« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

今週のマラソン(2017/5/14)富士裾野高原マラソン

富士裾野高原マラソン(ハーフ)を14日に走ってきました。

またもや時計を忘れて、ペースは体感が頼りです。

前半の登りは意外と楽に通過し、中間の周回も疲れを感じずに通過、感じはとても良かった。途中、先行者をどんどん抜かしていきます。
最後の下りの4kmは目一杯飛ばしました。
感覚としては4分30秒/kmぐらいのスピードか。タイムはどうか?

結果は1:58:52でした。

去年よりは軽く走れてた割には、昨年と全く同じタイムでした。
全体として、時計が無かったので、楽をして走ったみたいです。
最後のダッシュで辻褄を合わせています。

とりあえず、今年度最初のレースは昨年と同じということで、老化に抗することはできたようです。

-----------------------
====積算登坂率====
コース全体:381m
-------------------------------
(1)最初の800mはほぼ平坦。
(2)そこから10km折り返し付近の交差点まで
  登り積算:213m   /約4km
(3)周回1周目:平坦、登り、急な下りなどがあり
  登り積算:102m   /約6.5km
(4)周回2周目:同上
  登り積算:62m    /約5.5km
(5)競技場手前
  登り:4.4m
---------------------------
【下り】
(1)須山中学校手前: -40m/700m  ×2
(2)工業団地内:        -37m/700m  ×2
(3)17km~20km:      -172m/3km
=======================================
★攻略ポイント
登り:脚力を消耗しない走法と、
  遅いスピードを我慢する忍耐力

下り:スピードを殺さず走れるか

★平地のレースより5~10分は遅くなるのはしょうがない。
★例年風があるので、気温よりは涼しく感じる。
  日差しは強いので、帽子、半袖、UVカットクリームが必須。

| | コメント (0)

今週の家庭菜園(2017/5/13~15)

14日の富士裾野高原マラソンへの参加と、ソラマメの収穫のために滞在です。

13日は朝から雨。午前中の小雨のうちに合羽を着てビワに網を掛けました。
Dsc_0132
残った部分は実に個別に網を掛けます。
Dsc_0139
白く写っている網が、今年本格的に採用した、窓網を加工した網です。
昨年、これだけがリスの被害に遭いませんでした。
赤や黄色の網はいくつかが食い破られていました。全部で60個ほど網を付けました。
半分ぐらいは実は網をかけられませんでした。

ソラマメはちょうど食べごろ。
早生、中生、晩生と種類を選んで植えましたが、一斉に成熟してしまいました。
20kgほど収穫して、処分に困ります。
散歩で家の前を通りがかった方や、ご近所さんに配りました。
お返しにニューサマーオレンジを頂きました。我が家のに比べて大きくておいしいです。

タマネギは昨年はこの時期に収穫していますが、今年は肥大が悪いです。しばらく放置。
ジャガイモは枯れ始めたので収穫時期です。晴れたら収穫です。
レタスは成長し過ぎです。気候がちょうど良いようです。これも皆様にプレゼントしました。

我が家のシャクヤクが満開です。毎年見る人もいないのに頑張っています。
向かいの空き地にジャケツイバラが綺麗に咲いていました。花期が短いので、なかなか出会えません。
Dsc_0129_2

Dsc_0130

| | コメント (0)

今週の家庭菜園(2017/5/3)

ゴールデンウイーク中に城ケ崎滞在です。
前半は農作業。後半は孫たちが来て接待です。こっちも疲れました。

(1)芝刈り。芝の生育はいまいちですが、雑草の生育が旺盛です。芝刈り機の葉に伸長した雑草が絡んで手間がかかります。
半月前にたっぷり除草剤を撒きましたが、見た目の効果が薄いです。芝刈り後に見ますと、効果はあったようです
(2)タマネギ、極早生収穫
   中生、晩生の品種の球が小さいです。
(3)ソラマメ、収穫開始。
(4)レタス、収穫
(5)キャベツ、ブロッコリー、季節外れみたいだが収穫
(6)ジャガイモ、試験的に収穫。
(7)レタス、ブロッコリー、キャベツ、枝豆を定植。
(8)トマト用の網ハウス作成。
   これには2日間かかりました。昨年ウイルス病にやられたので、0.4mm網目の防虫網で感染を防ぐ予定です。
(9)ビワの摘果と袋掛け
(10)ブルーベリー、ブドウなどに水やり。
(土地がカラカラでした。また、モグラが動き回って、乾きやすい)








| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »