« 今月の芝刈り(2015/8) | トップページ | 今週の家庭菜園(2015/9/11) »

マラソン距離の計測

ほとんど工作とも言えませんが。

マラソンの練習に近くのゴルフ場の外周(≒6km)を回っている。
走る速度を正確に測りたい。(タイムはストップウォッチを使う)

スポーツ用の、GPS測定器、スマホ(旧)、スマホ(新)を使っているが、便利ではあるが、いずれも距離が正確に出ない。
 GPSを使った場合には、測定点ごとの誤差が積算されて、測定頻度を上げると多くの誤差が積算されて誤差が増える。測定頻度を下げると、カーブした場合の誤差が増える。
受信状態が悪いとなおさらだ。

いつも同じところを走るので、走路に1kmおきの目印を付ければ良い。
ネットの距離測定サイトの「キョリ測」を使うとそれなりの精度でキョリを出してくれる。
問題は地図上で場所が分かっても、それが現実にどこなのかが明確でない。
交差点や商店などの目印があれば良いのだが・・・。

ガラクタ箱を探すと、
Dsc_0038
こんな物(サイクルコンピューター)が出て来た。20年ぐらい触っていないが何故かちゃんと動いている。

センサーは? 見つからない。

いろいろ試してみると、裏面の端子を短絡すると、カウントが進むことが確認できた。
自転車の車輪に取り付けた磁石が近づくと、センサーの接点が接触してカウントされる。
リードスイッチと呼ばれる物だ。自作を模索したが1個100円程度。早速、町田の電子パーツ店へ出かけたら不幸にも火曜日で定休日。水曜日に出直すか?

 代替の方法を考えて、別のガラクタ箱をかき回しているとセンサーが出て来た。
  磁石は・・・
Dsc_0040
100円ショップで購入。とんでもなく強力な磁石が安価で入手できる時代になりました。
これをタイヤに両面接着テープで取り付け、センサーを働かせます。OK。

タイヤの半径を測ってデーターをサイクルコンピューターに入力。
早速、ゴルフ場の回りの距離を測定します。

かなり良く測ってくれます。「キョリ測」による測量よりは3m程短いですが、充分な合格点です。
スマホのGPSソフトの最良値の誤差(10m短い)よりかなり良いです。

サイクルコンピューターの表示の最小値は10m単位です。
しかし、例えば1.00kmの場合、カウントアップした時点の誤差なので、その時の誤差はタイヤの一回転(≒2m)以内です。

欲が出てきました。更に正確に出来ないものか?
(1)タイヤの一回転の周長を正確に出す。
 (周長≒220cmでの1cmの誤差は1kmで4.5mの誤差になる。)
 自宅の近くで5回転(≒10m)の距離を正確に測定した。
 216.0cmであった。(これはサイクルコンピューターに入力できる数値ではあるが)

(2)センサーの出力を直接カウント(すなわち2.16mごとに)して距離を割り出す。
 そんなカウンタがあるのですね。
Dsc_0017
100円ショップの万歩計です。
とてもチャチですが、しっかり数を数えてくれます。万歩計内部のセンサーである分銅を取り外して、その電極にコードをハンダ付けして、距離計のセンサ−に接続します。万歩計は自転車にガムテープで張り付け。

そして、1kmごとに示されるはずのカウント数を計算して紙に書いておきます。
例えば1kmなら 462.96 カウントです。
463回転したところのちょっと手前が1kmになります。実際に回ってみると、「キョリ測」との違いがほとんどありません。(直線で725mの所は、両者が一致しています)

上の写真は、ゴルフ場の回りを一周したところです。2863*6.16=6.162km
計算する手間がかかりますが、とても気持ちが良いです。

|

« 今月の芝刈り(2015/8) | トップページ | 今週の家庭菜園(2015/9/11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の芝刈り(2015/8) | トップページ | 今週の家庭菜園(2015/9/11) »