« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

植木鉢の灌水-3+追加2

【後半に追加記載,2弾あり。これが最終試作版でしょうね】

 安いコックを模索していました。ピンチコックはださいし、もうちょっと細かな調節をしたい。で、見つけました。こんなのはどうでしょう。
  30001_2
転がっていた、蝶番(ちょうつがい)に調節ネジを取り付けてみました。大きさは、縦36mmの物です。
ネジを締めると、ゴム管が潰されて流量が低下します。
前回のピンチコックよりだいぶ楽に、正確に流量を調節できます。
(今回の水滴は1個0.04mLです)

値段も、安いところを探すと、ステンレス製で@44円。
後は前々回のPPチューブと結合すれば、調節機能付きの点滴器が乾性です。
20個注文しました。(一体庭に何個置くのでしょうかね)

屋外に置くので、数年持たせるとなるとステンレスが第一選択肢です。操作性を考えると、雌ネジは蝶番の板にタップを立てたら楽になります。
そうなると、ドリルの刃や、タップがステンレス用の物が必要です。手持ちには鉄までしか使えない超特価品しかありません。それも注文しましたので、だいぶ高い買物になってしまいました。(後半はかみさんには内緒です)

----------
そうならば、なんでも有ですね。
針金を曲げて、コックを作ってみました。
30002_2

U字型に曲げた針金の両端にネジが入るループを付けてあります。ネジを締めると、水が止まります。微調整が難しいですが、何とか出来ました。
この針金、2mmΦのステンレスで、とても細工が難しいです。ちょっと細くても良いと思います。
簡単な物だったのですね。・・・・・・蝶ネジ? 探してみましょう。

前バージョンの部材は発注してしまったので、何かに使いましょう。

----------------------

夕飯を食べて、針金細工を、眺めていると、デザインというか、造作がなんか気にくわない。

手許にあったアクリル板で次のバージョンを作ってみた。

30003

これ、清潔感もあり、けっこう可愛い。

原理は同じだが、微調整は以前よりも断然も楽になった。

手近にあったネジが4mmだったのでちょっとごつい。が、ネジを3mmすれば、コンパクトになって、しかもネジのピッチが狭いので微調整も更に楽になる。このアクリル板は5mmと無駄に厚いのだが、タップも余裕で立てられる。

これ気に入りました。

| | コメント (3)

植木鉢の灌水-2

takaさんのコメントに触発されて、ちょっと試してみました。
コメントにあるのは、病院で見る輸血とかの点滴の管の途中にあるやつですね。看護婦さんが途中で止めたり、流量を調節しているもの。
こんなのでしょうか?
20001
ローラークランプですね。
柔らかいゴム管のようなものを挟み込んで、流量を調節するものです。あいにく手許にありません。

職場に、こんなコックがありました。
20002
2方コックと言う名前です。ミニで可愛いです。
微調整は難しいですが、「可能」です。苦労して、ポッタン、ポッタンの状態を作り出すことが出来ました。

ついでに、細管から落ちる雫の容量を計ってみました。一滴がおよそ、0.02mLでした。4秒に一滴ならば1日で432mLとなり、2リットルのボトルで4-5日間給水が出来ます。
これらの製品は何れも1個3-400円します。

何か無いかと物色していますと、
20003
こんなものがありました。ピンチコックといいます。ちょっとごついです。
これで、試験用の装置を組んでみました。配管は弾力のある内径1mmのシリコンゴム管で、ピンチコックで流量を微調整しています。
20004

これだと断然楽に液量が調節できます。これの定価200円ですから前2者よりは安くできます。

前回紹介した製作物の模式図は、
Photo
こんな物です。(クリックすると拡大します)
費用はポリプロピレン・チューブ50cmで約50円程度でしょうか。
先端部分をガスコンロで熱して内径を細くしてあります。ここにちょっとテクニックが必要です。
また、落差を小さくして、流れにくくしてあります。

ピンチコックでゴム管を絞る作業を、この装置では、予めやって、固定していることになります。細い部分を切り詰めていくと、液量を増やせます。

95%は小学生レベルの工作ですが、内径0.3mmっていうところが、大人の仕事でしょうかね。

| | コメント (2)

植木鉢の灌水

   家を一週間ほど留守にするときに、植木鉢の灌水に悩む。以前ペットがいたときは動物病院にお願いしたが、植木鉢は困った。電池式の自動灌水器が1万円以下で売っており、性能もとても良い。それを購入するのが第一選択肢だろうが、芸が無い。
  そこで、以前にも試みた、ペットボトルを利用する方法を工夫してみた。5日~1週間持たせるとなると、2リットルのペットボトルを用いることになる(3Lの焼酎ボトルがあるが私は飲まないし)。となると、1日に480mL給水するとして、1時間に20mL。あじゃ、やや大きめのお猪口一杯か。1分間に0.33mLだ。(3分で1mL)。   小さな孔から出る水の一滴が、約0.2mLと言われる。36秒で一滴づつ雫が落ちれば良い。
  これまでの試行錯誤で、どんなにゆっくりでも5秒に一滴ぐらいの速度までしか調節できない。
  そこで思いきって、もっと細い孔を模索してみた。普通に入手できるの(安価な)プラスチックのチューブの最も細い物で、内径1mmだ。ポリプロピレン製のチューブをネットで購入した(20m950円)。熱収縮性があり、径を細く出来るかもしれない、また、加熱しての加工も楽そうだ。
  これを実際に装着してみると、20分で500mLぐらい流れ出てしまう。熱収縮を期待して、チューブを焙ってみた、が、大して細くならない。何とか極細のチューブが出来ないか?
  チューブをガスの熱で柔らかくして、チューブを押しつぶすことができるが、それでは管が潰れてしまう。ニクロム線をまっすぐにして、チューブの中に入れて、押しつぶして、冷えた後で抜く。200Wのニクロム線なので太さが0.3mmぐらいか。これで極細の管が出来た。
  この0.3mmの管の長さを調節すると、良い具合に流出する速度が調節できる。とてもまどろっこしい間隔で雫が垂れる。
  ペットボトルの蓋に孔を開けてこのチューブ(外径3mm)をかしめて通す。また、画鋲でもう一つの空気用の孔を空ける。流出管の出口と、この画鋲孔の高さの違いで、ここからは水が出ない。
 それをセットしたのがこの写真です。
10001
写真のボトルから左の鉢に給水しています。ゆっくり、ポタポタと。このボトルの奥側には右向きのボトルがあって右の鉢(オクラ)に給水しています。
 ペットボトルの蓋からビニールパイプが出ており、その先端の5cmほどが内径0.3mmに細くなっています。
 一応、成功です。庭に8個セットしてあります。




| | コメント (3)

今週の農作業(8/27)

  トマトの収穫のみの目的の滞在です。長雨で土壌が水分を含んで、水っぽいトマトになってしまいました。シシリアンルージュの大半は割れて、腐っています。残った割れていない物を収穫しました。味の無い「パスタ」は沢山穫れました。煮詰めてスパゲティのミートソースにしました。そこそこ食べられます。
  ブルーベリーも500g程度収穫できましたが、水っぽいです。落花生がだいぶ荒らされています。未熟な実がおいしいのでしょう。網を掛けてきました。

| | コメント (0)

ラジオのアンテナ

  ラジオのアンテナの写真です。3回目の製作物です。1号は壁に立てかける大きな平面型で、くもの巣型でしたが、倒れやすく、邪魔でした。2号は小型化した物でしたが、性能いまいち、やはり倒れやすく、孫が出来て危険だということになりました。
  そこで3号を計画しました。大型化して(1号、2号の中間)、倒れない、椅子や物置台としても利用できるような形状にしました。

10005
この枠の内側(下面は板の下)に銅線が回してあります(右側面に見えます)。枠の内側の右上に見えるのがバリコンです。
  実際に使っているところです。
10006
アンテナのコイルの銅線が形成する面が電波の到達方向を向くようにします。写真の箱の長軸方向が東京を向いています。写真に映っているラジオは外付けのループアンテナで電波を捉えますが、それをこのアンテナの中に入れます。携帯ラジオなどは本体ごとこの中に入れます。
  ラジオには自動の感度調節機能がありますので、音の大きさは大して変りませんが、格段に雑音が減り、聞きやすくなります。

具体的な構造。
  見たとおりの木製の台です。それの内側に銅線を張り巡らせてコイルを形成してあります。下にも物が置けるように、線は底板の下側を回してあります。(それで手間がかかっています)。線は 直径0.2mmの細い銅線20本を束ねて「リッツ線」を形成して1本の太い銅線としてあります。元々は1000m以上の単線を購入してそれを折り返して作りました。このリッツ線の長さは約60mです。巻数は30回。バリコンの二つの電極にコイルの二つの端を別々に結合します。バリコンを回して目的の放送局の周波数を合わせます。
★リッツ線である必要はないらしく、ネットに載っている製作例は、細い単線でも性能が出る、と書かれています。またバリコンも入手容易なポリバリコンでも良いようです。試作時には適当な大きさの段ボール箱に捲いてみました。ちゃんと機能を発揮しました。

| | コメント (2)

雲の脚

金曜日(8/26)の夕方城ヶ崎到着。大島方面に面白い景色が見えます。大島は明るく、たぶん、ここと同様に、雨はあがっているのでしょう。それに比べて、北側の相模湾の中央部分は暗く、雲から大きな脚が出ています。これは「雨」の流れですね。
10002
この時間帯は静岡県内で新幹線が止まっていました。伊東の辺りが前線の南側なんでしょうね。

| | コメント (0)

墓参り

  城ヶ崎からの帰り、郷里の長泉へ墓参り。三島駅で電車を降り、てくてくと長泉の町内へ。寺との往復は3km程度ですし、涼しいので、散歩です。
Dsc00743
 道路脇に面白い構造物が、農業用水の分配装置です。そういえば、どこにでもあったな。テレビなどで古来エジプトからのオアシスの知恵とか言ってますが我が国でも昔からあったような。道路拡幅こうじで改修されたようです(受益アリアが狭いので、工事費とのバランスは悪そうです)。
 寺からの帰り、三島駅近くの新幹線の線路北側沿いでこんな物を見つけました。

Dsc00745
(背中方面が三島駅北口、左が新幹線の線路)これの木の下です。

Dsc00744
面白い物があったんですね。

散歩をすると思わぬ物に出会います。

| | コメント (4)

今週の農作業(8/18-20)

  かみさんがロシアへ遊びに行ってしまったので、1人でゆっくりと作業です。
能書きが「激ウマ調理用トマトシシリアン・ルージュ」(種子1個100円)の本格的な収穫です。3kgも収穫できました。この10日間雨無しで乾燥してますので味が濃いです。生食でも◎です。他の生食用のトマトの味はたいしたことはないので、やはり品種の力でしょうか。同時に植えた「パスタ」は肉がしっかりしていますが味はほとんどありません。こっちは調理しかないですね。カラス、リスの対策は成功しているようですが、虫にちょっかいを出されているようで、小さな傷などがあります。全体を防虫網で覆うのがトマトの正しい作り方のようです。
P1010007
  ブルーベリーの後半の収穫です。10日間強い日光の下で放置し成熟したのでいままで経験したことが無いような甘さです。小株ですが2kg穫れました。
  ブルーベリーとトマトは、19日の夕方に大急ぎで収穫しました。雨が降ってきて、株に水分が回ると一気に水っぽい味になるので、雷の音を気にしながら、カッパを着て作業しました。
  ゴマと落花生はドンドン生育しています。庭の随所に落花生の殻が散乱しているので、カラスかリスが味見をしているようです。
 クリは今年実は無し。土壌が肥えて来たせいか? イチジクに実が生り始めています。防鳥網を掛けていますので、食べられれば嬉しいです。

| | コメント (0)

小径工事

  今回のもう一つの主たる任務は、小径の工事です。庭の通路のうち3mほどをレンガ敷きにしてあり、残りの6m程は畑から出てきた小石で砂利舗装です。そこにドクダミやヨモギの駆除しにくい雑草が出てきて、かみさんから、舗装の改良を命じられていました。前回の工事は2008年2月なので3年半放置してありました。
  18日:朝から道路上にオーニングを設置し、戦闘開始です。暑いです。やや風があり何とか作業が続けられます。表面直下の土と砂利の混合物は篩にかけて、砂利を回収し、土は畑へ。10cmほど掘ると、その下は柔らかい黒い土壌です。敷地のその部分にだけまともな土が存在します。たぶん吹き溜まりのような場所だったのでしょう。ここは掘った分を畑へ撒きます。いくらでも土を掘り出せますが50cmほど掘って力尽きました。バケツ25杯。8月にやる仕事じゃありませんね。
  19日:畑の周囲に積み上げられている小石の小山から、掘り出した土と同量の小石を持って帰ります。畑から掘り出された小石は穴の中に埋め戻されすっきりしました。レンガ1個分の深さを残して砂利の平面を作ります。ここで、レンガを並べて見ましたが、うまく平面が出ません。下地の仕上げには砂が必要です。ここで作業終了。雨が降ってきました。昼食を食べて一眠りして気がついたら4時でした。

| | コメント (0)

地デジアンテナ2

   我が家のテレビのアンテナはベランダの外側の金具から庇の金具を経て屋根の上に出ている。自分で作業できるかとも考えたが、曲芸師でなければちょっと無理。今回は設置されているブースターの性能を確認しました。設置場所は庇のちょっと上で、銘板が外を向いていて読めない。遠方から望遠鏡で見ようとしたが、角度が悪い。ベランダで考えた。鏡で見るか? 三脚を目一杯伸ばしてカメラで写真はどうか。何枚かシャッターを切ってみて、うまいこと写真が撮れました。
  30db増幅のブースターですね。40dbタイプが市販されていますので、更なる増強は可能です。

P1010010

  今週の新島からの電波は比較的安定していて、地デジ番組を大方見ることが出来ました。シグナル強度も(70-75)余裕です。例外はNTVでシグナル強度が14で話にならない。ブースター増強でも無理でしょう。ご近所に、ベランダに自分でアンテナを立てて遊んでいる方がおられます。次回聞いてみましょう。

| | コメント (2)

ラジオ

  城ヶ崎は地デジ難民地区らしいのだが、ラジオも電波が弱い。東京の民放は辛うじて、静岡局に至ってはNHKすらも聞こえない。これまでもアンテナ能力増強を試みたが、能力がいまいち、に加えて、かみさんから危険で邪魔と言われて、あえなく撤去となった。遠距離受信用のラジオを購入という手もあるが、再度アンテナ増強に挑戦。邪魔と言われたことを逆手にとって、より大型化して、椅子ないし物置台としても利用可能な形状とした。(写真を撮り忘れた)。(開口面積43x53cm、奥行き25cmの木枠。コイル30回巻)。コードの全長は60mにもなります。
  我が家のラジオはMD-CDプレーヤーの付録の機能なので音質重視とかで感度が悪い。今回のアンテナ設置で、東京の民放が雑音の中に聞こえていたものが、雑音が減り、安定して良い音で聞こえるようになりました。10倍程度の受信能力増強でしょうか。またIHヒーター試用中はノイズが大きかったのが、それも軽減されています。

| | コメント (4)

ピザ釜の修理

 うちの庭にはピザ釜がある。焼く機会が少ないがそれでも一年に数回は働いてくれる。問題はレンガを繋いでいるセメント。耐熱性のセメントだが、水にはすこぶる弱い。簡単に流れてしまう。ビニールシートで覆ってあるが、既に上面のセメントが1cm以上流れてしまっている。
 そこで、防水と全体の保温効率のupも兼ねて外側全面にレンガを一枚貼ることにした。撥水性の防水セメント(モルタル)を使い、厚さ半分のレンガを貼付けた。全体に何とか形になった。奥の上部に完成後に開けた煙突穴もついでに拡張した。
 運転テストは次回行った時になるが、性能がupしてくれれば嬉しいです。

| | コメント (4)

地デジアンテナ

 地デジ化に備えてアンテナを強力型に交換した。今回が、本格的に地デジonlyの日でした。結果は最悪。MX(常時◎)を除くと、NHKが△で、その他は一日のうちで大半の時間が画面すら出ない。アナログは雑音がある物の見えていたのにね。更には、どうやら強力型アンテナもマイナスに働いているようだ。
 先週末は台風の影響で波が荒れたりして条件は悪かったにせよ、ほとんど実用的ではありません。設置したときは、電波の強度がテレビの感度表示で10ポイント上昇していましたので、アンテナの性能はカタログどうりなのでしょう。が、多分その分指向性が鋭くなって海面や波や利島などで乱反射したものを捉えてくれないのでしょう。ダメな時間が多過ぎました。
 睡眠時間は増えたので、それも良いのかもしれませんが。
 さて、どうしましょう。次回行った時にブースターの性能をチェックしましょう。それが高利得型だとすると、打つ手無し。あとは大島か熱川狙いでしょうかね。








| | コメント (2)

電子ピアノの修理

 昨年後半に自宅のピアノを処分した。子ども達が巣立って行って、演奏回数が少なくなり、いざ弾こうとすると調律が必要で、すこぶる不経済。電子ピアノに乗り換えた。自宅用にカワイの物を購入。勢いに乗って別荘にももう一台購入した。こっちはキーボード奏者の息子の意見を入れてローランドに。
 後者が問題。別荘の静穏な環境で深夜にスイッチを入れると、低音(50Hzの)の僅かな音がする。置かれた環境が悪かった(良過ぎた)ね。ローランドにクレームを報告したら、修理技術者がやって来た。遠路はるばる東京から車で、ご苦労様です。
 蓋を開けてみると、しっかり音が出てますね。電気好きの老人にとっては馴染みの音です。昔のラジオのトランスは大概こんな音を出していました。今時こんな音を出すのも珍しい。技術者さんは苦労して音を殺して行きます。一通り済んで、「これでどうでしょうか?」 音は小さくはなったが、僅かに聞こえる。
 私も人が悪い。トランスに耳を当てるとしっかり音がする。不良品とまでは言えないが良品でもない。私はめざとく補修パーツのセットをチェックしてありました。トランスを念の為に持って来てあります。「換えてみましょう」。
 技術者さん、しぶしぶ交換です。(一通り対策は済んだのにね)。交換したトランスからも僅かに音が出ています。共鳴対策が不完全なので、それが聞こえてしまうのです。最初よりはかなり音が小さくなったのでOKとしました。ご苦労様でした。
 ちなみに、私は演奏しませんので、こんな音も聞こえてしまうのです。

| | コメント (0)

今週の農作業(8/5-8)

 年休をとって4連休です。トマトの収穫のみで合計2kgぐらい。防鳥網は大成功です。シシリアンルージュ(今回の主役)とパスタ(穫れ始め)の2品種で、両方とも調理用だ。生食の味はまあまあ。トマトソースを作ってみたが何だかありがたみはわからない。とりあえずたくさん穫れたので湯剥きして、茹でて保存しました。カミさんがブルーベリー収穫。約2kg収穫です。
 ゴマとラッカセイ順調。カボチャも結構結実しています。草取りと、クリ、ビワの剪定。
 収納庫への各種雑物の移動でした。

| | コメント (0)

今週の農作業(7/30)

 今回は収納庫(物置)の受け取り&設置と、トマトの収穫。2週間前に緑のトマトが沢山あったので、ごっそり完熟トマトを持って帰る予定で大きな袋を用意して行った。ところが、赤いトマトは一個も無し。どこへ行ったんでしょうか??
 カラスかリスか? 散歩がてら我が家を監視して下さっている方の報告だと、隣の畑と合せてここはカラスの餌場だとか。う〜む。とりあえずトマトの株の周囲に網をかけて来ました。上からの攻撃は可能だが、それだけのリスクを冒すまいと。
 Dsc00741
株が弱ってしまったブルーベリーですが、最盛期で期待以上の1kg収穫がありました。今年は小型の2株が主役です。2株が枯れて、2株が瀕死です。
 ゴマの実が成り始めました。ラッカセイの株がどんどん大きくなっています。

| | コメント (3)

収納庫の設置-2

 30日に収納庫が届いた。当初組み立てまでやるつもりだったが、途中でめげた。カインズは営業のみで、配達業者(1人です)が設置までやる。まず四角い床枠を組み立てる。各々の辺の水平を出しながら土台のブロックを調整していく。あっと言う間に水平面が出来てしまいました。これなら私でもできる、が、勉強代でした。高さ調整で浮いたブロックの下側をモルタルで固めて床完成。手際良いですが、ここまでに最も時間がかかった。後は柱、天井、壁、扉と、はめて行って完成です。Dsc00742
こうしてみると土台にかなりの傾斜が付いていました。左端のブロックは厚手の物。来週は、収納用のコンテナを買って来ます。
 昼になったので業者さん(職人さんですね。私と同年輩)と昼食。身の上話をしていくうちに、こんど結婚するという。それも3回目で、28歳年下の方と。加藤茶には及びませんが。色々な人生があるものです。

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »