« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

今週のマラソン(館山2013/1/27)

昨日は千葉の館山で行われたマラソンに参加してきました。が、えらいことに!
 朝4時に起きて、相模大野から錦糸町へ。居眠りして、一回乗り過ごし、あぶなかったが何とか間に合った。が、指定席を買ったマラソン臨時特急が動かない。ただいま運転再開中という放送。こんな時は慌てずに乗っていた方が無難。が、いつまでも状態は変わらず。放送で、30分以上して、千葉からの高速バスをご利用下さい、との放送が入った。1000人近くの人が乗っているはずだが、5-60人が駆け出した。私も続く。千葉で何とかバスに乗り、館山到着。スタート時刻に間に合わず。しかし、主催者が親切に1時間遅れでスタートさせてくれた。もっとも混雑の都合で600m短縮になったが。(乗り続けた人も、結局私と同じにスタートした)
 大慌てでスタート。ここは難コースだとは知っていたが、走力も上っているので、挑戦、をテーマに走りました。しかし、前半焦ってスピードを出し過ぎの大失敗、肝心の後半の登りを快調に駆け上がる予定が、全くダメで、撃沈しました。近来になく激しく疲れて帰ってきました。フルマラソンに計算すると3時間36分で、まずまずの記録ではありました。今日は激しい脚の筋肉痛です。
 27日は天気が良く(日焼け止めを忘れてしまった)、富士山がくっきりと大きく見えました。大島も、伊豆から見るよりも大きかったです。帰りには三浦半島も間近に見えました。

| | コメント (4)

プログラマー

12月の初め、タイに行く途中で若い友人から不幸のメールを受けとった。ちょっとしたプログラムを書いて欲しいと。彼は、私が30年前にPCを触ったことがある、ということを覚えていた。当時はソフトなどと言う代物は無かった。PCに仕事をさせたい場合は、自分でプログラムを書くしか無かった。

 あるデーターを、仕分けして欲しいというもの。分類基準が決まっていれば、10〜20行の小さなプログラムで済む。簡単に引き受けた。実際にもらったデーターは120万件で、分類基準も3万種類。当然エクセルでは無理。だから頼んで来たわけ。単純な分類だし。
 とりあえず作って、動かしてみた。2.5GhzのPCでも、一種類を選び出すのに、1時間以上かかる。これは何かの工夫が必要だ。
 しかも与えられた分類基準の書式が統一されていない。先ずは、それを整理しながら読み込むプログラムを、ここで200行費やした。
 一方で、読み込むデーターは世界中から、しかも江戸時代からの物が含まれる。これも整理しながら読み込む。分類にはちょっと知恵を働かせた。この部分で100行。
 動かしてみると、全作業20分ほどで全データーの処理が完了する、我ながら気持ちの良いプログラムが仕上がった。これが年末。

 一件落着だが、それが出来るなら、3万個に分類されたデーターの各々がどの県に分布しているのかの表を作ってもらいたいと欲を言って来た。
 ここで、ファイルの合体とかの操作が必要になるのだが、DOS時代のコマンドを使うと一括処理出来る。これもWindows以前は常識の技だった。彼は、このコマンドの使い方を当然知らない。そこで、コマンドを書き出すプログラムも作った。

 データーには県名も記されているはずだった。が、8万件は、江戸時代の物で、IdzuとかHigoとか書かれている。Idzuの国って伊豆諸島も含まれる?ということで町名まで調べて、県名を割り出す機能を加えた。

 1時間のプログラム作成の予定が、年末年始の10日間ほどをほぼ全部を潰して、一カ月ほどかかってしまった。データーの処理よりも、元データーの揺らぎを吸収するのが難物でした。

 私の使えるプログラムはBASICという代物。もうこんな物は売っていない。手持ちのものはWindows95対応と書かれていて、20年近く前の物。ふしぎな物で、WindowsXPよりもWindows7の方が問題なく動く。出来上がったプログラムは単独で動作し、Windows7で問題なく動く。こんな便利な物を売っていない、というのも不思議な話だが。
 われながら、まさに老人パワーが役に立ったと自賛しています。


| | コメント (2)

ご来光(1/20)

 日曜日の朝は、日の出を拝むことができました。(写真機を別荘に忘れたので写真無し)。我が家の元旦は大島の中央やや北寄りから上る。3週間たってもう北の端まで移動していました。

| | コメント (2)

久しぶりのヤキイモ

土曜日にJAあいらいで湯っこ広場で「紅はるか」を見つけた。(鹿児島産)。さっそくヤキイモに挑戦です。めんどくさいので、ヤキイモ用の鍋を電熱器の弱の上に乗せて放置して置きました。うっかり2時間。取り出してみると、芋がとろけています。デンプン分解酵素が効き過ぎて、芋が溶け出し、水飴のような物が滲み出しています。とても甘いです。
 同時に投入したベニアズマは、美味しく無かったです。

| | コメント (0)

今週の家庭菜園(2013/1/19)

金曜日の夕方歯医者。その後、大急ぎで城ヶ崎へ向かいました。小田厚で正面に、夕日を背にしたすばらしい富士山の景色です。
Nec_0134
  熱海⇒伊東は暗い夜道。かみさんの安全運転で、先行車がいません、ターンが予告無く現れます。老人の運動神経では対応できません。どんどんスピードが落ち、なお先行車と離れます。
ふ~う。やっと城ヶ崎到着。

同様日は農作業。期待していたダイコンは、葉が奇麗に食べられていました。前回はトウガラシの葉が丸裸。ご近所さんの話では、ブロッコリーが全部やられたとのこと。我が家は、ブロッコリーは用心して、防虫網で覆ってあったので大丈夫でした。ダイコンは油断しました。
Nec_0140

ブロッコリーとダイコン、シイタケを収穫。川奈の先のJAあいらに行って糠を買ってきました。それを播いて農作業はおしまい。

ご近所さんの話では、家の近く(城ヶ崎海岸駅の山側)で子連れのイノシシを見たそうです。全く物おじしなかったそうです。
Nec_0142

家に着いたら、丘の工事が終わっていました。中段の物が新しい石垣です。手前の古い石垣を含めて、我が家全体の石垣は大きな、不揃いの巨石を積み重ねて出来ています。重機で一気に積み上げることが出来るのです。周辺部が整理されて、今回は重機が入ることができません。手作業ですから小さめな石を積み上げています。それと同時に、全体としてモルタルの分量が多く、でこぼこが少なく、仕上がりが奇麗です。芝刈り作業をやりやすいように、と頼んでおいたので、上面が平らになっています。設計時より、ブルーベリーの栽培場所の面積が広く、また、石垣の高さも高くなっています。
 業者さんの話だと、大きな岩が出てきたのだが、予想外に簡単に移動できたので栽培エリアを広げたと言っていました。
Nec_0143
土木工事の置き土産のシイタケの榾木です。検収の連絡の時に榾木をもっと、と言ったら、出物があったら持っていくよと言っていました。
Nec_0151
日曜日はなぎさ公園を中心にして伊東マラソン。それを避けるべく、朝7:30に自宅を出発。奇麗な富士山を背に見ながら、帰ってきました。
カメラを忘れて、スマホカメラでした。


| | コメント (4)

骨折?

 小指が痛い、ってどこかで聞いた歌詞です。私のは右足のですけど。そこもそうなのかしら。
 11月のマラソン以来、ずっと疼いています。だんだん痛くなってきました。かみさんが医者に行けとうるさく言います。走りすぎで疲労骨折の可能性が高いです。歩くのに支障がありますが、不思議と走ることはできるのです。
 しぶしぶと火曜日の午後に診療所に行きました。ツンツンとつついたり叩いたりして、レントゲン撮影。骨折だと、叩くと飛び上るほど痛いのだそうです。
 診断は「異常なし」。爪が圧迫されて、付け根に軽い炎症がある、という見立て。靴の中で小指が圧迫されないように、ひねりながら引っ張り上げるテーピングを指導されました。
 あ~ら不思議、痛くなくなりました。
 そこの患者の大半がスポーツ外来ですので、当方の障害も手際よく処置してくれました。結果は軽い障害でしたが、やはり受診して良かったです。
 ところで、この連休中は左上腕部が痛くて、力仕事が出来なくなりました。強力な湿布薬で、かろうじてしのいできました。こちらも一緒に受診する予定でしたが、診療所にいる間に痛みが引きました。こっちは放置。原因不明で気持ちが悪いですが、症状が無いので病状を伝えられません。
 歳をとるといろいろ出てきます。

| | コメント (2)

丘の改修(2013Jan)

 城ヶ崎の庭の2か所にブルーベリーを植えてある。いずれも丘の中腹なのだが、一箇所(4株)は比較的ゆとりのある平面が確保されている。他方の4株は平面が狭く作業がしにくい。それと、芝生面が急な坂で、芝刈りがとても難しい。そこで、2年ぶりに、斜面の工事を業者さんにお願いした。少々雑(予算がそれなりだしね)だが、気持ち良く作業してくれるので、当方、気に入っている。その様子は下図。
20130107_204401_2

 現場は左図の如く、鳥除けの網が被せてあり、左側は芝生。農作業エリアが狭く、芝刈りの足場が無い。そこで芝面を削り、しっかりした足場となる石組みを設置し、ブルーベリーエリアを広げるのが希望である。(イメージは右図)
 相談をして、提案されたのが中央の図(A案)。予算が膨らんだが、芝生の面積が減り、農作業エリアが広がり、新しい土も入るので、結構良い案に思えた。
 業者さんが帰った後で、カミさんとふたりでじっくり考えてみた。
 実は、この丘を作ったのがこの業者さんで、この丘の内部の構造を良くご存知。内部の大半が「岩」でできている。表面を僅かな土と芝生で覆っている。丘を削ると難工事になることが目に見えている。ということで丘を削らずに希望をかなえる案が提案されたと思う。
 カミさんが難色を示すのは、石垣の高さが、当初の胸の高さから、伸長の高さになること。下側は畑で、石垣が道路からよく見える。結構威圧感のある壁に変わってしまう。
 ということで、再度来てもらい右図(B案)でやって貰うことにした。
 前回(東斜面)はA案タイプでお願いして、畑の面積が2倍以上に広がり、急坂もなくなり結果はとても良かった。今回は南面で、道路から見える我が家の顔に当たる。カミさんの美意識に従いました。
 結果は今月末のお楽しみ。シイタケの榾木のおまけ付きです。

| | コメント (4)

レモンの収穫

11月の始めにレモンに袋がけをした。(約30個)。正月に全体が黄色くなったので4個収穫して3個を息子に持たせて、1個を持って帰って来た。
 昨日カキフライにかけてみた。去年別の貧弱なレモンの木に数個なったが、今回のは立派な木で、実質これが初収穫。ジュースもたっぷりで、味も良いです。大成功です。次回、リスとの競争になりますが、本格的に収穫しましょう。
 ムダに収穫するのももったいないから、木全体を網で覆いましょうかね。

| | コメント (0)

謹賀新年(2013)

 今年の年末年始はゆったりと城ケ崎に滞在、の、つもりでした。大体予定通りだったのですが、娘夫婦の孫2号が途中でインフルエンザを発病し、29日の晩に伊東の救急病院に担ぎ込まれ、30日に相模原に戻りました。孫1号は予防注射のおかげか健在で、伊豆急ウォークのバッチ獲得に向けて伊豆高原⇒伊豆大川を踏破してきました。いずれにしろ、彼らの滞在中は大変な喧噪でした。
 入れ替わりに、風邪をひいていた息子夫婦がほぼ回復して、30日に孫3号とともに来訪。2日まで滞在しました。こちらは静かでしたが、ハイハイが自由にできるようになり、別荘の1Fフロアを自由自在に一日中這い回っていました。人を見るとニコっとするので、ず~っと幸せでした。
P1010047
(元旦は切れ味の悪い日の出でした、今年は2日の日の出の写真で)
 1日は、かみさんと自転車で神祇神社へ初詣に。いや~すごい混雑でした。(昼近くではね~)
Nec_0116
  最後尾は鳥居を出て100m以上の長さです。幸い風が無く穏やかな天候でしたので何とか我慢できました。かみさんは孫たちへのお守りを買いました。私は、自分と、マラソンの練習仲間の婿さんの分をお守りを求めて戻りました。
  午後は、富戸の三島神社まで走って、初詣の梯子。こちらでは今年の大漁を祈願しました。2日には相模原に戻りました。

 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »