« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

5歳の孫の発表会

半年程前から孫1号が、ピアノを習っている。
(3歳の孫2号も一緒に始めたが、こっちは、程なく逃亡。)
進歩は遅々としています。先生の忍耐力には恐れ入ります。

27日にそれの発表会があった。爺婆はイソイソと出かけます。
いまのところグループレッスンということで、15人程で打楽器と歌の二曲を発表しておしまい。
うまいとか下手とかは関係ないですね。
舞台で人前に出るだけでも経験になります。

終わって、お昼は、うな重ランチ。1人前をペロリで恐れ入りました。
(私はご飯を残しました)

| | コメント (0)

マラソンおじさん復活

鼠蹊ヘルニアの手術から2週間がたちました。
(小さな3か所の傷口は完全にふさがっています。)
標準の回復だと2週間目からゴルフ程度の運動がOKとなっています。
マラソンは良いのでしょうか?
一カ月ほど経てば力仕事もOKとか。

 診察の時の事前の説明では一週間程度で軽いジョッギングはOKとは言われていましたが、埋め込まれた大きな網がズレると怖い。
で、自重しておりました。
回復の記録です。
-------------
11日 手術。麻酔覚醒後、看護師の付き添いのもと50m歩行。
12日 午前フラフラ。採尿管&心電図モニター取り外し。200m歩行
13日 200m歩行。午後退院。疲れてグッタリ。
14日 買い物に2km散歩。動いた方が元気になる。
15日 出勤、〜18日 自転車で通勤
18日-19日城ヶ崎で軽い畑仕事
20日〜25日出勤 自転車で通勤
26日 8km ジョッギング
27日 5km ジョッギング
28日 11km ジョッギング
--------------
日頃時速12〜13kmで走っているところを、10km程度のスピードです。
軽い違和感以外には問題が無いようです。
走らないより100倍良いです。

網の挿入されているあたりに違和感があります。
長い人だと1年近く違和感があるとか。あって当たり前ということで、無視しています。

仕事中は座って腰を曲げているので、網が曲がっていると思うのですが良いのでしょうか?
マラソンで脚を20000回(10km)ほど動かします(片脚なら10000回)。
プラスチックの網&スプリングが何回持つのでしょうか?
(座っているよりも、変形は少ない感じ)

藤村達人


| | コメント (0)

今週の家庭菜園(7/19)-1坪農園

 相模原の自宅に辛うじて存在する花壇、にも野菜を植えています。レタス、トマト、キュウリ、ゴーヤ、ワケギネギとブルーベリー。ハツカダイコンはプランターに。明らかに多すぎます。
 キュウリは100円苗2本、285円苗1本の合計3本。安い苗の方が沢山生っています。毎日3本ほど収穫できます。カミさんの計算ですと、我が家の作物の中で最も稼ぎ頭だそうです。 馬糞の入れ過ぎで、前半顔色が悪かったのですが、ここへ来て元気が良くなりました。

 レタスは夜盗虫でしょうか、苗が軒並みやられて辛うじて一部が残っています。

| | コメント (2)

今週の家庭菜園(7/19)

本日(20日)は休日出勤で仕事をしています(昼までに終了)(3連休の中日に仕事ってひどいです)。  で、事前に休みを取って金・土と城ヶ崎でお百姓。

 今週の農作業は、トマトの整枝。全部で16株ですが、放置したのと、栄養過多で、過繁茂して、実よりも枝の方が多いです。心を鬼に出来ずに中途半端な整枝でお茶を濁しました。
 2株は甘い生食用のトマトで、4個取れました。美味しいです。
 3株がサラダなどの生食の調理用。1kgほど採れました。それなりに美味しいです。塩やオリーブオイルで一段と美味しくなります。
 3株が干しトマト用。3個収穫。生で食べてみましたが、甘く無く、ジューシーでもありません。が、食後に口に旨味が残っています。期待できます。
 残りの8株が調理用。これからです。見るからに不味そうな形の実です。整枝する品種では無いらしく、主茎よりも側枝の勢いが激しく、ホウキの如くです。乾燥地帯で支柱無しで栽培するものなんでしょうね。
 整枝と誘引に丸一日かかりました。

 ブルーベリーが1kgほど収穫できました。甘みはイマイチ。これからでしょうね。
 レタスを収穫。トウモロコシも僅かな残りを収穫。貧弱ですが採れたてはうまいです。

 オクラも収穫。10本ほど採れましたが大半は過熟で固いです。食べられたのは3本。

 株を仕立てておいたレタス、モロッコインゲン、バジルの定植。

 花壇用の小型のヒマワリは咲き終わって枯れ始めています。
 食用に植えたヒマワリが高さ3.5m程に成長して大きな花を咲かせています。
 稔ったら5kgほど収穫できるでしょうか?(獲らぬ狸ですね)・・鳥に食べられないように防鳥網が必要ですね。

 芝刈りをしている暇がありません。目に付く雑草を、お茶濁し程度に除草しました。
 宿根性のハーブが大量に繁って、南側の道路から見ると我が家が雑草に覆われているよに見えます。その大半を切り捨てました。どうせまた生えてきます。

 レモンに合計10個程の実が付いています。隣家の貧弱なレモンの木には、それの10倍位の実が付いています。そちらには時々プロが来て手を入れています。明らかに我が家の剪定の方法が間違っています。
 剪定していますと、陰から採り忘れたレモンを一個収穫できました。テニスボール程のジャンボになっていました。この季節まで放置できるのですね。

| | コメント (2)

入院中です。

昨日ヘルニアの手術が完了。無事終わったのですが、麻酔の後遺症でフラフラです。
 ひどい低血圧です。

| | コメント (2)

脱腸です(2)--手術が決まりました

先月中頃、夜中に脱腸を発見して大騒ぎした。
 担ぎ込まれた病院で、週明けに正規の外科医に見てもらうと、軽症なので様子見、とのんきな診断。
 しかし、ネットで見ると、治る病気ではないので、早く手術した方が良い、とのアドバイス。2〜3日すると段々大きくなって来て進行が速いらしい。再度ネット検索。手術経験豊富な医院が見つかった。電話したら一カ月後の診察の予約が取れた。しかも手術は更に一カ月先。

 ほどなく、さらに症状は悪化。しかも、モタモタしているとマラソンシーズンに影響する。
 そこで、近間で頼りになりそうな病院を探した。国立相模原病院でやってくれるらしい。で、早速診察。拍子抜けするくらい空いてました。しかも、キャンセルが入ったとのことで、早速、手術OKで、今週末から入院です。

 小規模な病院では、局所麻酔による小型の切開で、日帰り手術OKをうたっています。
 私が行くところは、内視鏡を利用するので全身麻酔。よって前後に入院が必要で、更に経過観察2日と全部で、4泊5日の大げさな入院となります。内視鏡なので切り口が小さく、傷が塞がるのも速いはず。後半の3日はやることもなくベッドに縛り付けです。暇つぶしの方策を考えねばなりません。

 3年前に腰の脂肪腫の摘出手術しました。その時は普通の診察室で、カーテンをして、普段着で、ちょっと麻酔して、取り出していました。縫い合わせてお帰りください、でした。それに近いような気がするが、大げさですね。

 右側の脱腸の手術ですが、ついでに左側も、とお願いしたが、予防的な処置は出来ませんとのことで、断られました。内視鏡ですので、ついでにチェックはしますとは言っていましたが。

| | コメント (2)

今週の家庭菜園(7/6)

日曜日は雨の合間をぬってカミさんが城ヶ崎へ収穫に行って来た。
 エダマメの第二弾が採れた。これで今シーズンは完了。試しに3週間前に植えた枝豆がお盆の頃に成ってくれたら嬉しいが。
 オクラも少々収穫。キュウリ無し。モロッコ・インゲンもナシ。レタス一個。
 トウモロコシが収穫できたが、ちょうど良い物の大半が食べられていた。4本収穫。残りに網掛け。(ちょっと油断するとダメですね)

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »