« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-1 | トップページ | DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-3 »

DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-2

-------------------------------------
【2018/8/17の記事を参照されたい】
「DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論)」
http://jyougasaki-2.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/dcdcht77307-6e8.html

-------------------------------------

★HT77XXの設計者が意図しない使用方法が記載されています。
(Friendship 7さんのブログに触発されて実験してみました。)

      http://eleclabyrinth.blog.fc2.com/blog-category-6.html
まず、前回の書き込みの回路を使って、テストを追加してみました。Power LED とRed LED を≒20mAで点灯してみました。

002b

【図2改 HT7733を使った定電流電源】
電源が1.5~2.5Vで機能しています。
Vfの小さなPower LEDとかRed LEDなど、電流検出用の抵抗による0.6Vとの合計が3.0Vより小さくても、HT7730を利用できます。
--------------------------
Friendship 7さんの書き込みにあった回路を試してみました。
うまく機能したので記録しておきます。
【基本技の改良-1】
005
【図5 Voutの嵩上げ分を制御する】

TrのCE間の電圧分だけ出力電圧を高くできます。
昨日試験した時には、10KΩの抵抗が無くても働いたのですが、本日なぜか起動しません。SW-on時にLEDに電流が流れていないと33Ωの両端に電位が生じないので、Trはonせず、HT7730はshut downしたままです。
Voutを起動電圧(0.6V)より高めるために入れました。
最初の起動のために入れました。
----------------------
★追記:                  mytoshiさんに指摘されました。(8/1)
裏技(Voutを1.0V以下の電圧で負帰還をかける)で制御、するなら、その電源として、電池の1.5Vから得たほうが良いのではと。 その通りですね。(この回路でも動きますが)

【裏技の改良-2】(★非推奨回路です。)
006_2
【図6:裏技改良2】
Voutを0.7~1.0Vに設定できるなら、Voutの電源をどこから得ても良い。図2、図2改とほとんど同じです。出力電圧の範囲を広く設定できます。
★いずれの回路も電源電圧を変えると出力電圧が変動して完全な定電流にはなっていません。
しかしLEDを30℃→80℃(ハンダごてを利用)と加熱しても電流値は数%しか増えません。
定電圧でこれをやると2倍近く電流が増加するので、これらの回路による定電流化は強力に機能しています。
1個のTrによる定電流化はこの辺りが限度のようです。
自作の回路ですので、電源電圧や、出力電圧、消費電流など使用条件が限定されているので、それに応じて抵抗値などを最適化できるので使えると思います。
-------------------------------------
【2018/8/17の記事を参照されたい】
「DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論)」
http://jyougasaki-2.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/dcdcht77307-6e8.html
-------------------------------------

|

« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-1 | トップページ | DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-1 | トップページ | DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-3 »