« 今週のマラソン(2015/10/25)大井川島田マラソン | トップページ | 大樹(だいき)町からプレゼント »

電球型LEDランプ

別荘の食卓上のペンダントライトが切れた。
電球型蛍光灯だ。カタログの寿命6000時間よりだいぶ短い。
Dsc_0349
切れたのは真ん中の電球型、電球色。
22Wで100W白熱電球相当の明るさというもの。
在庫に右の旧型の蛍光灯があったので差し替えた。
18Wでやはり100W相当(昼光色)とある。

この際、LEDに交換することにした。
相模原のホームセンターで探すと、100W型は置いていない。
60W相当なら各種置いてあった。
値段も1000円~2800円とばらついている。
東芝のが高いが消費電力が少ない。(810lm)
私は写真の左のを選んだ。
Yamazenという会社の物(そこで作っているとは思われないが)
100W分の明るさは無いが、他の60W相当の商品が「全方向」なのに対して、「下方中心」という癖のある商品。明るさも若干明るい。消費電力もやや高めだが、別荘で使うので使用時間が短いのでOKとした。

写真の左から
  Yamazen LDA9L-HCJ  850lm 9.3W 40000時間
  National  EFA22EL 1520lm 22W 6000時間
  OHM      EFSP18ED 1125lm  18W 6000時間
明るさの全光束(lmルーメン)が蛍光灯の約半分程度。

実際の現場はペンダント2個で食卓を照らすもの。
どうだろうか?12Wの蛍光ランプでは暗すぎたが。

付けてみると、全体の明るさは許容範囲。
光ムラのおかげで、直下であれば、本を読んだり、裁縫などには十二分に明るい。
以前よりはだいぶ明るくなったような感じがする。
値段も1000円弱でとてもお買い得でした。

----------------
自宅の食卓のペンダントライト(3個)も、こちらはミニクリプトン電球50Wだが1.5年ほど使って切れた。
これも、以前にLEDに交換した。
Dsc_0380
クリプトン電球は捨ててしまったので写真は無い。
口金が小さい(E17)で代替品の選択肢が少ないです。

最初に電気店(ビッグカメラ)で購入したのが、右の物

  東芝 LDA6N-H-E17/S/60W 760 lm 6.1W 昼白色 2400円。

前のクリプトン電球よりも明るい。
しかし、かみさんの評判は良くない。
キラキラした感じで目が落ち着かないと。

電気店よりは、むしろホームセンターの方が選択肢が多い。
左の物は最安値がドラッグストアー(クリエイト)だった。

  [LED電球 レフランプミニ形 E17口金 電球色 360lm]
  OHM LDR4L-H-E17 A9 360lm 4.0W  (40W相当) 980円

全光束は東芝と比べて半分だが、これも指向性があるせいか
食卓上は充分に明るい。3個なのでムラも感じない。

おまけに消費電力は元の1/10以下。

東芝球は、玄関のペンダントライトに利用しました。

元のクリプトン50W電球に比べて、だいぶ明るく感じます。


|

« 今週のマラソン(2015/10/25)大井川島田マラソン | トップページ | 大樹(だいき)町からプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のマラソン(2015/10/25)大井川島田マラソン | トップページ | 大樹(だいき)町からプレゼント »