東京タワーを見ました

10月15日駒沢でのマラソン練習の後に、友人と品川付近を散策した。
友人は70。ろくに運動をしていないので甘く見た。
一方こっちは、健脚のつもりだが、運動後で困憊していた。
ちょっと歩いて、駅に辿り着こうともくろんでいたが、敵はどんどん
歩く。今日予定している歩数に足りないと。

天王洲アイルの海岸~運河沿いを歩いていてgive up。
電車に乗ろうとしたが駅の方向が分からない。
徘徊老人をしていて、見つけました。

Dsc_0862
1~2回登った記憶がある。

回りのビルが高くなったせいでしょうか。
昔よりだいぶこじんまりとした感じに見えました。

| | コメント (0)

へんなジェット機が

夕方ジョッギングしていると、何種類かの飛行機が離陸、着陸していきます。
厚木基地からは離陸でしょう。北へ向かっているのは横田基地への着陸に向けてだと思います。相模原を通過するあたりでエンジン音が変ります。
今日はややエンジン音が小さい小型の戦闘機が横田へ向けて飛んでいきました。格好もずんぐりしています。
ニュースではF22ステルスが飛来と書かれていました。

| | コメント (0)

伊豆の紅葉

伊東線で南下中、車窓から点々と綺麗な紅葉が見られました。
我が家の近くにもいました
Dsc_0443
線路の横にも
Dsc_0445

Dsc_0447
これらはハゼかヤマハゼのようです。暖かい伊豆ではカエデよりは発色が良いです。
小ぶりで点々と紅葉では名所にはなりません。

我が家にも紅葉がありました。
Dsc_0442
ブルーベリーです。
今年は御礼肥をたっぷり入れましたので、葉色がとても良いです。

城ケ崎海岸駅では綺麗な黄葉を見つけました。
Dsc_0448
幹の感じはトウカエデでしょうか。

| | コメント (3)

早くも梅の花が

23日に買い物に出た途中で見つけました。
Dsc_0405
寂しい木ですが、しっかりと咲いていました。
超早咲きですね。

| | コメント (0)

北品川-御殿山を散歩しました

今日は風が寒かったです。
今週末からミヤンマーに出張が決まって、急遽ビザを取得に大崎と品川の間の御殿山にある大使館へ行ってきました。
15:30から受領の窓口が開くのですが1時間前に到着。外が寒いのに入れてくれません。しょうがないので周囲をぶらぶらしました。大使館周辺は高級住宅街で面白くありません。
北品川方面へ降りていくと
Nec_0316
サクラの蕾が膨らんでいました。彼岸桜でしょうか、木が若いので河津桜かもしれません。
Nec_0317
近くにこんな看板がありました(ピンボケですいません)。
Nec_0318
花が咲く前に葉桜になっていました。

12本の線路を跨ぐ跨線橋の上から、下を走る電車が見えます。
全面が、赤い文様で楔形の特急型の電車が下ってきました。珍しい電車です。東海道線で・・・。おや、見慣れたリゾート21ではありませんか。ここまで遠征してきていました。


| | コメント (2)

ツグミのようです

Dsc03595

うちの畑を楽しんでいたのはこの子でした。
大きさは、記憶よりも小さめで、ムクドリ程度でした。

| | コメント (4)

どんど焼き

12日に相模原の自宅の近所の子供公園で、どんど焼きをやっていた。

Nec_0307
旧年の神社のお札や、お守り、新年のしめ飾りなどを持っていきました。
挨拶のあと、点火され、(たぶん灯油が添加されている)火が盛大に燃え上がり、竹が爆竹のように威勢よく鳴り響きました。
参加者は大半が老人でした。
団子を枝にさして焼いている人もいました。
BBQの用意もされていました。

子供の時はどんどん焼きと呼んでいた。
河原の空き地に竹とワラで小屋を立てて、しめ飾りを町内から集めてきて、他の部落からの略奪に遭わないように眠ずの番をして、準備していました。
何故か、小学生以降の記憶がありません。早々にやらなくなったのでしょうか?

| | コメント (2)

ツバキの花が

ツバキは、寒くなってから咲く物だと思います。

Nec_0257
2株咲いています。何かの原因で葉がほとんど落ちています。実も沢山なっています。
身の危険を感じて、慌てて咲いたのでしょうね。

| | コメント (2)

カッコー(2014)

夕方にジョッギングをしていてカッコーの鳴き声を聞きました。残念ながら、これまでに何度か鳴き声は聴いたことがあるのですが、まだ姿を見たことがありません。

| | コメント (4)

西之島新島

西之島新島が噴火を続けていて、その写真が公開されている。今日の新聞に出ていた画像は真上からのだけだが、以前の斜め上からの写真(8日朝日新聞HP)では、表面の凹凸が良くわかった。
 中央の噴火丘は大室山そっくりの形をしている。溶岩流がまるで大蛇が寝そべっているような感じで、平面上に横たわっている。
 私は溶岩は谷間を狙って流れる物だと考えていた。降り積もった火山灰などで平面化し、その上を粘度の高い溶岩が帯状に流れる、周囲は冷えて固まるので、パイプ状になってその中だけを流れる。結果として地面の上に転がった大蛇みたいになるのだろう。
 イガイガ根そっくりなものも見える。

 ところで、溶岩の供給が止まり、先端が破れると、溶岩が流れ出して、空洞のパイプが残る。それが溶岩洞穴(風穴)か。
 大室山とそっくりなので、我が家の周辺のどこかに風穴があるかも知れない。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧