« マラソン用のGPSロガー | トップページ | 北品川-御殿山を散歩しました »

スポーツ用データーロガーGP101を使っています

スポーツ用データーロガーGP101をしばらく使ってみた。
最初の印象より、若干評価が上昇した。実用的に使えます。
但し、この機種のクセを知って、工夫する必要がある。

(1)衛星の読み込みの条件が良いと、位置情報はかなり正確だった。
6kmのジョッギングで、積算距離で1%ほどの誤差だった。
20kmのジョッギングでも安定していた。 (積算距離で0.3~0.5%と非常に良い)

 最初の使用で、位置情報取得が不調だった原因は、ポケットに 同居させた、LEDランプの電源回路の高周波雑音の のせいで、受信が不調だったようだ。
 周辺に電子機器を置かず、屋外に置くと、データー取得は 安定している。

(2)ソフトも「とりあえず」使いやすい。
 データーの読み込み、解析にはCanWay1.1.10が安定している。
(商品に添付されているソフトや秋月のHPに紹介されている CanWay1.1.12よりはデーターの読み込みや解析でエラーが出ない。)

だたし、解析したデーター(1kmごとのペース)がダウンロードできないので、 手書きでコピーするしかない。これは不便だ。

(3)CanWayでデーターを読み込み、csvファイルを書き出す。
そのデーターを計算するプログラムを作った。
(エクセルでも可能だが) CanWayでも1kmごとのラップタイムを計算してくれるのだが、 それを記録できない。
 このプログラムを使って、ラップを記録する。
一手間増えるが、これで、 ラップタイムを記録出来るようになった。

【問題点】
(4)GPSログは、GP101のSW-onから開始される。
 ランニングの出発点が、データーの中では特定されない。
 CanWayの中に、不要なデーターを削除するエディター 機能があるが、その結果は保存できない。
 GPSの生データーの位置情報を読めば、どこがスタートかは特定出来るのだが、手間がかかる。

 

スタート時に、GP101本体のデーター削除機能を起動して、 古いデーターを消すことで、スタートから新しいデーターが記録され 始める。
 これで一件落着だが、これも、一手間かかる。
 自作プログラムで解決するするか?ことにした。

(5)電子雑音が大きい。
GP101を使いながらAMラジオは聞きにくい。50cm離せばOK。
腰にGP101を置き、胸にスマホを置いてGPSを機能させた。
スマホのGPSの誤差が大きくなった。

(6)積算距離で1%ほど長く計算される。
普通、GPSデーターの誤差があり、GPSの点を繋いた距離が例えば1kmの場合に、直線距離では990mなどのようになる。データの質が悪いと、950mとかになる。
このマシンでは長めになった。
6kmでの誤差は、±0m、-15m、±0m、+15m、+20m、+20mだった。(【追記】20km走の解析でも6kmごとに、プラス15mで、とても良い)
データー取得は5秒ごとなので、その間に15mほど移動するので±15mほどの誤差は許容できる。プラスとマイナスが交互に出現するのなら、問題はない。今回の例の後半の誤差はちょっと大きい。

|

« マラソン用のGPSロガー | トップページ | 北品川-御殿山を散歩しました »

コメント

【マラソンを科学してますね】

自分の走りを科学しています、これでタイムが良くなれば言う事ないです
東京マラソンも走られたのですか

投稿: しいたけ | 2015年3月 1日 (日) 23時19分

しいたけさん。
 機械を買いましたが、特売品にはそれなりにクセがありまして、使いこなすまでに手間がかかりました。
 少しでもタイムを上げるためにするべきことはわかっているのですが、中々実行できません。
 2月上旬は風邪で走れませんでした。走力があっと言う間にガタ落ちです。
 東京マラソンは、特別会員になったのに2年連続で抽選もれ。今年も走りませんでした。

投稿: 城ヶ崎-見習い2号 | 2015年3月 1日 (日) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マラソン用のGPSロガー | トップページ | 北品川-御殿山を散歩しました »