電球の明るさはワット?

しいたけさんが 「ルーメンて何だ?」って書いてきた。
ラーメンでないことは確かだが・・

電球の明るさは、電球しか無かった時代にはワットで大体の明るさを想像できた。
明るさが必要なところは100W、トイレなら40W、とか。

しかし、蛍光灯やLEDランプが登場すると比較できない。
「60W電球に相当」とかは書かれているけど。

ワット(W)は電気の消費エネルギー、で、明るさを直接表現するものではない。

----------------------------
メーカーさんはランプの性能をルーメンで表記することに決めた。
●ルーメン(lm)はランプから放出される光の量で 「(全)光束」 の単位。
------------
白熱灯
50W:640ルーメン程度
------------
直管型蛍光灯 (一例)
40W : 3000 lm
15W :  820 lm
10W :  460 lm
★電球より1/4〜1/6の省エネ
------------
LED
5-10W : 640 lm
(メーカーによってワット数の差が大きい)

★蛍光灯よりさらに1/2の省エネになる予定。

--------------------------
●ルクス(lux)は見た目の明るさ。
利用上はこの lux が意味がある数字。

JISの基準で事務所は750-1000ルクスとされています。
教室の卓上は500ルクスと家庭科で習った記憶があります。

---------------------------
ルーメンからルクスへの計算は、単位の定義上は可能です。
●ルーメン/全照射面積 = ルクス  (lm/m2=lux)

例題:
40Wの蛍光灯は全体で 3000 lm の光を放出します。
3畳間の壁・床・天井の面積を合計すると約30 m2(平方m)です。

裸のこのランプを、3畳間の真ん中にぶら下げて点灯しますと、
3000 lm/30 m2=100 lux
で、壁面の見た目の明るさは平均100ルクスであると「計算」できます。

3畳間の中央に食卓を置き、その卓上の明るさを測定した場合には、
実際は、壁面が白ければ反射光が加わり、また笠で反射させたり、ランプと卓の距離が近いなどの条件が加わります。
実測では1000 lux程度の明るさになります。
ちょっと明るすぎるくらいで、新聞を楽に読めます。

一方、壁面が暗色で、ランプの笠が無く、卓との距離が遠ければ 100 lux程度の明るさとなり、暗くて新聞を読むのも辛い状況になります。

設置状況により大きく変化します。

LEDは照射方向に癖があり、明るさの予測には更なる工夫が必要です。
--------------------------

今回私が購入した東芝製のLEDランプは、760 lm の光を放出します。
これを卓上の1 m2にうまく集光できれば、 760 lux となり、1灯でも、新聞を読んだり、カミさんの針仕事などには好適な明るさです。

一方で、食事には明るすぎるかもしれません。
また、点光源に近いために光の見た目のギラつきで目が疲れることもありそうです。
何より、現状ではデザインがマッチしていません。
集光もされていません。

このようなLEDに対応した、デザインが良くて、うまいこと集光してくれるようなペンダント型の器具があればベストでしょうね。

この製品の説明をHPで調べると、クリプトン電球に似せるために、横方向にも光を多く発散するように工夫されている、と書かれていました。
いらぬ工夫ですね。

| | コメント (5)

ペンダントライト

新居の食卓の上におしゃれなペンダントライトを吊るしてある。
問題が。
最初からわかっていたことだが、50Wミニクリプトン電球×3 で150Wの消費電力である。
我が家の大半の電球(電灯)は、省エネ生活ということでLEDにした。
ここだけは、見掛け重視である。
購入時には存在し無くとも、そのうち適合するLEDランプが発売されるだろうとの甘い予測もあった。

小型のE17の口金の電球型LEDランプ自体の品揃えが少ないが、若干高目だが、適合しそうな電球を見つけた。
Img_4184
最も電力消費量が少なく高性能で、最も小さかった。
「ミニクリプトンと同等の大きさ」と謳っている割には、二まわりほど長いが。

早速セットしてみた。
Img_4188

(1)色が合わない。これは、電球色が無かったので昼光色を購入したので致し方ない。
(2)何より、側方からでも直視するとひどくまぶしい。
(3)大きさはカバーに合わない。はみ出しはしないがバランスが悪い。

(2)はルーメン数で元の物と合わせたのだが、まぶしさは全く違い、致命的である。
クリプトン電球は輝いてはいるがまぶしく無い。

---------------------
数年前に購入したLED電球のケースがあったので、比較してみた。
Img_4186

(画面をクリックすると図が拡大されます)
右が新型で消費電力が6.1Wだから、左の旧型とほぼ同じで、ルーメン数が2倍以上。
旧型が電球色で若干分が悪いがそれにしても大きな違いだ。
当時の感覚では、電球型蛍光灯と同程度の消費電力で、寿命が長い、という感じだった。
もっとも、この電球は1年程で切れてしまったが。

----------------------
もうしばらく様子を見るか?

実は、クリプトン電球とそっくりな大きさの物を作ろうとLEDの素子を購入した。
届いた物の説明書を見ると、10Wで480ルーメンと、東芝のランプに比べてがっかりする程性能が悪い。2世代ぐらい前の部品のようだ。
お盆休みの暇つぶしの工作を狙っていたのだが、効率を見てやる気が失せた。



| | コメント (2)

引越その後

 引越が終わって10日余り。落ち着きが悪いです。まだ、他人の家にお邪魔している感じ。

 居間の面積が小さくなりました。家具の量が減っていないので、隙間の面積の減少が目立ちます。廊下を居間の面積に取りこんだり工夫をしましたが限度があります。

 別荘の時は、戻る家があったせいか、こんな感じはしなかったのですが。それと、建坪は同じなのですが、収納スペースが少なく居住空間に余裕があり、家の周囲にも余裕があるのが違います。

 いつまで経っても引越の後始末が終わりません。というか、端から無理なようです。私の「書斎」は完全に物置状態で左右の壁に一杯に積み上げたダンボール箱が手付かずの状態です。
 大量の本があるのですが、大工さんから、左側の本棚の部分には太い梁と前後に柱が入っているが、直下に柱が無いので、あまり重くしないように。右側の梁は左より細いので重量は掛けないようにと、言われています。(そういえば前の家は、本棚はトイレと納戸の上で柱がいっぱい有りました。)たかが本と言いましても、かなりの重量です。段ボール一杯20kg近くあります。これ積み上げると600kg近くに達します。長年月加重を掛けると梁がたわんできそうです。

| | コメント (2)

引越です

 先週25年住んだ家から新居に引っ越しました。移動距離は2km程。カミさんはこれまでの家が広すぎて住み難いと言ってダウンサイジングを決行しました。

 確かに庭が広くて草取りが尋常では有りませんでした。防草シートを広げていましたがそれでも大変。
 一方で、梅、ビワ、ブルーベリー、柿、ユズ、金柑、ブドウ、ラズベリーと果物が稔りましたのでメリットはあったのですが。

 家も掃除する面積が多くて大変でした。カミさんの父親と、子ども達の3世代が生活している間はゆったりとして良かったのですが、今は無駄に広いだけ。生活にはリビングと寝室と私の趣味の部屋しか使いません、それ以外の4部屋が物置になっていました。
 傍から見れば巨大なゴミタメですね。最初は取捨選択(断捨離)していましたが、後半は見境も無く段ボールへ。

 当然、引越荷物は膨大になりました。練馬の小さな家からこっちへ引っ越した時は量も少なく収納スペースも充分に有りましたので、話は簡単。今回は大⇒小で、荷物が納まりません。金曜日に引っ越して、取捨選択しながら収納していますが3連休は丸潰れでも全く先が見えません。ゴミも大量に出ます。

 引越費用を少しでも安く上げようと、各種の作業が私に回ってきます。カーテンレールの取り付け(2万円分)を進めていますが、中々進みません。レールを切るのがひと苦慮。壁に取りつけて、誤って余分な穴をあけて怒られます。また予定していたおしゃれな曲線レールが納まらないので、不満タラタラです。連休中は気温も高くて、とても疲れました。

 シーリングライトをLEDにして、通販で購入して、取り付け。4箇所はワンタッチで簡単。ワンタッチで取り付けられない物は、加工して取り付けられるはずでしたが、測量にミスがあって、蓋が閉まりません。
 食洗機の電気工事のミスがあり、電気屋さんが来訪、ついでに取り付けてもらいました。あっという間に終わったそうです。私の苦労は・・・。

 カミさんの分担はだいぶ片付いてきましたが、私の分担はほとんど手付かずで時間が過ぎていきます。

 月曜日に残してきたゴミを捨てに旧家に戻りました。その広さに愕然としました。

 新居はそれなりに良い所もあります。断熱性能が良いはずです。ソーラーパネルを取り付けましたので電気代が安くなるはずです。街の中心に近づきましたので買い物とかは楽になりました。掃除も楽になるはず。

 果樹の一部は事前に別荘に引っ越してありますので、数年すれば元に戻るでしょう。

| | コメント (2)

椅子のシートの張り替え(12/11)

以前takaさんのブログに椅子の張り替えの書き込みがあった。できるん〜だ。ということで、我が家の食卓の椅子のシートの張り替えを企画した。これ息子の歳と同じくらいなので30年物か。記憶にないが、革製で良い物らしいが、ヘタって、ハゲチョビレ。革だとやはり業者に出さないといけないし、¥がね。一方、合成皮革だと・・ね、と悩んだが、結局これに。
 張り替え業者のHPにシート材の端切れの広告が出ていた。4枚分で2000円ほど。色が微妙に気に入らないが、¥に従う。タッカーも通販で500円(針が軟弱だった)。送料込みでも材料費は3000円ちょっとで、予算よりもかなり安い。金曜日の夜までにこれらが届いていた。
 土曜日は朝から作業。椅子の座板を取り外して、裏の古い止め金(太いホチキス)を抜く。1座当たり100本ほど刺さっていて、これに結構時間(≒1時間)がかかる。革材を剥がし、合成皮革のシートを必要な大きさに切って、張る。最初、形を合わせながら4隅を紐で引っ張っぱり、タッカー(強力ホチキス)で固定し、次いでその中間の辺を引っ張りながら固定して行く。4辺をおよそ止めた所で、コーナーをプリーツを細く付けながら止めて行く。最後に全体に多めにタッカーを打ってお終い。これで約30分。
 出来上がってみると、立派な物です。コーナー部分に微妙に皺が見られますが、合成皮革ではこれを無くすのは難しい。(業者の作業でも結構見受けられるし)。これにて完成とした。2〜4脚目は作業が荒くなって来たが、所用時間は変わらず。4脚の完成までに3時頃までかかった。

112
 ゴミと工具を片付けて作業終了。立派な革が4枚残りましたが、使い道がないね。

111

小道具をいっぱい使いましたが、大半がタッカーを抜くために使いました。

| | コメント (3)

我が家のタイル

内装用ですが我が家のタイルをちょっと自慢させてもらいましょう。
3001











これはキッチン流しの前面に貼った物。チュニジアのタイル屋は巨大で品揃えが豊富です。そこで見つけました。自慢の割りには注目されないのですが・・
3002







こっちは、沢山の種類の青色タイルの中から選んだ物。10枚しか持てなかったので、日本製の白と混ぜました。システムキッチンの色もそれに合わせました。
3003











これらをリックに入れて背負って持ってきました。
その時はワインも一杯持っていたのでほとんど行商人です。ドイツでの乗り継ぎのときには、そのワインは自分で飲む目3004的か、と問い詰められました。(その時はまだ機内持ち込みOKだったのですが)











これはかみさんがどこぞで購入したもの。内装のタイルとサイズがあわず、額に貼ってトイレの飾りです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

モザイクタイルの表札

ゆずあんこさんのご依頼で、我が社作製の表札をお見せします。
D











枠は園芸品店で購入した盆栽用の植木鉢。タイルをボンドで仮止めした後で、目地用の白モルタルで填めて固定しました。それはかみさんの技。
写真のもの既存の水抜き穴を利用して、業者さんがブロック塀に貼り付けてくれました。私の出番は無し。

以前娘の家の表札を作ったときは、アルミの門扉へのネジ止めで、既存の水抜き穴とは位置があわず、コンクリートドリルで新たに穴をあけてネジで止めました。
素焼きですから、穴をあけることは可能です、が、神経を使いました。園芸店でもこのような盆は複数売っていないので、割ると盆さがしからやり直しになります。

最初に作った物は、教科書に従ってベニヤ板を背板にしましたが、数ヶ月で腐ってしまいました。そこで適当な物を物色しました。植木鉢の専門店で見つけました。写真のものは相模原のマルポサで見つけました。

我が家の表札は、横50cmほどの石の板の中央部分にモルタルで平面を作り、四角いアルファベット板を貼り付けて作りました。固定と仕上げは目地モルタルです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

除湿乾燥機

城ヶ崎の湿度は高い。湿度計などを見る習慣のないかみさんが盛んに湿度計を見ている。この週末はず~と75%だとか。
ここでは洗濯物がさっぱり乾かないので、かみさんが乾燥機を買いたいと申された。探しても最近は(高い物以外は)無いですね。そこで除湿乾燥機というのを買った。かみさんは、これ違うんじゃない?って言うが、カタログに洗濯物が乾かせる、と書いてあるし、何しろ安い(1.7万円)。
土曜日に品物が到着。早速性能を試してみました。3畳ほどの風呂の着替え室兼洗面室兼洗濯機置き場に、洗濯物を干して試運転。2時間ほどで乾きました。
今まで乾かなかった物が乾くのだから、良しとするのか、2時間は長いか?
ちなみに電力は200W弱。
いままでは、急いで乾かしたいときは、洋室のエアコン設定を37℃にして乾かしてました。これでも1時間程度で乾きます。でも建物には良くない感じがするので、使用頻度は低くかったですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大変なことに(6月23日)

城ヶ崎駅から我が家へ向かっていくと、見慣れぬ家が建っている。しばらく考えて・・我が家ではないか。
何で!・・・・・・・手前の森が切り開かれて、遠方からも見えるようになっていた。我が家の東側の区画の空き地が売りに出されていたが、造成に入ったようだ。我が家の畑に枯れ葉を供給し、また日照を邪魔していたクヌギの高木(高さ15~20m)が伐採され、すっかり見晴らしと、風通しが良くなっている。大島が居間やベランダから丸見え、すごいです。資産価値が1000万円くらいupした気分。そこに家が建つまでのことでしょうが。
うちの北側のご夫婦がみえて、あっちを買えば良かった・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)