魂を抜いた墓石を保管場所へ移して並べられている場所(お寺)。山里の感じの良い場所です。(3)元の墓地で親戚に譲渡するとかで、空き地になっている場所。カミさんにとっては懐かしい場所です。(4)叔母が(3)から遺骨を移し自分の身近に新たに設けた墓地。墓参りツアーというのも中々おもしろいものです。
 (2)は、石屋がやっているようなのですが、面倒を見れなくなった墓石を集めてひな壇のように並べてありました。うちの分も綺麗に並べられていて一安心。巨大な値段の高そうな石も並べられていました。
 (4)は寺は古くからあるものですが、新規の墓所を開発したようで。これは特に感慨なし。(古い墓石は端に打ち捨てられていました)。ここで面白かったのは、「塩田の常夜灯」というのがすぐ近くの橋のたもとに建っていました。叔父の話ではかつて桑名からの水運の港であったとか。大豆などの荷揚げで油屋が多かったという話。カミさんの父親もここの(食用の)製油会社で働いていたとか。明治時代とおぼしき古い街並みも残っていました。ここは、また、京都から来ると中山道と名古屋への街道(東海道の裏街道)の分岐点でもあったそうな。何の賑わいもない一角ですが、歴史を辿ると面白いです。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »