« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

トルコ旅行

 ここしばらく留守をしていました。関東地方は猛暑だったようで、帰ったら植木鉢の植物は枯れていました。
 行き先はトルコ。カミさんとパックツアーに同行です。壮大な古代遺跡の数々、カッパドキアなどの奇景などたくさんの観光スポットには感動しました。私にはそれ以外にヒマワリ、コムギ、カボチャ、トマト、ゴマ等々の豊富な農産物に目を奪われました。巨大な古代都市はそれに支えられた物でしたし、かつて東ローマ帝国、オスマントルコ等々世界の中心でもあったこともうなづけます。
 食事は最悪。トルコ料理はこれまで経験は結構していたが、その面影は全くなし。旅行業者の手抜きはひど過ぎで、嫌がらせとすら感じました。お陰で2kg減量達成。
 それを除けば、かなり楽しめた旅でした。 

| | コメント (3)

イモチ病の薬

我が家ではこれまで何度か、性懲りもなくズッキーニの栽培を試みてきた。沢山穫れた年もあれば、そうでない年も。何れにしろ、最後はウドン粉病で枯れてしまう。今年はかみさんからの、軒下なら大丈夫では? との指令で、トライしてみた。2個収穫して、やっぱりウドン粉病が広がってきた。
 何とかせねば、と薬を探したところ、種々なものが使われており、それも結構効きそうだ。今年は、最初に「カカラン」をかけてみた。確かに病気の発達が抑えられたようでもあったが、劇的な効果と言うほどではない。
 次いでショ糖が効果があるというので、カカランと併用で、10%溶液を作ってスプレーしてみた。こっちの効果ははっきりしていて、完璧とは言えないが、目に見えて病気の発達が抑えられている。とうとう写真のごとく、奇麗な葉っぱになってきた。持続性は無いそうで、かけ続けなくてはならないようだが、イモチ病対策の目処が付きました。
20001
問題が。花が少なく、とりわけ雌花が咲きません。薬のせいか、陽気のせいか?




| | コメント (2)

電子技術者?

ではありません。が、半田ゴテを持っています。キットがあります。ということで、種々な物がいとも簡単に作れてしまいます。
(1)ということでデジタルアンプ作製にトライし、先週完成させました。
 回路は、IC化されており、外付けの部品は少数で、メーンの基盤は30分程で完成。ケースなどを加工して電源などを取り付け、かれこれ3時間ほどで完成です。
 スピーカーとCDプレーヤーを結ぶと、信じられないことに、まともな音が出ました。音質をチェックするPCのフリーソフトで調べると、全くもってまともな性能です。時代の御蔭でしょうか。
 こいつは全部入れても500g程度。20年前に大枚はたいて購入した30kg程度も有る重厚長大なアンプは一体何だったのでしょうか?
 ネットで調べると、部品にこだわる方のコメントが出ています。全部交換しても1000円程度ですので秋葉原で購入して、交換。確かに良くなりました。最終決着までにはもう少し時間がかかります。自作ですからこのような変更は自由自在ですね。

(2)孫君と車の絵本を見ていると、絵の下にボッチがあって、押すとサイレンが鳴ります。そういえば、我が家にも息子のためにと1/4世紀前に買ったキットがあったけ、と、死蔵されていた物を堀り出してきました。
Dsc00675
これを組んでみます。基板の部分は5分で完成。ケースの加工に手間取って3時間で完成です。

10001

将来の理工系人間養成のために中身は見えるようにして有ります。
また4色サイレンですが、意地悪じいさんのしかけが施されており、鳴らすのに工夫が必要です。彼にその謎が解けるか。(その前に親が解けるか)

電気大好き少年でしたが、いざ作るとなると腰が重い。腰が浮いてしまうとドンドン行きますね。



| | コメント (2)

今週の農作業(7/10-11)

ここ数日「歯」で無くて、「歯医者」の後遺症が続いている。中々完治の号令が出ない。土曜日に治療して城ヶ崎へ。
 土曜の午後〜夜にかけて勢いを増してきた草を抜く。土壌が柔らかくなってきているので気持ち良く抜けます。日曜の朝に収穫。
 エダマメ2号収穫。先週防虫網を除いておいたのでカメムシの強い匂いがします。今回は「ビールがうまい枝豆」でお味は良好でした。1回目も今回も一気にたくさん出来るので別荘の両隣へお裾分けです。
 トウモロコシは今回が本番でした。実入りが良く、味が乗っています。本物のスィートコーンは、完熟した方が実の大きさも味も濃いです。残りもたくさんありますが大概なりそこないの小物です。今回30本近く穫れて、両隣と、息子へ宅急便と娘の家へ届けました。
 エンツアイ少々。トマト2個、雑草として出てきたジャガイモ少々を収穫、自作のサツマイモの苗を植え付け、て今回は店じまいです。
 自宅の雑草エリアのユリが花盛りです。周囲のヤマモモはいつの間にか終わっていました。


| | コメント (0)

今週の農作業(7/4)

土曜日朝の相模原は雨。で、日曜、早朝に城ヶ崎へ出発。8時半頃から農作業です。
 今回は収穫中心。ジャガイモ(ダンシャク)収穫。前回のキタアカリの出来がすこぶる良く、それの半分程度でやや小振り。品種?マルチ?長雨?が原因。(キタアカリは甘みがあって美味しいです)
 トウモロコシが熟し始めた。一部収穫。⇒美味でした。
 エダマメ-1もちょうど食べごろ。収量は多かったですが、味は今一でがっかりです。 両隣に各々お裾分けしました。
 トマト3個。甘かったです。(相模原のものは酸っぱい)
Dsc00673
トウモロコシの生育は◎です。カラスが狙っていますので網をかけました。半分はマルチをしていませんので、時間差で成熟してきます。
Dsc00672
左はエダマメの防虫網。今回の効果はちょっとわかりません。ジャガイモの間に植えた防虫網なしと大差がありませんでした。
中央がゴマ。日照不足でひょろひょろして倒伏が見られますが生育が旺盛です。花も咲き始めました。支柱を立ててあげました。右隅はラッカセイ。これも良好です。
Dsc00671
しばらく見ぬ間にブーゲンビリアが咲き誇っています。早くアーチを作ってあげなくてはいけません。
 芝生を占領し始めたスギナに業を煮やして、2週間前に除草剤をぶっかけました。すっかり枯れていました。これは成功のようです。
 昼過ぎに店じまい。城ヶ崎駅から帰宅です。ポリピー餌にビールです。先週は流動食のせいか体力がありません。気がついたら熱海。小田原も危機一髪起きました。小田急線でウトウトしていると、松田から乗り込んできた雑踏に起こされます、と、そこに偶然温泉帰りの後輩が。しばし話し込んでトウモロコシとエダマメをプレゼント。電車の中でやっていると行商のおばさんみたいです。つい話が弾んで乗り越してしまいました。もっとも、彼に気がつかなければ新宿往復していたでしょう。
 夕食は娘の家へ。トウモロコシとエダマメは孫への土産ですが、彼はまだビールを飲まないし、ありがたいと思ってくれないようでした。

| | コメント (4)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »