« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-5 | トップページ | DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論) »

DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-6

【2018/8/17の記事を参照されたい】
「DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論)」
http://jyougasaki-2.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/dcdcht77307-6e8.html
-------------------------------------
HT77XXは定電圧を供給するDC/DCコンバーターだが、熱暴走しやすいLEDを点灯するには定電流の機能を付与する必要がある。
Voutを低電圧側で制御するとその機能を発揮できる。
出力の高電圧側からだと正帰還をかけるのだが、それを簡単(1石で)に実現するにはbase接地(gate接地)増幅回路で行えばよい。Trだと固定のバイアス回路が必要だ。【図9】
で固定バイアス回路の必要が省けるJFET(PNP)の使用を試みた。
手持ちにないので、通販とか調べると、我が家の近くの町田のサトー電気の在庫の中にあったので早速買ってきた。
011_2
【図11:HT77をJFET(PNP)で制御してみた】
2SJ105Yを10個買ってきてIDssが最小の物を使った。
(小出力JFET(PNP)でIDssが小さい物なら他の物でも使えると思う)
一応これで動いています。
10Ωによる電圧降下は0.170Vで、設計の0.2Vにはならなかった。
これでLED1灯⇒2灯で電流が7%の増加に抑えられた。
かなり良い値だ。
電流検出抵抗を20Ω⇒33Ωと増やすと(それとともに820Ωも増やす)感度が上昇して、定電流の性能はかなりupする。
しかし希望の電流は今のところ得られていない。
【結論】:使えます
◎回路が簡便!
◎定電流性はそこそこ良い。
△HT77をフルパワーで働かせないモードなので、20mA以下でしか使えない。
-------------------------------------
【2018/8/17の記事を参照されたい】
「DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論)」
http://jyougasaki-2.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/dcdcht77307-6e8.html
-------------------------------------

|

« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-5 | トップページ | DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-5 | トップページ | DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論) »