« ラジオ | トップページ | 小径工事 »

地デジアンテナ2

   我が家のテレビのアンテナはベランダの外側の金具から庇の金具を経て屋根の上に出ている。自分で作業できるかとも考えたが、曲芸師でなければちょっと無理。今回は設置されているブースターの性能を確認しました。設置場所は庇のちょっと上で、銘板が外を向いていて読めない。遠方から望遠鏡で見ようとしたが、角度が悪い。ベランダで考えた。鏡で見るか? 三脚を目一杯伸ばしてカメラで写真はどうか。何枚かシャッターを切ってみて、うまいこと写真が撮れました。
  30db増幅のブースターですね。40dbタイプが市販されていますので、更なる増強は可能です。

P1010010

  今週の新島からの電波は比較的安定していて、地デジ番組を大方見ることが出来ました。シグナル強度も(70-75)余裕です。例外はNTVでシグナル強度が14で話にならない。ブースター増強でも無理でしょう。ご近所に、ベランダに自分でアンテナを立てて遊んでいる方がおられます。次回聞いてみましょう。

|

« ラジオ | トップページ | 小径工事 »

コメント

伊豆高原付近での地デジ受信は苦労しますね。
うちの場合、NHKや4chが良い時は6chや8chが悪く、その逆の場合もあります。信号レベルは後一息なんですけどね。

ところで、ブースターのゲインを上げてもノイズのレベルも上がってしまうと言うことではないですか?
デジタルなら上手く行くということ?
うちもブースターは30dBなので、40dBへの変更も検討してみたいと思っています。

投稿: taka | 2011年8月24日 (水) 09時13分

 takaさんのところは4chが映るんですね。意地悪されているわけでもなさそうですね。受像機に付いている電波強度の数字がdBに相当するものであるのなら、我が家の場合4chは+10dBでも足りません。
 ブースターがアンテナの直ぐ近くに付けられているのならノイズは問題ないと思います。
 私は、大島局に期待しています。非力なアンテナと30dBブースターの組み合わせは、さすが下田の業者さん、ですね。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2011年8月24日 (水) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオ | トップページ | 小径工事 »