« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

芝生の肥料

(2016/1/30にデータ追加)

芝生がいまいち元気がない。
植えて10年。その間普通のNPK肥料しかやっていない。

それに対して、畑には、それ以外に石灰(Ca)や苦土(Mg)などを与えている。それ以外に鶏糞、牛糞、馬糞、腐葉土も入れてある。微量要素は供給されていると思う。
芝生にはそれらが全く与えられていないし、我が家は傾斜地なので、雨が土壌を洗い流し、土壌の基材の砂しか残っていないような状態だ。

去年、肥料入りの除草剤のシバキープを散布した場所の芝の緑色が濃くなった。
多分、芝用の肥料成分が添加されているのだと思う。
ネットで調べると、芝には微量要素を散布するのが常識らしい。
しかし安くない。手頃な微量要素肥料の資材は見つからない。

カインズが近くにできたので鶏糞が安価に入手できて、畑にはたっぷり使ている。
その微量成分の量は?
検索しても引っかかってこない。 英語で検索したら出てきました。
さすがに農業国アメリカです。
Photo
(クリックで大きくなります)
下側の2行は日本の資料から入手できた物。

  当然と言えば当然ですが、バッチリと入っています。
値段も、「微量要素肥料」と銘打っている物よりかなり安いです。
心置きなく使えますね。
問題は粒子が大きくバッチいし臭い。
粉砕して、篩で篩えば大きさは何とかなるだろう。
匂いの方は、苦情を訴える人も・・・・こっちも何とかなりそう。
(市街地では使えないと思います)
暖かくなって芝が元気を取り戻したら捲いてみよう思います。

------------------------

我が国産のデーターがありました

Photo

(クリックで拡大します)

熊本県農業研究センターの資料より

| | コメント (1)

へんなジェット機が

夕方ジョッギングしていると、何種類かの飛行機が離陸、着陸していきます。
厚木基地からは離陸でしょう。北へ向かっているのは横田基地への着陸に向けてだと思います。相模原を通過するあたりでエンジン音が変ります。
今日はややエンジン音が小さい小型の戦闘機が横田へ向けて飛んでいきました。格好もずんぐりしています。
ニュースではF22ステルスが飛来と書かれていました。

| | コメント (0)

LED懐中電灯(点灯用IC YX8115の最適化)

以前書いたような気がするが・・・ランニング用のライトを考えている。

100均でこんな懐中電灯を購入。
Dsc_0477_2
単三電池1個だから、当然電圧を上げる回路が入っているはず。
電池:1.5V ⇒ LED 3.2〜3.5V
こういうまともな考えの製品は嬉しい。
早速購入して解体・チェック。

中身はLEDを除くと、ICが1個(YX8115)と、コイル(インダクタ)が1個。
信じられない程簡単だ。
PCオシロスコープというおもちゃもあるので中の動きは良くわかる。

実際に点灯してみると、電池3本の物よりは明るいが
それでも薄暗くて実用的ではない。

スマホのアプリに「照度計」というのがあるので測定してみた。
50cmの距離で、中心のスポット部分で800lux。
そこそこの明るさだが、外で足元や進行方向を照らしたりするには
力不足だ。

何とか少しでも明るくできないか?

ICのデータシートを見ると回路を変更すれば大電流が供給できるが、そうするとLEDの定格をオーバーしてしまう。

コイル(インダクタ)がいかにも貧弱だ
Dsc_0479

こいつを性能の良い物に交換したら多少は良くなる・・かな?
Dsc_0480

手持ちのガラクタ箱に右のコイルが転がっていた。
これをこのまま付け替えてみると25%明るくなった。

しばらくそれで満足していたが、もう一段の性能アップを試みた。
コイルをほどいて、巻き数を減らしていく。
波形のパターンは最初台形状だが、ノコギリ状になる。
発信器としての性能は低下している・・が、明るさを計るとむしろアップしている。
どんどん巻き数を減らしていくと17回のところに明るさの最適値があった。
波形には最大値4.2Vの鋭いピークが見られる。周波数は1MHz付近。

50cmの距離で1500lux。約2倍の明るさになった。
実際に暗闇を照らしてみると、充分に明るい。
1W LED(スポットが大きい)のランプと比較しても、スポットの中心部分は同じような感じの明るさだ。
マラソンや歩行時に行く先のスポットを照らすなら充分使える。(約2m先で直径約50cmのスポット)
Dsc_0497

最終的に組み上げたコイルがこれ。

銅線を3倍程の太さに変更。

コンデンサを電源側に追加してあるが効果は無い。出力側には付けられない。

----------------------------------
実は、やりたかったことは、これ。
Dsc_0478
上の100均LEDライトはランプの向きを変えられる。
ランニング時に掌に握って足元を照らすのにはこんな角度が欲しい。
但し、元のままではても暗くて実用的ではない。

で、下の物から部品を取り出して入れ替えようというもの。
ランプの後ろのスペースが少ないので、こっちには
Dsc_0499
こんなコイルを作ってみた。こっちは巻き数7回が最適であった。

このコアは、昔アナログテレビのアンテナのコンセントに入っていたものを利用。
電池ホルダーは2個用なので、1個電池の形をしたダミーを工作していれた。

ランプの角度を変えられたり、クリップが付いていたりと、けっこう便利な懐中電灯だ。

108円×2+コイル代 でした。

--------------------------
電源の消費電流は370mA。
ニッケル水素充電池(2400mA)なら6時間程度使える。

スポットが狭い(50cmの距離で、直径≒10cm)が、それは我慢しよう。
出力のパルスは鋭いノコギリ波。4.2V⇒2.5Vと大きく変化する。
約1MHzで、デューティ比が30%程度。(ノコギリ波なので更に低い)

当初これを何とか平滑化しようと考えていたが、それは間違えだった。
人間の目はこの暗黒を関知していないらしい。
4.2Vでキラリと一瞬の間に鋭く輝る明るさを関知しているらしい。
総エネルギーではない。
但し、コイルの巻数を減らしてピークを更に鋭くしても、照度計の値も低下し、見た目も暗くなるのでLEDにはそれなりのエネルギーが必要なのかもしれない。

ということでエネルギー的には大変お得な点灯をしている。

| | コメント (0)

マラソン・トレーニング用の心拍計(Oregon RA900)

マラソンのトレーニングではアエロビック(有酸素)運動がキーポイントだ。取込んだ酸素を有効に使い、もっぱら脂肪を燃やして、疲労感を感じさせない、適度な負荷だ。

一説には、負荷の強いトレーニングは(糖分を燃やす)無酸素運動を助長して有害だとすら言われている。

感覚的には、疲れを感じず、いつまでも走り続けられるような感じの強度。しかし、年を取ってくると、軽い負荷でも結構苦しく感じる時もある。前の日のトレーニング疲れが残ったり、日によって大きく異なる。軽々とスピードを上げられることもある。感覚は当てにならない。

脈拍が良い指標になるというので、脈拍計を使ってみたくなった。
これは2年ほど前に買ったもの(2)。別件でスポーツショップで見つけ、値段も安かったので、飛びついた。
Dsc_0495
時計の周囲の銀色の上と下側の部分が電極になっていて、そこに別々の指を当てると、脈拍に応じた電位を関知し脈拍数を数えてくれる。
 しかし、私の場合、ほとんど反応してくれない。指に水をつけると、たまに、それなりの計測をしてくれるが、再現性が悪く運動している最中には使えない。
 以前、孫とタッチパネルで争って負けたので、表皮の抵抗を比較したら100倍以上の差がある、ことを確認している。老人の皮膚は電気抵抗が大きく、不向きらしい。

----------------
これは、上記の物より前に買ったもの(1)。ネットで探して最も安い商品だった。2900円だったか? 
Dsc_0489
写真の右側のセンサー部分に指を当てると、赤外線で脈をカウントしてくれる。しかしこれもしっかり所定の位置に指を当てるのが難しい。運動中はなおさらだ。
以前にも発泡ポリエチレンでホルダーを工夫してみた。
再現性が悪くて、それで上の物を購入した。結局2個とも使えなかった。
 今回は、トレーニング方針に深く関係するので、再検討してみた。
もっと安定性・再現性の良いホルダーを木で作ってみた。強めに握ればちゃんと再現性良くカウントしてくれる。木を削って作るというのも中々良い。

 というので、早速走ってみた。ゆっくり--やや速く--速く--無理してとても速く と速度を3kmごとに変えて測定してみた。指にしっかりと固定されていてランニング中でもちゃんと測定できるし、老眼でも読み取れる。カウントはいずれも90ほど。
 計測している途中では、凄い心臓を持っているとほくそ笑んでいた。
しかし、ゴール直後に手動で脈を計ると120。結局この脈拍計は90を越える脈拍は計れないということがわかった。

 実は、自分で作ろうかと思ったこともあり、それ用の赤外線センサーも買ってある。が、今は組み立てる元気がない。

 木曜日に、意を決してスポーツ店に行ってみた。3万円〜が相場だが取りあえず下見の感じで。(2)と類似の電極式の物があったが、それ以外に見当たらない・・・・・。
こんなのもありますが、と店員が目立たないケースから持って来たのが
Dsc_0483
右側のネズミ色の物。Oregon RA900  & SZ999
 これに心電位を検出するセンサーSZ999をプラスすると合計4万円程度。躊躇しますね。
しかし、箱に貼ってある値段表はそれの1/6〜1/5程度の数字。要は叩き売りなのだが、即、飛びつきました。(ネットではそんな値段はどこに見つかりません)

一昨日半日かけて使い方を勉強して、昨日、実際に使ってみました。30kmを走って脈拍数が120〜130〜140〜180とそれなりの数字を示しています。
使える装置であることは確認できました。
天気が良くなったら、負荷を変えて測定してみましょう。

--------------
やっと使用に耐える装置が入手できたのですが、どうしてこれが「叩き売り」されていたかも納得できました。
(1)データーのダウンロードがiPhone (iPad)だけが可能。Androidは未(非)対応。
  手動で読み取れるのですが、とっても手間がかかります。
(2)大きい&重い。
  写真の左の黄緑のマラソン用の時計、これでも充分重い52g、よりも更に重い70g。私の細腕には邪魔です。・・すぐに慣れましたが。
  トレーニング用の装置だと割り切れば我慢ができますが。せめて50g程度ならね。
(3)マニュアルがとてもわかりにくい。
  箱に入っている説明書は簡易版。HPからダウンロードするのが標準らしいが、それを認識するのも手間がかかった。記載も解りやすいとは言えない。
  要は取っ付きにくい。今回は買ってしまったので努力して読解しました。
(4)ネットへの書き込みが極端に少ない。
  英語の書き込みも少なかったです。世界的にも使用者が少ないようです。
  心電位センサーSZ999 をAndroidで使う、という書き込みが、ポルトガル語で書かれていました。ちなみに、ポルトガル語⇒英語 をgoogle翻訳したものはとても解りやすかったです。
  やってみたい気もしますが、スマホを持ち歩くより、この時計の方が使い勝手は良いので、まだ試していません。

| | コメント (2)

本日のマラソン(2016/1/5)

今日は伊豆大川から稲取までマラニック(マラソン+ピクニック)で走ってきました。
城ケ崎海岸から大川まで電車に乗り大川駅で下車。

【1区】大川駅で入場証明券を入手。2時50分出発、旧道をつかって熱川駅を目指します。
約5kmですのであっという間に熱川に着きました。畑や人家が途中のあって寂しい感じがしません。山の中を走っている旧道から街に降りる途中でバナナワニ園を通過します。
熱川駅で、ウォークラリーの宣言をし、大川駅の入場証明書と入場料金を払いますと、硬券の大川駅の入場券と取り換えてくれます。そして景品のバッジを受け取りました。

【2区】さらに、熱川駅の入場券を購入します。駅を出て、海岸通りを20分ほど走って片瀬白田駅に到着。人家が途切れず、平坦で感じの良い道です。
バッジを受け取り、入場券を購入し稲取に向けて出発します。

【3区】片瀬白田駅から、山に向かって走り出し、旧135号に出て、南下します。ひたすら登ります最高点は標高300mでした。トンネルを越えるとゆるい下りでアニマルキングダムの入り口を過ぎると急な下り坂で、軽快な走りができません。
稲取は商店も多く大きな町でした。稲取駅にゴールしました。バッジをゲット。

4時に片瀬白田を出て5時に到着。日が暮れていました。調子が良ければ今井浜海岸駅まで行くつもりでしたが、凄い登りと下りで時間がかかってしまいました。

風も出てきてランニングシャツでは寒くなりました。本日はここで終了。本日の走行距離約16km、2時間かかりました。

稲取駅では城ケ崎海岸駅までの乗車券を購入して、電車で帰りました。

合計3個のバッジをゲットしました。
Tmp_15678dsc_0470549677984

孫1号・2号は自力でゲットしていますので、孫3号へプレゼントしましょう。

こうなったら、下田まで行きましょうか。

| | コメント (4)

今週の家庭菜園(2016/1/2)

今週の家庭菜園(2016/1/2)
年末年始はゆっくりと城ケ崎に滞在しています。(その間孫集団に襲われますが)。
秋に正月用に植えた野菜を収穫しています。
ダイコン:成長しすぎて大きすぎる。時間差で播いたものは成長中。
レタス:ちょうど食べごろ。沢山収穫しました。
キャベツ:コウカエンで苗を購入したもの。ちょうど良いです。
カリフラワー:成長が速くて半月前に収穫しました。
ブロッコリ:2個収穫。1~2週間後がちょうど良いです。
小松菜:(1)成長しすぎで葉っぱが硬い。(2)大きすぎるが美味しく食べられる。(3)適期でした。
ソラマメ:(1)旺盛に成長して花が咲き始めました。速すぎです。防風シートを周囲に張りました。(2)いい感じでこじんまりと成長しています。(3)慌てて種を買ってきて、室内で播種しました。5日目に発根確認。
はるみ(ミカン):食べごろですが酸っぱいです。灌水が少なかったせいらしいです。
ネーブルオレンジ:ちょっと早いが食べられます。
ブラッドオレンジ:色付いていますが酸っぱいです。
イチジク:葉っぱが落ちました。熟した実もおいしくないです。
シイタケ:(1)榾木が老朽化していますが少々収穫で来て正月料理用に使いました。(2)園芸業者さんから榾木を譲ってもらいました。細いですが25本。種菌のコマを600個植え込みました。孫に手伝ってもらいました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
芝の雑草が元気に成長しています。イネ科の物は手で引き抜いています。双子葉の雑草は大量で手に負えません。帰り際に除草剤を撒く予定です。
ベランダに防腐剤を塗りました。

| | コメント (0)

明けましておめでとうございます

1月1日
謹賀新年。
今年は静かな朝でした。凪い海水面に浮かぶ伊豆大島から太陽が顔を出しました。
Tmp_15969dsc04607205675895

お雑煮の後で神祇大社へ向かいました。昨年よりよっと遅かったので(9:30頃)鳥居をくぐる人の列が延び始めていました。
お雑煮の後で神祇大社へ向かいました。昨年よりよっと遅かったので(9:30頃)鳥居をくぐる人の列が延び始めていました。

| | コメント (0)

本日のマラソン(2015/12/30)

伊豆高原⇔伊豆大川を走ってきました。
経路は、以前しいたけさんが紹介されていた135号線の旧道を南下しました。曲がりくねって登り下りも多く、また、人家が少なく車の量が少なく、寂しい道でした。景色に関してはとても良かったです。伊豆の島々が良く見えて、また城ケ崎~赤沢の溶岩丘陵の形状もはっきり見えていました。総合して、ジョギングはおもしろくなかったです。

大川からの帰りは海岸沿いの新道を走りました。交通量は多かったですが、一応歩道が整備されていて、旧道よりは数倍走りやすかったです。こちらも紹介されていた、露天風呂や赤沢の温泉施設などを見ながら走りました。

出発前に伊豆高原駅で入場券を購入し、ウォークラリーの参加の申請をしました。伊豆大川駅に到着しますと、無人駅になっていました。ここは霊友会弥勒山への入り口の駅でシャトルバスが停まっていました。
 駅員が居ないのでバッジをもらえません。構内電話で伊豆高原駅に泣きつきますと、帰りに伊豆高原駅に寄ってくださいということで、ジョッギングで戻ってバッジをゲットしました。孫への土産です。(正規には熱川まで脚を延ばして熱川でバッジをゲットです。私には体力が・・・)。

城ケ崎海岸駅から出発しましたから、本日は往復で約20km走りました。ゆっくりだったので大して疲れませんでした。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »