« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

今週の家庭菜園(2014/1/24)

かみさんが収穫に行って来た。正月に取り残した、紫ブロッコリー、ロマネスコ、レタス、チンゲンサイ、ダイコンがそこそこ収穫できた。娘と息子の家族へ分けたら、少ししか残りません。無農薬野菜を孫に食べさせるのが狙いです。
 紫ブロッコリーは茹でると赤い色素が溶け出して、緑のブロッコリーになります。無農薬ですから、電子レンジでOKです。アントシアンが残った紫ブロッコリーが楽しめます。

(以下2月1日追記)

Img_3444

紫ブロッコリーです

Img_3449

ロマネスコです。

| | コメント (2)

今週のマラソン(2014/1/26)

昨日、勝田全国マラソンを走ってきました。恥ずかしくて人に言えないタイムでした。後半はフラフラでやっとのことでゴールしました。
 軽い風邪ぎみだったことが、脚をひっぱった一因ではありますが、加齢のせいでしょうか?それを認めるのは辛いです。
 11月につくばマラソンで撃沈、ひどいショックでリベンジを目指して、猛特訓(やり過ぎじゃも?)して望んだレースでしたが、それよりひどい、大撃沈です。
 3月2日(静岡)と23日(板橋)で再度リベンジを図ります。

| | コメント (2)

腹八分目

こんなのを見つけました。

腹八分目には薬いらず、腹七分目には医者いらず

栄養量が少なくなると健康に関する遺伝子が活性化されるのだそうです。
昔の坊さんが長生きだったとか。

最近かみさんが作る料理の量が少なくなっています。
健康を考えてのことかな?



| | コメント (4)

今週の家庭菜園(2014/1/11)馬糞をゲット

 

新居は、最近畑地を宅地化した一角にある。元地主が馬糞を持っていけと声を掛けてくれた。近くに乗馬クラブがあり、そこから地主の畑に定期的に馬糞が供給されている。今朝、10袋ほど調達してきた。先日の雨で湿気を含んでいるので重い。新しい軽い物は醗酵が進んでいない。重いが醗酵が進んでいる部分を持ってきた。
  これで、オレンジ、ネーブル、イチジクなどに心置きなく施肥できる。

| | コメント (2)

私も現代人種

雑多な物を喰って来た人種は、免疫システムが忙しくて、アトピーとかにならないらしい。ということで、原始人としては油断をしていた。
 この年末年始に別荘で過ごしている間に、目が痒くなった。市販の目薬を流したりしても納まらない。我慢できなくなって、相模原に戻って4日の土曜日に市の救急センターに相談したら営業している目医者を教えてくれた。
 診断はアレルギーだとか。点眼薬を2種類処方された。効果があったので正解らしい。私もいよいよ現代人の仲間入りのようだ。
 城ヶ崎には邪悪な空気が漂っているのかも。

| | コメント (4)

謹賀新年(2014)

開けましておめでとうございます。

今年の元旦は暴風で開けました。網代のデーターでは最大28.7m/sで1日半吹き荒れました。
外に出たくないので窓越しのご来光です。
Img_3361
初日の出はしっかり出ているのですが、強風でしぶきでも飛んでいるのでしょうか?モヤがかかっています。

1日は強風の中、神祇大社へ孫1,2号とお参り。強風と朝で、空いていました。
輪くぐりして、甘酒を頂いて戻ってきました。
孫3号が踊り子号でやってくる予定が、東京を1時間遅れで出発し、5時間かけてやってきました。

2日は蓮着寺にお参り。ここでは、ボケ封じのお参りをして、足腰お守りを買いました。

3日は、綺麗な夜明けでした。
Img_3421


| | コメント (4)

今週の家庭菜園(2014正月)

31日はスロープを造成したミカン園の、芝生止めのブロックを設置しました。
Img_3402
【ここは半世紀前はミカン園でした、ミカンが戻ってきました】
ブロックの周りの隙間に小石を入れます。
Img_3359
孫1号はお手伝いが大好きです。今日は畑の周囲から小石を集めるのを手伝います。
ブロックの穴掘りを手伝って、重いブロックを埋め込みます。小さい手ですが、やる気満々で、どんどん穴を掘り、作業を進めていきます。
- - -  -
1日の早朝夜半から伊豆の東部は強風が吹き荒れました。27-28日と二日掛けてビニールトンネルを設置しました。
Img_3403
夜半2時ごろ暴風の音で目が覚めました、窓から覗くとトンネルの一部が破れていました。暴風を甘く見ていました。朝になるとすっかり壊れていました。
挙句の果てに、その一枚が電線に掛ってしまいました。東電に電話したら、すぐに来てくれて、取り外してくれました。

2日は風が弱まったので、ピザを焼きました。失敗を重ねてきたので、今回はうまく焼けました。
Img_3412

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »