« 今週の家庭菜園(2014/6/14) | トップページ | 今週の家庭菜園(2014/6/28) »

脱腸です

別荘の農作業から帰って、夜中に風呂に入っていると、右の鼠蹊部が何かおかしい。ゆで卵の半分位が膨らんでいる。
脱腸ですね。鼠蹊ヘイルニアとも呼ばれている。ネットで見ると、最悪かなり悪性な場合もある、と。カミさんが慌て出して、深夜に救急病院へ。担当は内科医で、診断は軽症で、月曜日に外科の先生に見て貰ってくれ、という結論。
 月曜日に出直すと、膨らみは引っ込んでいた。軽症なので、気になるようだったらまた来てくれとの結論でした。

 ネットで検索すると、親切な解説講座があり、放置して治る物ではないので、見つけたら即手術をしましょう、とのメッセージ。

 専門医院のご意見と、一般病院の判断は違うみたいですね。



|

« 今週の家庭菜園(2014/6/14) | トップページ | 今週の家庭菜園(2014/6/28) »

コメント

【深夜の救急病院は緊張感が張り詰めます】

病院でも担当医によって判断はいろいろです、納得いくまで直しましょう
小さい内に直せば良いのでしょう、健康人間の代表のようなお人ですから
安心していますが、くれぐれも油断されないようね!

投稿: しいたけ | 2014年6月17日 (火) 08時32分

月曜日の朝は覚悟を決めて、手術の日程を決めるために手帳を持参して出かけました。
 先延ばしの提案にはコロッと乗ってしまいました。
 これは、治る病気では無いので、早い手術の方が良いとはわかっているのですが。人の心はかくも弱いものです。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2014年6月17日 (火) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の家庭菜園(2014/6/14) | トップページ | 今週の家庭菜園(2014/6/28) »