« アルジェリア出張のおまけです | トップページ | これからタイへ出張です »

アルジェリアの感想

2010年に引き続き2年ぶりにこの国へ来て感じたことをメモしてお行きます。

 今回はアルジェ経由ではなく直接西部の地方都市のオランにパリから入りました。パリからの直行便はあるのですが、アルジェリア航空の利用で、パリの近距離国際便用のオルリー空港からでした。乗継は不便でした。むしろ、エールフランスのドゴール空港からの便が使えるアルジェを回る方が便利だったかもしれません。乗客はイスラム教徒とわかる服装の方が多く、ローカル便といった感じでした。
 オランは地方の大都市です。中心部は立派な石造りの家並みなどがありフランス時代の雰囲気を伝えていますが、その外側は古ぼけた住宅密集地などが広がり、更には、それを囲むように新興のアパートなどの建設ラッシュが進んでいます。
 その外側に真新しい車のショールーム兼修理工場のエリアがあります。我が国から5社(だったか)が揃い、韓国、中国、欧米の各社が顔を揃えています。街を走る車の中にTATAとMultiを見かけました。後者はSuzukiのインド子会社ですので共食いでしょうか。前者はインドの超安価車メーカーで、インド以外で初めてお目にかかりました。これらのメーカーのマーケットとしてはちょうど良いのかもしれません。

全体として、チュニジアと比べ、近代化の遅れが見られるものの、石油資源を背景にした強い経済力で急速に発展をしています。
全体としては乾燥した地形ですが、山からの地下水のおかげか、農業は盛んのようです。

物価は良くわかりません。タクシーは250円で10km、500mLのペットボトルの水が20円、干しブドウ1kgが580円でした。買い物はこれしかしていません。
レストランのおいしくないワイン2000円は物価計算の対象にはなりませんね。

しいたけさんにもう一つの付録。
Img_0352
我々を護衛してくれたパトカーです。警笛を鳴らしながら、先を行く車を蹴散らしていきます。爽快でしょうね。おかげで渋滞なしです。

|

« アルジェリア出張のおまけです | トップページ | これからタイへ出張です »

コメント

【アルジェリアって産油国なんですね】

干しぶどうが取れてお安いのにワインのお値段は結構高い
まあレストランで飲みましたからそれ相応かも知れません
直接買えば大衆的なお値段なのでしょう
護衛バイクはBMW製に見えます、世界共通で白バイだと思ってました

(護衛つきとはVIP待遇だったのですね!)

投稿: しいたけ | 2012年5月22日 (火) 23時28分

しいたけさん。オートバイはBMWでした。ずんぐりして、あまりスマートではなかったです。50kmぐらいでリレーしていきました。VIPかどうかはわかりません。エジプトの時は団体観光客に付いていました。
 ワインは一発目が不発だったので、今回は持ってきませんでした。色々試し飲みしていないので全体の評価はわかりません。適度に乾燥しており、しかも石灰岩地形なので、良い葡萄酒ができるはずです。が、何せイスラム圏ですのでね。フランス時代には絶品があったと想像できます。
 時差ボケですね。2時半ごろから起きています。

投稿: 城ケ崎-見習い2号 | 2012年5月23日 (水) 04時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルジェリア出張のおまけです | トップページ | これからタイへ出張です »