« ダイソーの単3新型電池(ピンク)の評価 | トップページ | マラソンライトの改良 »

東芝R631(Ultrabook)の電池交換

9年前の2011年に購入したR631を使っている。
段々と動きが鈍くなってきた。
それと、電池の寿命が尽きたらしく、コンセントが外れると5分程で突然ブラックアウトする。
高速を必要とするソフトを使っているわけでもないが、後者はデーターの保存の余裕も無く、これは耐えられない。

新機種を導入する余裕もないので、なんとかしたい。
電池を交換しよう。
この機種は電池内蔵型なので、開腹しなくてはいけない。ハードルが高い。
ネットで調べると、どうやら普通技でいけるらしい。
問題はネジ。T7のいじり止めのドライバーが必要。
近くのホームセンターを回ったが在庫なし。ネットで注文。

電池と、ついでに、少しでも軽快になればと8Gのメモリーも購入。

開腹は簡単にできました。

電池は苦もなく交換。問題は一回目の電池挿入では起動できず。
一回脱着して問題なく起動した。

それを確認後、メモリーも2G→8Gに交換。
PCは無事起動し内蔵10Gに増加した。

電池はフル充電すると3時間稼働し、満足する結果です。
また、残りが3%になってもPCが生きています。
(この電池の寿命は不明ですが)

PCの動きも心持ち速くなった感じもしないではない。

今回の開腹手術はひとまず成功。
あと10年はこのPCが使えるとすると、私の年齢は・・その頃はPCを使えなくなっているかも。

|

« ダイソーの単3新型電池(ピンク)の評価 | トップページ | マラソンライトの改良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイソーの単3新型電池(ピンク)の評価 | トップページ | マラソンライトの改良 »