« キュウリの栽培。うどん粉病との戦い-2 | トップページ | 今週の家庭菜園(2015/6/30) »

ジャガイモの毒

先日、ジャガイモを収穫した。

大きなイモは無かったが、中がそこそこ、小が沢山獲れた。
小さいイモは放置すると、毒性分が蓄積するので早く使ってしまおうと調理した。
皮を剥いてから茹でようと試みたが、剥くのが厄介だ。
そこで、一旦茹でてから剥くことにした。

薄皮が奇麗に剥けるので、気持ち良く剥いた。

1個、ショウガのように突起のある変形イモがあった。
これは剥きづらいが頑張って剥いた。
試しにちょっと齧ってみた。

!※!※ 😖とんでも無く苦い😖!

ジャガイモに含まれる毒は「ソラニン」と呼ばれ、かなり毒性が強いらしい。
カレーなどに調理すると苦みが目立たないし、子供はその感受性が弱いとか。
大変に危険な食品となる。

試しに他の小芋の薄皮を剥いた物の外側を試食してみた。
変形イモよりはだいぶ劣るが、苦みの薄まったエグ味がある。

(1)変形イモはソラニンの含量が「とても」高い。

(2)小芋は概してソラニン含量が高い。薄皮直下の部分に。

ということで、もったいないが、変形イモは廃棄、小芋は厚めに剥き直した。

だいぶ手間がかかったが、小芋も無事胃袋へ到達しました。
今のところ中毒症状はでていません。

|

« キュウリの栽培。うどん粉病との戦い-2 | トップページ | 今週の家庭菜園(2015/6/30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キュウリの栽培。うどん粉病との戦い-2 | トップページ | 今週の家庭菜園(2015/6/30) »