« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論) | トップページ | DC/ DCコンバーターCX2601, YX8115, H004fを試してみた。 »

DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-8(追加)

Friendship 7さんのブログによると小電流でも高い変換効率が得られているとのこと。
http://eleclabyrinth.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
これは「DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-8」に書いた結果とだいぶ違う。
そこで、上記の回路の定数通りに回路を組んでみた。
その結果1.5V電源で1.78mA出力で、DC/DCコンバーターの変換効率は74%となった。
HT7730の動作をオシロを使って調べてみた。
Photo
(画面をクリックすると拡大します)
赤色がVoutの電圧。
青色がLX端子の電圧。
(LEDへ印加される電圧は若干のリップルがあるがそこそこ平滑化されている)
Voutの電圧を見ると、31KHzでHT77をon-offしている。
(HT77はVoutが1.0V以上であれば正常に働き、0.6V以下だと休止する)
この1サイクルの期間の28μsecのあたりで、HT77は約3μsecの綺麗なパルス(on)を一発出力する。(0V付近がon)
その後しばらくはVoutからの電圧が0VなのでHT77は休止状態になる。
結果としてduty 10%程度の正常な発振が行われていることになる。
これは、正規の制御をおこなった状態に似ていて、高い変換効率が達成されている。
周波数が低いのでインダクタンスを大きめに設定して効率を高めている。
出力の平滑コンデンサを小容量にして脈流化し、電流検出抵抗の電圧が上下してTrをon-offさせ、Trに結合したVoutの電圧が、HT77をon-offさせている。
その結果、0.8V前後の効率の悪いモードを利用していない。

遠回りしたがやっとながらやっとFriendship 7さんが考案した回路の動きを理解することができた。

|

« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論) | トップページ | DC/ DCコンバーターCX2601, YX8115, H004fを試してみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DC/DCコンバーターHT7730の裏技解析-7(結論) | トップページ | DC/ DCコンバーターCX2601, YX8115, H004fを試してみた。 »