« クリの味 | トップページ | 久しぶりの音楽会 »

ニッケル水素電池の寿命

 各種の携帯電気製品にニッケル水素電池を使っている。各種と言っても懐中電灯が主ですが。充電池は500回使えるとか言っている割には早々と調子が悪くなって、買い替える。捨てそびれて20個ほど溜まってしまった。
 調子が悪いといっても、実際にどれだけダメなのかが不明で、捨てる決断が出来ない。そこで、内容量を測定してみた。そのために放電装置(0.7A、0.8Vで放電停止 + 簡易計時装置)を作成した。
 1本ずつフル充電してから、それにセットする。表示の通りなら3時間は持つはず。しかし、そこまで行った物はありません。2700とか2500ってのは嘘っぱちです。好成績でも2時間半や2時間程度が大半です。毎回2本ペアで買っていますが、大半が片方の容量が激減している。
 良品(1/3)で同性能の物を選んでセットを組み直して使用、また10分程度しか持たない物(1/3)は即廃棄。これは良いとして、1時間程度の中途半端にダメな物(1/3)はどうしましょう? 迷っていると捨てられないのですよね。

|

« クリの味 | トップページ | 久しぶりの音楽会 »

コメント

【それってエネループの事でしょうか?】

デジカメで使っていますが、充電回数も100回以上やってますが
今の所問題ありません、便利な物だと感心していました

毎週使っては充電していますから使用量が少ないのかしらね
北海道旅日記は終わっていませんが充電したのは1回だったかなあ?

投稿: しいたけ | 2010年10月20日 (水) 00時11分

 エネループの当たりを引いたようですね。三洋の数年前の製品は2700と言う名前が付いています。エネループは2000で容量激減です。が、安定性がとても良くなったようです。昨日、店を覗いたらパナソニックの1000という信じられないくらい低い容量の物が置かれていました。500回でなく1000回OKとか。安定性重視に変わったようです。
 最良値だけを謳い文句にしても消費者の役には立ちませんね。
 しいたけさんの場合は、もしかしたら、充電器の良いものを用いているせいかもしれません。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2010年10月20日 (水) 00時20分

ニッケル水素電池は充電での劣化が早いようですね。電動アシスト自転車でも最近のものはリチュウムイオン電池を推奨していますね。
原理的な事は分かりませんが、リチュウムイオンの方が充電の劣化が少ないと言うことでしょう。
今使っているコンデジsonyW300の専用充電式電池もリチュウムイオンです。
ところでリチュウムってレアアースじゃないですよね。

投稿: taka | 2010年10月20日 (水) 10時36分

takaさん。リチウムは安価に入手出来ますが、調べてみると、稀少鉱物らしいですね。安価なので容易に入手できる鉱山が限られているそうです。で、レア・アースに分類されているようです。ということは、消費が進むと値段が上がるのでしょうね。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2010年10月20日 (水) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリの味 | トップページ | 久しぶりの音楽会 »