« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

キジ

月曜日は出張。
 目的地の近くで、芝生畑をメスのキジと、小柄な、多分の子供でしょうか?2羽が走り抜けていくのを見ました。
 始めてです。地上を走っていて、動物などに襲われないでしょうか?

| | コメント (4)

インド・ビザ申請

北海道へ行く余裕が無いので、ちょっとインドへ行ってみることにした。
 格安のチケットを見つけた。インドはビザが必要。旅行業者に依頼すると手数料が4000円、二人で8000円、といいうことで、自分で申請することにした。
 中国、ミヤンマー等々で経験ある。アメリカはインターネットでいくつかクリックするだけ。甘く見ていました。
 申請書はタイプアウトした物だけを受理する。その記入はネット経由でインドビザのオフィスのコンピューターのソフトで行う。最後はプリントアウトして、それを持っていけば良い。
 内容は他の国より随分と多いが、それも定型の内容だから、情報が用意してあれば、書き込むのは10分もかからない。これで終わりのはず。一回目は先週カミさんがインド・ビザ発給所へ出向いて、あえなく突っ返された。2-3か所の書き換えで済む。パスポートに書かれている内容なので、受付の事務官が訂正して、受け付けても良さそうな物だが、持ち帰り。(いかなる手書きも不可)
 さて、再度挑戦。ここからが問題。前回入力した内容はインドのホストに残っていない。最初から入力し直し。大概1-2か所のタイプミスがある。下書きの間に何とか見つけて修正して、プリントアウト。ここでホストのファイルは消去される。
 出来上がった申請書を確認すると、小さなミスがみつかる。合計4回の最初からの入力し直し。カミさんの分も入れると8回の入力。しかもミスは許されません。
 昨夜の11時に終了。頭はぼ〜っとしてくるし、胃がキリキリといたくなりました。
 入力したファイルをホストにしばらく残しておいてくれれば、とても楽な作業なんですがね。

| | コメント (2)

今週の家庭菜園(2014/6/28)

カミさんは木曜日から畑作業に取りかかった。私は金曜日到着、雨の土曜日に目一杯働いた。
 今週のミッションは、ブルーベリーの防鳥網の取り付け。冬の大雪で2つのケージが崩壊した。連休中に一個復旧。材料が不足していて、2つ目が今回やっと完成した。幅1.8m、高さ1.8m、長さ7mのトンネルの形にアーチの支柱を10本立てて、網を張る。網は古い物を丁寧に回収してあった。これを張ったところ、穴だらけで、雨の中での繕った。
 作業は単純だが、高さを合わせたり、折れて、曲がった従前の支柱も有効利用しているので、やたら時間がかかる。ほぼ一日かけて完成。
 やっと、ブルーベリーのシーズンに間に合った。

 エダマメの第一弾収穫。採れたては何しろ美味しい。モロッコインゲン少々。レタス3株。キュウリ3本。ダイコン1本。今回はこれだけ。前回収穫して下部を残してあったレタスも再度大きくなって収穫できた。
 レタスの定植、トマトの剪定・誘引、インゲンの定植、ゴマの定植。

 芝刈り、ブーゲンビリアとモッコウバラの剪定には手が回りませんでした。空き家ではないのに薮の様相です。
 次回はトウモロコシとエダマメ第二弾の収穫の予定。お盆の時期のビールのつまみがありません。

| | コメント (2)

脱腸です

別荘の農作業から帰って、夜中に風呂に入っていると、右の鼠蹊部が何かおかしい。ゆで卵の半分位が膨らんでいる。
脱腸ですね。鼠蹊ヘイルニアとも呼ばれている。ネットで見ると、最悪かなり悪性な場合もある、と。カミさんが慌て出して、深夜に救急病院へ。担当は内科医で、診断は軽症で、月曜日に外科の先生に見て貰ってくれ、という結論。
 月曜日に出直すと、膨らみは引っ込んでいた。軽症なので、気になるようだったらまた来てくれとの結論でした。

 ネットで検索すると、親切な解説講座があり、放置して治る物ではないので、見つけたら即手術をしましょう、とのメッセージ。

 専門医院のご意見と、一般病院の判断は違うみたいですね。



| | コメント (2)

今週の家庭菜園(2014/6/14)

城ヶ崎へ野菜と果物の収穫に行ってきました。

インゲンが3kgほど。蔓無しですのでこれで終わりです。次の世代のインゲンを播種してきました。つる有のモロッコインゲンは収穫が続いています。
レタスを2個、大きくなりすぎたキュウリを1本、これはカミさんがカクテキにしました。
レタスの苗の植え付け。

ビワが過熟になっていました。激甘です。先週は酸味が強く、かつ弱めの甘みで、全体として深い味わいでした。ここまで甘くなると、何となく物足りない感じがします。
いや、贅沢な感想ですね。食べられる果実を3kgほど収穫。

網掛けをしましたが、けっこうヒヨドリ(たぶん)に攻撃されていました。網の上から突かれて腐りが入った物が多数ありました。(全体の半分位)。結局上手に食べられなかったわけで、嫌がらせみたいです。
突かれないような網掛けの工夫が必要です。

夕方まで芝刈りをして撤収しました。

| | コメント (0)

人間ドッグ

本日人間ドッグへ行ってきました。先週職場の集団検診があったのでダブっていますが。ここのところ調子がいまいちなので、2回やっても良いかな、という感じで。ドッグの胃カメラ以外はほぼ同じメニューなのですが。
 全般的に健康な範囲のようですが、肝臓の調子がイマイチ。日曜日にワインを飲んだせいかも。しばらくおとなしくして、再検査してみると良いですよと言われた。腎臓も値が悪いが、それは運動のし過ぎが原因らしい。
 歳をとると色々ガタが出るものですね。

| | コメント (4)

今週の家庭菜園(2014/5/31)

カミさんが木曜から出陣。私も遅れて合流。
 インゲンが膨大な量収穫できた。息子に発送、娘にもお土産です。タマネギ、ニンニク、ジャガイモを収穫。レタスとダイコンも少々収穫して、畑を解放した。
 そこを開墾して、ゴマ畑の準備。ブルーベリーの草取りをしていたら、昨年捨てたゴマのゴミから芽が出て苗になっていました。早速ゴマ畑へ移植。残りの部分に種子を蒔きました。
 勝手に出て来たサトイモを苗に昇格して畑へ。その株の間に落花生を植え付け。
 唐辛子の植え付け、カミさんの遊びのハブ茶の原料のヱビス草、ハトムギの植え付け。
 トマトの支柱の設置と誘因、で農作業は終了。
 今回設置した畑の4畝(5mほど)に各々2袋の馬糞を入れた。馬糞の効果は絶大。モロッコインゲンが巨大な株になっていました。トマトの生育も太くて旺盛です。化成肥料よりはずっと良いようです。
 一息ついて、ビワを、完熟前だが鳥に取られるよりはと収穫。残りには網を掛けた。昨年の1/4位しか実が着いていないので、粒が大きい。酸っぱいが味が濃く、私には美味しかった。
 ブドウに花が沢山咲いていました。カミさんが教科書を見ながら、房を切り捨てていきます。一枝当たり1房とか。うまく受粉してくれるでしょうか?
 キウイは危惧したごとく、雌花が受粉に失敗したらしく、実が見えません。サルナシは自家受粉でしょうか実が太り始めています。
 クリも雄花ばかり。雌花がさっぱり見えません。
 雑草撲滅の目的で芝刈り。大急ぎですので目立つところだけ。

 一息入れていると、見慣れぬ小鳥が二羽並んでいます。大きさはイソヒヨドリに似ています。ネットで見ると幼鳥かメスでしょうか。この辺りに棲んでいると思います。畑が我が家と隣の2か所ありますので種子とかミミズとかを狙っているようです。


| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »