« 階段ライト | トップページ | DAISOの150円LED電球の評価 »

階段ライト2

【10/25改定:不安定の原因はCdSの感度調節と設置だった。】
【2019/1/28:PIRを2個にした。】
階段ライトを作った。結局、失敗⇒簡略化した。(★実は失敗ではなかったらしい)
[階段ライト:http://jyougasaki-2.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-7a9b.html]
充電池は2本づつペアで充電するので、電源電圧が2.4Vでの運用が楽なので、
前回は、DC/DCコンバーターを2個使って、回路を組んでみた。
とりあえず動くのだが、動作が若干不安定だった。
原因を100%解明はしていないのだが、
人感センサー内部の回路の増幅率が高く(★脚注あり)、
多分コンバーターが発する高周波ノイズを拾っているのだろう。
これを抑え込むことは、今回は成功しなかった。
それで、前回書いた(A案)の、3.6Vで運用し、全て直流で回路を動かすことにした。
これならば電子ノイズは発生すないはず。
単3電池3本を楽に収納できるようにケースを大型とした。

2_2

ずいぶんと簡略化された。
LEDの電流制限抵抗は3.3Ωした。これで、ほぼLEDは安定して点灯している。
LEDへの電流値は、たぶん限界を超えているとは思うが、アルミ製の大型の反射板を放熱器としてあるので、少々の発熱には十分に耐えられると思う。
実は、これでも、暗条件で断続的な点滅を繰り返した。
LEDの光が明暗センサー(CdS)側に迷い込んで、人感センサー(PIR)をoffして、遅延した反応によって全体として発振状態を作り出しているようだ。
CdSの裏側を緑色(黒が無かった)のビニールテープで覆ってみたところ、この発振状態は消えた。
電源の平滑のつもりで100μFのコンデンサーも設置した。
(上記の発振状態は止まらなかった)
--------------------------------------------------
[★★10/25追記]CdSの感度調節用の抵抗を、当初1MΩとした。(<数Luxでon)
これだと暗闇で試験しているときは良かった。
しか、し実際にセットを窓際に設置したところ、動作が不安定になった。
------------------------
①CdSが屋外の光や、このセットのLEDの明かりに反応して、セットは一旦offする。
②直ぐに暗黒になるので、onする。
③この時、赤外線の動きが無くともセンサー回路の不安定さから一旦onする。
------------------------
どうやら、これが原因らしい。
①センサーの感度を330KΩに変更した。(<500Luxでon)
②センサーの背後に5×7cmの黒色の紙を貼り付けてLEDからの迷光を少なくした。

これで安定して動くようになった。
--------------------------------------------------
【結果】
今の所動いています。
【試しにやってみました】
★焦電センサー(PIR)を裸で動かしてみた。
RLに50KΩを結合し、オシロで電圧の変動を見てみた。
センサーの前で手をゆっくりと動かすと、それよりゆったりとした数mVの電圧変動が観察される。
これを増幅することは可能だが、(1)ノイズとの識別、(2)ゆっくりとした変動の検出、は、とても難しそうだ。
(2)だけでも大変で、それでセンサーセットの内部に安定化電源ををセットしていると考えられる。
今回は、SB00412A-1 の誤接続対策の入力に設置されているダイオードをスキップして電力を供給した。これだと、低ドロップの安定化電源ICのおかげで、3.6Vを供給して0.3V程度のマージンで、内部に3.3Vの電圧を供給できている。

|

« 階段ライト | トップページ | DAISOの150円LED電球の評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 階段ライト | トップページ | DAISOの150円LED電球の評価 »