ダイソン掃除機の修理(3)

ダイソンの掃除機(DC12)を使っている。

とっくに保障期間も過ぎ、おまけに補修部品の供給期間も過ぎている。
「吸わない&うるさい」機種だったが、修理したら結構使える。

以前、今回と同じ場所のローラーを修理した。
前回はフィルターを代替品と交換でして吸引性能を甦らせた。

その結果としてヘッドが床に張り付いて、ヘッドの動きが重くなっていまった。
とても作業性が悪い。

Dsc_1050
ヘッドの下面に付いている回転ぶ部分(ローラー)がすり減って下面が直に床を擦っている。
以前そのゴムの部分を交換した経験があったので、今回もそれを試みようとした。
しかし、ゴムは摩耗していない。
良く見ると、軸受けの方が大きくすり減っていた。結果としてローラー部分が沈んで飛び出していない。

Dsc_1054
軸はもっと上になくてはいけない。
Dsc_1051
軸受部分がガバガバ。

その部分はプラスチック製で、軸が回転すると簡単に磨り減ってしまう。
元来は軸は回転しない造りだったらしい。締め付けて止めておくだけなら摩耗しない。
ゴミが詰まったり、また、前回の私が補修した際の軸と回転部分の滑りが悪く、軸が回転してしまったらしい。

ノギスで測ると軸受部分の深さは4mm、軸の直径が2mm。2mm掘られていた。

厚さ2mmの鉄板を材料として、貼り付ける面と、それに、2mmの底上げのための出っ張りを付けた物を削り出した。
Dsc_1058
これを3Mの「超強力接着剤」(これがキモです)で軸受の外側から貼り付けた。
Dsc_1055 
加工部分は見えません。かろうじて見えている軸の下に、下面の外側から鉄の突起が挿入されています。

完成です。無事、ローラー部分が突出してきました。
ヘッドの動きも軽快です。
吸い込み能力も回復していますので、米粒を楽々と吸い込んでくれます。

軸受が何ヶ月持つか?
数年持ってくれたら、また修理しましょう。

| | コメント (0)

USB顕微鏡を使ってみた

1ヶ月ほど前に「ULTELE 50→1600X」と言う名のUSB顕微鏡をAmazon経由で購入した。
¥2590円。孫の夏休みの観察に使おうかと・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2019改良版】デジタル顕微鏡 USB式電子顕微鏡 マイクロスコープ カメラ 8枚LEDライト 最大倍率1600倍 高解像度 3-In-1コネクター
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Img_20190802_111619 

実物はこれ。(先端のカバーを取り外したり、若干の加工が入っている)
ピントが合わせづらいので、アクリル樹脂を使ったスタンドを1日かけて作成した。
Dsc_1006
真ん下方の丸いものが焦点合わせ用のネジ。
これを使って試してみた。

Snapshot000002
試し撮りはお札の細かい文字がお決まりらしい。1000円札の野口英世の文字の下にあったもの 。
そこそこ綺麗に撮れていはいる。
Snapshot000003
大きさの尺度として、ステンレスの物差しを利用した。0.5mmおきに目盛りが付いている。
それのPC画面の表示がこれ。
線と次の線の間隔が、画面上で85mmある。85/0.5=170倍 に拡大されている。
1600倍ではない。

嘘800と言いたいが、一辺3mの画面に表示すれば、計算上は1700倍にはなるけどね。
(ショップに問い合わせたが現時点で納得の行く回答はない)

本格的な顕微鏡でも1000倍程度が限度で、画像を引き伸ばしても、画質が荒れるだけ。
よっぽど高性能の対物レンズでないと美しい画像は得られない。
更には、光の当て方にも技術が必要で、ここにも費用がかかっている。

1/100以下の金額で出せる性能は?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
撮像素子の大きさは3mm角程度だろうと想像する。
PCの画面の横幅が30cmであれば、撮像素子⇒PC画面 で100倍の倍率が稼げる。

どうやら、この製品の対物レンズは1.7倍と安価な虫眼鏡程度のレンズらしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仮に対物レンズが10倍であれば、合計1000倍、となる。
このくらいは欲しいね~。

レーザーポインターの先端にはスポットを小さくするために単焦点のレンズが装着されているとの記載を見た。
早速、使っていない赤色レーザーポインターを分解してレンズを取り出してみた。
外径の直径7mm。焦点距離も7mm。
これでうまくやると20倍程度の拡大が得られる。

これなら、合計2000倍までいくかな?
次回は、これを試してみよう。

★もう一つこの商品の難点が。
3 in 1のコネクター。USBコネクターにType Bのコネクターが内蔵されていて、それをType Cに変換するアダプターが付属している。
最初の2つを使おうと、PC、スマホに挿入しようとすると、とても窮屈。本体を破壊しそうで怖い。

 

| | コメント (0)

Dyson掃除機DC12の修理

掃除機 DysonDC12の吸い込みが「とても悪い」。
ゴマ粒を吸えない。
ゴミを捨てても、「弱い吸引力がいつまでも続く」状態だ。
本体の掃除のついでにフィルターを開けてみたら、ホコリが一杯。
この機械はかみさんが買ったものなので、細部まで整備する意識が
無かった。
始めて仕組みを理解した。
(1)サイクロン:   大きめのゴミを集める
(2)プレ・モーター・フィルター: ホコリをトラップ
  (今回注目したもの)
(3)HEPAフィルター:  細菌の大きさのゴミをトラップ

ということで、(1)のサイクロンの部分を掃除しても詰まりは解消しない。
紙パック時代以前の掃除機にスポンジのフィルターがついているものが
あったが、(2)がそれで、微細ホコリ集める本体だ。
こんなことなら、紙パックの使い捨ての方がずっと使いやすい。

交換しようとネットで調べると、ケース部分込みで3000円程度。
しかし、取り扱い期限を過ぎていて、売っていない。
英語で検索しても無い。

ネット情報では自作の話が出ていた。真似をして作ってみた。

Dsc_1002 

フィルターはホコリまみれで、崩壊していた。
ケースを兼ねた黄色のフィルター部分(多分活性炭?)は洗濯した。

今回の材料はメラニン樹脂で食器などをきれいにするスポンジ。
一応、目が細かく通気性があるので、それなりには使えると思う。
ちぎったり、ナイフで簡単に細工できる。

Dsc_1003

 

形が合わないのでオルファカッタを使って整形。
Dsc_1004

若干大きめにして、はめ込んだ。

結果は「とりあえず」大成功。吸引力は何倍かにアップ。
ゴミをどんどん吸い込んでくれます。

フィルターのゴミをトラップする能力(微粒子のサイズ)が不明なので、今後どうなるかは見守るしか無い。

微粒子をトラップ出来なければ、HEPAフィルターが捕捉してくれるはず。
しかし、それの能力は限界がある。程なく目詰まりするはず。

この掃除機DC12は15年ほど前に購入したらしい。
補修部品は「無い」ということになっている。

英国のDysonのHPを見てもDC12の記載は極端に少ない。
どうやら日本向けの製品だったらしい。

一方、そのサイトには、DC12とそっくりな顔をしたDC11が記載されており、それの方は、細かい部品までリストに乗っている。
それのHEPAフィルターは12ポンドとか、驚くほど安い値段で売っている。
だめになったら、これを試すか、HEPA無しにするか。
後者の場合は、掃除するときに窓を開ければ良い。

■サイクロンとか言いながら、結局はフィルターを掃除しなくてはならない。
(6ヶ月に一回水洗しろと書かれている)
それだと、激安の紙パックを半月に一回とか交換する方がよっぽど手間がかからない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
別件で、
ちょっと前に、電源が入らなくなった。コンセント付近の不調らしい。
ということで、コンセントの首のところを切り取ってみると、案の定、
断線していた。市販のオスのコンセント使って修理したが、小さくて
本体の中に吸い込まれてしまった。
応急処置としてストッパー(オレンジ色)を取り付けた。(固定はしていない)
また、断線予防に首のところにシリコン・コーキング剤を詰め込んだ。

 

Dsc_1005 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

大地震が(2018/1/6)

城ケ崎で6日の朝5時ごろ、2回も地震による大きな揺れを感じた。
気象庁の発表は震度3。

以前茨城にいたので震度3は日常的に経験しているが、それよりは
強い感じ。

ここに来た最初のころ(10年ほど前?)震度5というのがあったが
(それは過大表示だったらしいが)、むしろ、それに近い感じだった。
特に今回の2回目のが強かった。

2回とも伊豆半島と大島の中間が震源地ということで、どうやら
直下が震源地だったらしい。
深さ10kmというから、マグマが活動しているのか?

| | コメント (0)

スズメバチトラップ2

6月の始めにスズメバチトラップを2個仕掛けた。いずれもファンタグレープが主体で酒を入れた。多少内容が違うが。
(1)スズメバチ16匹
(2)スズメバチ9匹 クワガタ3匹

良く捕れています。

液を交換して、再度セットしました。
今度はグレープカルピスを使いました。

| | コメント (0)

別荘の改修(2017)

昨年、建築して10年目でということで、建設業者さんの点検を受けた。

(1)白アリ防除剤の塗布は勧められて、実施。

(2)外壁も塗布を進められた。まだ痛んではいないようだが、
意を決して、地元の業者さんに頼んで、外壁を塗り替えた。

白が基調だが、若干サーモンピンクが入った感じになった。
丁寧に塗ったので長持ちする、と業者が自慢していた。
表面の凹凸も滑らかにしたのでホコリが付着しにくく、汚れにくい。

--------------------
(3)雨樋設置

我が家の屋根には雨樋を設置していない。

理由は、枯葉が樋に詰まる可能性が高く、設置する前に建築業者が見て回ったところ、設置しない家が約半数ということで我が家も付けないことにした。
玄関だけは不便なので付けた。

暮れに雨が降った後で、ベランダの一部に集中的に雨が屋根から落ちてくることを見つけた。
滝のような雨でも実害なしだったのだが.....

ベランダの、そこだけが、防腐剤入りの撥水剤の効きが悪く、黒いカビが生えていた。
集中した強い水流で薬剤が洗い流されてしまうのだろう。

原因は上を見れば容易に理解できた。
2階の屋根の雨が1階の屋根に落ちて、その部分だけが僅かな雨でも滝のような水量が落ちてくる。

ベランダの張替えよりも、安く上がるので雨樋の設置を依頼した。
業者さんの手がすいたときにやったらしく、頼んでから1か月ほどで完成。

ベランダの上の1階部分の屋根なので、枯葉が詰まっても掃除は簡単です。

| | コメント (0)

月がきれいでした(2017/2/12)

夜にダイコンを抜きに外へ出たら、綺麗な夜景が広がっていました。

日が暮れたすぐは、星が大きく輝いていました。それを押しやって月と、海面が輝いていました。
寒くてゆっくりとは堪能できませんでした。

Dsc_0032

残念ながら私のスマホの機能ではなかなか雰囲気を出せません。

| | コメント (0)

自転車用スポークテンションメーターの自作

自転車の修理は、パンクの修理しかやったことが無かった。
先週、自転車(シティーサイクル)がガタガタになったので意を決して修理というか部品の交換を行った。
大方の作業が終了したのだが。
その過程で前輪のスポークがユルユルであることを発見した。
スポークを締めるナット回しを作って(実は買った方が安かった)、簡単に張りを調節できることは確認した。

が、全部のスポークを適切な力でバランス良く締めるのは容易でない。

張りの強さはテンションメーターという装置で計るらしい。
原理は、スポークを押して、たわみで計るようだ。

ジャンクボックスを探ると、よさげな大きさの鉄板が出てきた。
アングル等々も見つかった。
スポークを支え、挟み込む点は5mmのネジを利用し、スポークに傷がつかないようにねじ山をヤスリで削った。
支点は3mmのネジを利用した。簡単にすり減るとは思うし、摩擦も心配だ、が、今のところ動きはスムーズだ。

肝心のバネは、昔々息子が遊んでいたラジコンカーのサスペンションを頂戴した。

表示部分は100均の15cm物差し。
一旦、組んでみて、実際にスポークに当てて、適当な大きさの変形力を与えるようにバネの張りの強さを調節した。

このバネは500gで約1cm変形する。テコの作用でスポークにはおよそ5~10kgの力が加わる計算になる。
この時のたわみは5mm程度。

Dsc_0009

実際使ってみて:
精度や感度は不明。
しかし、セットされているスポークの張りのバラツキは、メモリの読みでは2~3mmの差ではあるが、再現性良くチェックできた。
支点の粗雑さが心配だったが、結構スムーズに動いている。

このような原理の物が最安値で4000円程度で売られている。

今回は部品をすべてジャンク箱から調達して、出費はゼロ円だが、
部品を新規に購入すると1~2000円はかかりそう。

使えるようにバネの位置を調節したりしてずいぶん手間がかかった。
買った方が安いと思う。張力を換算する表もついてくるし。

--------------------

作った後で気が付いたが、100均の布団バサミのバネが強力で使えそうだ。
Dsc_0008
これを最初に気付けば、ずっと簡単に工作できたと思う。

-------------------------
ネットで調べると、ギターのように、スポークを弾いて音を出させてその音程で張力を測定するアプリがあるそうだ。
確かにね。弦の共振周波数は張力にも比例するし。
実演ビデオを見ると、音程のずれがかなり大きい。
力をかけて変形させるより、音の方が確実に誤差もなく認識することができる。
原理的にもこっちの方が優れているし、また、
子供の時にバイオリンをいじったことがあるので、調弦と同じで楽しそうだ。

しかし、ダウンロードはできたが、インストールはスマホに拒否された。
そこで、色々探してみたところ、FFT Sound Analyzer とギターの調弦のソフトが流用できそうな感じがした。
試しにコップを叩いてみると、両方とも主たる共振周波数を表示してくれる。
十分流用できる。

で、使ってみようとしたしたところ、うちの自転車のスポークはクロスさせながら張られている。
残念、弦を自由振動させることができない。

原理的に優れていても実際に使えなければ、流行らないのでしょうね。

| | コメント (0)

自転車の修理

3年ほど前だったか、約1万円で中古の自転車(シティサイクル)を購入した。
ボディがそこそ良い品だったので選んだのだが・・・
ハブダイナモ+タングステンランプが装着されていたので、
その時で3~4年前と、そう古いものでは無いと想像できた。

ところが、購入直後に判明(症状が顕在化)したのだが、
サドルが崩壊した。
前輪のベアリングがすり減ってガタついた。
ということから、前歴は、相当な体重の方が使っていたようだ。
また、買った店は北里大学の近くで駅から約5kmある。
毎日10kmを毎日フルに4年間使っていたようだ。

これまでに、サドルと、前輪のベアリングのボール
(近くの自転車店でゴミ箱から拾ってきた)を交換して、
そこそこの乗り心地で乗っていた。

先日、後輪のスポークが折れたので、購入した自転車屋へ
持っていったら、修理だと7000円ほどかかると言われた。
(実は既に3本折れていた)
後から理解したが、手間のかかる仕事だし、材料費は数十円としても
作業の手間を考えると妥当な額だ。

工作部材の専門店「モノタロウ」で調べると

スポーク(72本):1522円

これを購入して、破損したスポークを自分で交換すれば良い。のかな?

しかし、車輪全体が曲がらず回すために、スポークの長さや、張りの強さを正確にバランス良く取り付けられるか?が、大きな疑問。
自転車乗りは、道具を持っていて、簡単にそれができるらしいが、難しそう。

ホイール:2990円 を発見。

これなら、手間はかからない。
これに歯車(スプロケット)を取り外す工具約1000円
合計約4000円程度で車輪は新品になる。
こっちに決定・注文。
道具が届いてから、古い方のホイールから、スプロケットを取り外そうと試みたが錆付いていて取り外せない。
スポークを交換することすらも出来ない。

結局、追加でスプロケット(1041円)も購入して、簡単に作業が完了しました。
目出度く後輪が新品になりました。

モノタロウからの送料がタダなのに悪乗りして、錆錆のスタンド、買い物かご、ブレーキパッド、前輪用のベアリング等々を、ついでに注文して交換しました。
総額約1万円になってしまいました。

_1

結局、今回、赤い矢印の所が新しくなりました。

性能部品としてはペダルの軸の所のベアリングが古いまま残っています。
ここもガタが来ていますが、交換は難しそう。

似たような仕様の自転車が新品1.6万円で売っているのをカミさんが発見。
どっちが良かったのでしょうか?

リニューアルした自転車のメリット:性能は新車並みだが、あっちこちに錆が浮いていて、泥棒の触手が動きにくいところか?

学んだこと:自転車の部品は何でも売っていて、交換や修理が簡単にできる。

★前輪のスポークの張りが何となく頼りない、ユルユルだ。
張りの強さを測定するスポーク・テンションメーターというのがあるらしい。
試しに作ってみた。結果は次ページに記載。

| | コメント (0)

Dyson掃除機ヘッド修理

カミさんのお気に入りの掃除機だが、私は全く好きになれない。
年代物だし、買い替えたいところだが、故障する兆候も無い。
吸い込みが弱いし、音がうるさい。重くて取り回しにくい。

とりわけ、ヘッド部分の動きが悪く掃除がとても辛い(精神的にも)。
床面と、ヘッドの底面とがほとんど接触していて、ゴマ粒大のごみでも吸い込んでくれない。
床に傷がつくし。
ヘッドの回転ブラシに糸が絡まっていたりするので、ヘッドを掃除しているときに気が付いた。
ヘッドの底面に付いている車輪というかローラーというのか、長さ1cmほどの円筒形のプラスチックがすり減って、ローラーの役割を果たしていない。
Dsc_0816
これは、修理後の写真。
修理前は、これの4か所のローラーは白色のプラスチックでほとんど頭が出ていなかった。また変形して回転が悪かった。

ドライバーでこじると簡単に外れた。
プラスチックのパイプを短く切って、それにシリコンチューブを被せて、内径2mm、外形6mmの円筒を作って交換した。
Dsc_0817
ヘッドは軽快に動いています。
本体が重いのは直せないが、怒りは多少治まりました。

廃品利用で出費は0円です。
プラスチックの円筒だけなら買っても安いでしょうね。


| | コメント (2)

より以前の記事一覧