« 今週の家庭菜園(9/16) | トップページ | 久しぶりのニジ »

ベランダの異変

 我が家のベランダ(家の南側)は、苦労して自作したもの。製作時は真面目に全面の水平を採りました。まっ平らのはず。
 ところが、ここに来て、ベランダ方向に外開きする、台所の勝手口の開き戸が開かない、とクレームが出た。
 実は私も既にそれを認識していて、1cmほど根太を削いであったのだが、それでは足りなくなった。もっと根太を削ぐか?。

戸が開く当りのベランダを歩いてみると、フワフワと浮いている。
(ベランダの北西側)

浮いているということは、どこかが沈んでいるということ。
今回問題になった場所とは対角線方向の南東側の地盤が緩いことは、設置時点で認識していて、そこの土台のコンクリートは大量に流し込んではあったのだが。

今回は孫との合宿なので、当然婿さんもいる。彼が車のジャッキを持ってきて、南西側の隅を持ち上げてみた。見事、勝手口付近が沈んで、おちつきました。
巨大なベランダなので、南東側を持ち上げるとなると、大仕事でした。

持ち上げて、柱の下部の土台の上面にセメントを流し込みました。
それ以外に1か所柱のかさ上げを行い工事終了です。

家が建っている部分は山を削って、固めれた地盤。家から離れた、ベランダの端の部分は盛り土です。ベランダ設置時に突き堅めてはいましたが、この6年ほどで3cm以上沈んでしまっていました。

|

« 今週の家庭菜園(9/16) | トップページ | 久しぶりのニジ »

コメント

【見習い様は土止め工事もやるんですね!】

我が息子は土建屋さんですから、土止めの専門家ですが
伊豆に来ません、夏休みに1回だけ、僕が北海道に行って時やってきたそうです

無事に作業が終わって良かったです!

投稿: しいたけ | 2012年9月18日 (火) 15時52分

しいたけさん。有能な息子さんがいて、良いですね。
 一人でもできないことは無いのですが、相手がいると気合いが入ります。カミさんにムニャムニャ言いつつ、どうしようかと思案している間に、ジャッキアップで実証してくれました。材料と道具は在庫しておりますので即決でした。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2012年9月18日 (火) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の家庭菜園(9/16) | トップページ | 久しぶりのニジ »