« ゲルマニウム・ダイオードSD-46を試してみる。 | トップページ

ダイソーの単3新型電池(ピンク)の評価

ダイソーでピンクの単三電池を見つけた。(5本セット)

Img_20200124_130329
(購入したときは5本入。1本はテストに使った。)
大容量(25%増量)と書かれているので試しに購入。
Img_20200124_130201

電池容量の測定を試みた。

金メッキした電極を付けた放電用の電池ホルダーを作成した。
放電抵抗へは、太い電線を用いてハンダ付けして配線。
本来は電池の電極間の電圧を測定すべきだが、難しかったので、抵抗間の電圧を測定した。

(1)1.5Ω(約1A)で放電。

(2)豆電球(2.5V0.3A)で放電。(約230mA)
  電圧によって抵抗値が変化するので、予め電圧/電流特性を計測しておいた。
  (例:1V:4.57Ω、1.5V:5.77Ω)

抵抗の両端の電圧をデーターロガーで記録した。
Daisopink
図:豆電球放電の結果。

結果測定値をエクセルに取り込み、各測定時間内に放出された電力を計算して、積算した。
  (電力=電圧^2/抵抗)

私は、電池をLEDの点灯に使っており、DC/DCコンバーターで変換しているので、電力容量が気になる。

放電抵抗  1.5Ω 豆電球(単位はWhr) 
------------
Daiso Pink  1.15    2.07Whr
Fujitsu ★   1.27    2.96
Evolta ★    1.70    2.93
------------
(★)比較のために、ネットで見つけた放電特性のグラフから電池の容量を計算して掲載した。

優秀な乾電池を相手にしたら、新製品は平凡な結果、ということになる。
25%増量というのは、どれと比較したのだろうか?
ただし、5本で110円(1本22円)なので、コストパフォーマンスは悪くはないと思う。

■今回、ネットで見つけた「豆電球を使って放電させる」という手法はとても良いと思った。
電圧によって電流が変化するのだが、電圧が下がった条件で電流値の下がりを若干抑制する効果がある。ひと手間かかるがエクセルに計算させれば良い。
ちなみに今回の使った豆電球の電流値は:
I=0.08832*V + 0.1353
として計算した。(今回は手抜きで、直線で近似させた)

■半世紀以上前の子供のときに見た、真空管の顔をした定電圧用の部品と話は似ている。
それの中身はニクロム線で、ぼけ~と鈍く赤く点灯していた。
電圧によって大きく抵抗が変化し、回路の電圧の変化を抑制していたようだ。

★Daiso Pink 以外のデーターは下記のサイトのグラフを参考にさせていただいた。

http://tyk-systems.com/batterytest/batterytest.html
https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/fujilabo/556653.html

図から電圧を読み取りエクセルに取り込んで計算した。
(読み取りの誤差は当然含まれている)

|

« ゲルマニウム・ダイオードSD-46を試してみる。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲルマニウム・ダイオードSD-46を試してみる。 | トップページ