« 第4回しまだ大井川マラソン(2012) | トップページ | 新幹線見物 »

マラソン後遺症

日曜日にマラソンを走って、精も根も尽き果てたのだが、サプリのお陰で、その日の夕方前には疲労感は抜けた。もちろん、若干の筋肉痛とか、は残っているが。
 マラソン前の一週間は、カーボローディングと称して、大量のデンプンを胃に突っ込んで、肝臓に溜める。その時はホント気持ちが悪く、胃の活動が治まらず、夜もろくに眠れませんでした。
 終わった後は、太り過ぎないように、お茶碗すりきり一杯に戻します。これが難行です。直ぐにお腹がすいてきます。拡張した胃の機能の収縮には時間がかかりそうです。って、2週間後にはまた始めるのですけど。

|

« 第4回しまだ大井川マラソン(2012) | トップページ | 新幹線見物 »

コメント

【太り過ぎないように!】
というのが味噌ですね、アスリートの自覚が十分出ていまして感心しました
水なら太らないが、焼酎の水割りでも太ります、ごはん1杯位のカロリー
だそうです、この辺が太る原因なのに食べなくても痩せないと愚痴ですから
太る原因はその辺にあるのに自覚が足りません

投稿: しいたけ | 2012年11月 1日 (木) 22時14分

私程度のゆっくりのマラソンの場合には、脂肪も利用されるのですが、やはり、蓄積した糖分が効率良く使われます。2kg太ると、それをリックに背負って走っているような物ですので、余分な贅肉は御法度です。足りない分は、途中で、デンプン類、バナナなどでたっぷり補給をします。このへんが放映されているエリートマラソンとは違う所です。
 各種のエネルギー補給食を試して使っています。脂肪を燃やすというバーム(かつて高木ブーがCMに出ていた)は、以前は効果があったのですが、最近は効かなくなりました。体脂肪が減ったせいのようです。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2012年11月 1日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第4回しまだ大井川マラソン(2012) | トップページ | 新幹線見物 »